2ちゃんねる関係

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の5件の記事

2015年2月22日 (日)

ココログとファビコンについて

ココログではサイトの目印のアイコンであるファビコンが無いと、誤動作により
いつの間にか@ニフティのファビコンが適用されていることがあります。
インターネットエクスプローラーではキャッシュを削除すれば良いのですが、
オペラではプロファイルのフォルダーにあるファビコン関係のデータを削除
するか正しいデータで上書きしないといけません。
ブラウザーとココログのどちらが悪いのかは分かりませんが、特にオペラで
この誤動作が多いように感じます。
ファビコンが設置されていれば、この誤動作はありません。

そこでココログ用にファビコンを作り設置します。
まずは、なるべく簡単なデザインの画像を作ります。
次に横縦が48×48ドット、32×32ドット、16×16ドットの3種類の
サイズの画像へと縮小しJPEG形式で保存します。
ファビコンを作れるサイトの「ファビコン作成。」でファビコンを作ります。
ファビコンは、「favicon.ico」というファイル名で保存します。
ココログの管理画面のコントロールパネルタブにあるファイルタブを開きます。
ブログスペースのルートディレクトリ(一番上の階層という意味)である
「現在のフォルダ: ホーム /」にファビコンをアップロードします。
これで設置は完了です。

普通は上記の通りに設置するだけで表示されるのですが、携帯電話など、
環境によってはファビコンが表示されないこともあります。
そこでファビコンを指定し表示するためのHTMLタグを追加します。
ココログの管理画面のブログタブの設定タブの基本情報タブを開きます。
「ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ):」に次のHTMLタグを
半角で追加します。
<link rel=”shortcut icon” href=”○○○” />
念の為にココログと同じXHTML形式のHTMLタグです。
○○○はファビコンのURLです。
追加する位置は、キャッチフレーズの文章の前後のどちらでも良いです。
こうすることで、多くの場合はファビコンが表示されない状況が改善されるかと
思います。

もしもXHTML形式ではなくHTML形式で書かれた自作のHTMLのファイルを
ココログにアップロードして利用する場合は、ヘッダー内に次のHTMLタグを
半角で記述します。
タイトルの下あたりによく記述されているようです。
<link rel=”shortcut icon” href=”○○○”>
HTML形式のHTMLタグなので最後の方にスラッシュは付きません。
○○○はファビコンのURLです。
(ヘッダー:<head>~</head>のこと。)
(タイトル:<title>~</title>のこと。)

ココログは契約内容によっては1つのIDで複数のブログを作ることができますが、
それは1つのブログスペース内に複数のブログを作るものです。
ファビコンは、通常はブログスペースのルートディレクトリに「favicon.ico」という
ファイル名で保存します。
ファビコンを指定し表示するためのHTMLタグを使えないブラウザーもあるので、
事実上、ブログスペース1つに設置できるファビコンは1つと考えて良いかと
思います。

2015年2月17日 (火)

最近の経済情勢に思うこと。

2014年11月に消費税の10%への増税が1年半延期になると正式に発表
されましたけど、その1年半の間にどれだけのことが政府にできるのだろう?
実際、欧州ではテロやら戦争やらあるしギリシャの経済は未だに悪いままです。
その日本への影響は小さくないでしょう。
現在、米国ドル/円は115~120円の範囲で行ったり来たりしている状況です。
企業は新規雇用に利益を回しているために、賃金を少しずつ上げてはいるものの
物価の上昇に追いついてないようです。

我が家も収入は増えてないけれど、安い店をいくつか見つけてますし、
以前よりもガソリンや灯油の値段が下がってるので、何とか普通に生活できてます。
投資の方も、ある程度景気が上向いてるため何とか利益が出てます。

賃金がより大きく上がるようになるとすれば、新規雇用が少なくなってから
でしょうから、まだ数年は賃金の上昇は少しずつかもしれませんね。
今はまだ賃金に関して我慢の時期かもしれませんが、まぁ、頑張って乗り切る
しかないでしょうかね。

2015年2月12日 (木)

ダイワ・グローバル債券とダイワスピリット(2015年2月)

ダイワ・グローバル債券とダイワスピリットで、分配金の同額継続可能期間を
計算してみました。

ダイワ・グローバル債券の分配金は25円。
2月5日時点で経費控除後配当等収益が年間282円で平均23.5円。
2月5日の分配対象額分配金支払い後100円。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月2円だったとして
50カ月間(4年と2カ月間)持ちます。

ダイワスピリットの分配金は50円。
2月10日時点で経費控除後配当等収益が年間481円で平均40.08円。
2月10日の分配対象額分配金支払い後825円。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月10円だったとして
82.5カ月間(6年と10.5カ月間)持ちます。

一部の国々は政策金利を上げたりしてますが、欧州やカナダや豪州などは
政策金利を下げてるようです。
現状が数年間続くようであれば、分配金が更に減る可能性があると思います。

安全性を考えれば上記の2つの投資信託は良い投資信託であると思うのですが、
今後も考えると補助として他の投資信託も組み合わせるべきなのでしょうね。
私も補助としていくつかの投資信託を組み合わせてます。

2015年2月 8日 (日)

今日の気になる記事

時事通信の記事
シリア渡航、旅券返納で阻止=50代写真家、自重要請従わず-外務省

》 外務省は7日、シリア渡航を計画する50代の日本人男性フリーカメラマンに、
》旅券法の規定に基づいてパスポート(旅券)を返納させた。
》シリアなどを根拠地とする過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害した
》とする映像を公開した事件を踏まえ、身柄の安全確保を理由に渡航を強制的
》に阻止した。
》同省としては初の措置で、憲法が保障する移動の自由との関係で論議を呼び
》そうだ。

》同国に入れば、イスラム国が警告している日本人へのテロの対象になりかね
》ないことから、外務省と警察庁は繰り返し自重を要請した。

》渡航の意思を変えなかったため、同省は返納命令に踏み切ったとしている。

朝日新聞の記事
シリア渡航を計画、カメラマンに旅券返納命令 外務省

》「今夜、外務省旅券課の職員が来て、パスポートを持って行かれた。
》(憲法が保障する)渡航と報道の自由はどうなるのか。

痛いニュースの記事
シリア渡航を旅券返納で阻止されたカメラマン「報道の自由を奪うな!」

痛いニュースの記事で多くの人達のコメントにも書かれているのだが、
報道は自由だが取材は自由ではないと思う。
移動(渡航)は自由ではあるが政府には国民の生命を守る責任(義務)があるし、
自由には責任が伴うので自分勝手は許されないと思う。
カメラマンの言う自由とは自分勝手な行動で他人に迷惑を掛ける行為なので、
パスポート(旅券)の強制返納は当然のことでしょうね。

2015年2月 7日 (土)

もう2月ですね。

梅の花はどうなってるのだろう?
ちょっと調べてみるかな?
しかし、まだまだ寒いですね。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ