コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 最近の経済情勢に思うこと。 | トップページ | 無事に3月。 »

2015年2月22日 (日)

ココログとファビコンについて

ココログではサイトの目印のアイコンであるファビコンが無いと、誤動作により
いつの間にか@ニフティのファビコンが適用されていることがあります。
インターネットエクスプローラーではキャッシュを削除すれば良いのですが、
オペラではプロファイルのフォルダーにあるファビコン関係のデータを削除
するか正しいデータで上書きしないといけません。
ブラウザーとココログのどちらが悪いのかは分かりませんが、特にオペラで
この誤動作が多いように感じます。
ファビコンが設置されていれば、この誤動作はありません。

そこでココログ用にファビコンを作り設置します。
まずは、なるべく簡単なデザインの画像を作ります。
次に横縦が48×48ドット、32×32ドット、16×16ドットの3種類の
サイズの画像へと縮小しJPEG形式で保存します。
ファビコンを作れるサイトの「ファビコン作成。」でファビコンを作ります。
ファビコンは、「favicon.ico」というファイル名で保存します。
ココログの管理画面のコントロールパネルタブにあるファイルタブを開きます。
ブログスペースのルートディレクトリ(一番上の階層という意味)である
「現在のフォルダ: ホーム /」にファビコンをアップロードします。
これで設置は完了です。

普通は上記の通りに設置するだけで表示されるのですが、携帯電話など、
環境によってはファビコンが表示されないこともあります。
そこでファビコンを指定し表示するためのHTMLタグを追加します。
ココログの管理画面のブログタブの設定タブの基本情報タブを開きます。
「ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ):」に次のHTMLタグを
半角で追加します。
<link rel=”shortcut icon” href=”○○○” />
念の為にココログと同じXHTML形式のHTMLタグです。
○○○はファビコンのURLです。
追加する位置は、キャッチフレーズの文章の前後のどちらでも良いです。
こうすることで、多くの場合はファビコンが表示されない状況が改善されるかと
思います。

もしもXHTML形式ではなくHTML形式で書かれた自作のHTMLのファイルを
ココログにアップロードして利用する場合は、ヘッダー内に次のHTMLタグを
半角で記述します。
タイトルの下あたりによく記述されているようです。
<link rel=”shortcut icon” href=”○○○”>
HTML形式のHTMLタグなので最後の方にスラッシュは付きません。
○○○はファビコンのURLです。
(ヘッダー:<head>~</head>のこと。)
(タイトル:<title>~</title>のこと。)

ココログは契約内容によっては1つのIDで複数のブログを作ることができますが、
それは1つのブログスペース内に複数のブログを作るものです。
ファビコンは、通常はブログスペースのルートディレクトリに「favicon.ico」という
ファイル名で保存します。
ファビコンを指定し表示するためのHTMLタグを使えないブラウザーもあるので、
事実上、ブログスペース1つに設置できるファビコンは1つと考えて良いかと
思います。

« 最近の経済情勢に思うこと。 | トップページ | 無事に3月。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/61179482

この記事へのトラックバック一覧です: ココログとファビコンについて:

« 最近の経済情勢に思うこと。 | トップページ | 無事に3月。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ