コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 野田首相が解散を明言 | トップページ | バイオ燃料の新技術と東日本大震災の被災地 »

2012年11月22日 (木)

今後の円安と景気回復の可能性

総選挙の結果、自民党政権になった場合の金融緩和で円安と景気回復の
可能性だけど、日銀が金融緩和で日本の国債を買って市場に資金を供給し、
国債の価格上昇と市場の資金の流通量が増加して金利低下で円の価値が
下落して円安になる。
円安により輸出や観光などが有利になるので景気の回復が期待できる。
日銀が国債を買うことで、政府は公共事業その他に大量に資金を投じて
景気の回復を図る。
このような理解で良いのだろうか?
そして、そもそも日銀が国債を買うようなことがあるのだろうか?
どうなんでしょうね。

« 野田首相が解散を明言 | トップページ | バイオ燃料の新技術と東日本大震災の被災地 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674257

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の円安と景気回復の可能性:

« 野田首相が解散を明言 | トップページ | バイオ燃料の新技術と東日本大震災の被災地 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ