コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の9件の記事

2012年7月31日 (火)

今日のオシロイバナ

P1020349 P1020350
白に黄色い模様が入った絞り模様の花が咲きかけか咲いたあとのようです。
調べてみると、かなり珍しい絞り模様のようですね。
他にも珍しい絞り模様では、白に赤い模様が入った絞り模様の花が咲いてます。

2012年7月30日 (月)

今日の庭仕事(除草と柵作り)

花壇内のハナモモとオシロイバナの面倒をみやすいように、少々もったいないが
コスモスと雑草を取り除いた。

P1020341 P1020342 P1020343
コスモスは充分に数が残っているので大丈夫。
オシロイバナは株が密集しすぎなのか茎が細く倒れやすいので、余った支柱で
柵を作り支えるようにしました。

ちなみにオシロイバナの花の色、赤は1色だけでなく2色あるようです。
赤(少々濃淡に個体差あり)とピンク色です。
少々見えにくいですが、上の写真でも確認できます。

今日も暑く汗が多く出て大変でした。
熱中症で倒れないように注意が必要ですね。

2012年7月24日 (火)

イモカタバミの花が咲いた。

昨年に拾ってきて植えたイモカタバミの花が咲きました。

P1020340
可愛いピンク色の花で好きなんですよね。
ムラサキカタバミよりも繁殖力が弱いようですが、他に比べれば充分に
繁殖力が強いようですし、増えるといいなぁ。

ちなみに、ムラサキカタバミの花はもう咲き終わりました。
他に今咲いている花は、早咲きのコスモスとオクラと朝顔かな。

参考
私が書いたムラサキカタバミやイモカタバミの記事
今日の庭仕事
最近の写真
最近撮った写真など
最近の庭など

2012年7月20日 (金)

花が咲く草で気になるもの

道端に生えている花が咲く草で気になるものが2種類あります。
ナガミヒナゲシ昼咲き月見草です。

ナガミヒナゲシはポピーに似た花が咲く草です。
本来は欧州の植物で1年草です。
繁殖力が強く、種子を大量にばら蒔くので勝手に沢山生えてきます。
花のオレンジ色が好きではないタイプのオレンジ色なので庭の隅に生えて
きたりするとすぐに除草します。

昼咲き月見草はポピーに似た花が咲く草です。
本来は北米の植物で、オシロイバナと同様に多年草で地上部は枯れても
地中の根は生きて越冬する宿根草らしいです。
繁殖力が強く、種子や地中の根が広がって勝手に沢山生えてきます。
花のピンク色が好きなので、種子が売られているのを見つけて買ってきて
庭の隅に植えてみました。
来年になるかもしれないが、他の雑草に負けず上手く咲くと良いなと思います。

2012年7月18日 (水)

国の借金などの勉強になる記事

らばQの記事
「アナタは勘違いしている?国の借金のウソ」

日本は国債による膨大な借金があります。
その国債による国の借金などの考え方の1つで、簡単な説明です。
政府、金融機関、企業、国民の「全ての金融資産」と「全ての借金」で
考えてみましょうというものです。
勉強として読んでみても良いかも。

2012年7月13日 (金)

発送電分離へ少し前進か?

読売新聞の記事
発送電分離を明記、小売り全面自由化…経産委案

》 経済産業省の有識者会議「電力システム改革専門委員会」が13日に
》発表する取りまとめ案の概要がわかった。

》 電力会社の発電事業と送配電事業を分ける「発送電分離」や、電力小売りの
》全面自由化、電力卸市場の強化などを盛り込んだ。
》発送電分離では、電力会社間を結ぶ主要な送電網を広域的に運用し、柔軟な
》電力需給やトラブル監視などを行う全国機関を設置する。

日本経済新聞の記事
電力業界、発送電分離を容認へ 「地域独占に限界」

》 電力各社でつくる電気事業連合会は13日、発電事業と送配電事業を分ける
》「発送電分離」を容認する方針を固めた。
》経済産業省が同日開く「電力システム改革専門委員会」で表明する。
》電事連は「電力の安定供給を損ないかねない」と発送電分離に強く反対して
》いたが方針を転換する。

読売新聞や日本経済新聞の記事によると、政府の有識者会議や電力業界の
電気事業連合会で発送電分離を認める方向で動いてるらしい。
実際に実現すれば、電力業界へ新規参入が増え競争が促され、電気代も
安くなるだろうか?
安くなると良いなぁ。

2012年7月 5日 (木)

ハゼランが咲きました。

庭の隅に植えてあるハゼランが咲きました。

P1020317 P1020319
小さいけど可愛いピンク色の花が咲きました。
本来は南米の植物で、オシロイバナと同様に多年草で地上部は枯れても
地中の根は生きて越冬する宿根草らしいのですが、日本では越冬できず
1年草になるそうです。
繁殖力が強く、種子を大量にばら蒔くので勝手に沢山生えてきます。
葉っぱは野菜として食べることもできるらしいです。

2012年7月 3日 (火)

オシロイバナが咲いた。

庭の隅に植えてあるオシロイバナが咲きました。

P1020268 P1020265 P1020269
このような感じで咲いており、赤い花も見えにくい場所ですが咲いてます。
黄色い花は咲きかけか咲いたあとのようです。

P1020258 P1020267 P1020259
主に目立つのは、黄色に赤い模様が入った絞り模様の花かな。
この絞り模様の花が好きなので、咲いてくれて嬉しいです。

2012年7月5日追記
P1020330
気が付かなかったけど、白に赤い模様が入った絞り模様の花が咲きかけか
咲いたあとのようです。
今までに見た記憶のない絞り模様なので驚きです。

2012年7月10日追記
本来は南米の植物で、多年草で地上部は枯れても地中の根は生きて越冬する
宿根草らしいのですが、日本の暖地では越冬できますが寒地では越冬できず
1年草になるそうです。
繁殖力が強く、種子を大量にばら蒔くので勝手に沢山生えてきます。
ハゼランとは異なり食べることはできません。

最近の河口湖

河口湖ハーブフェスティバルが開催されてるということで、河口湖の八木崎公園へ
行ってきました。

P1020216 P1020217 P1020231 P1020233
平日の夕方でしたので人は少なかったです。
写真は無いですが、売店の方は結構賑やかでした。

P1020235 P1020239 P1020248
湖にはカワウと外来種のカナダガンが居ました。
このカナダガンは、在来種のシジュウカラガンとは近い種類だけど別種らしいです。
観賞用やペット用に飼われていたのが野生化したものと考えられているそうです。
生態系を守るため、カナダガンの繁殖を抑えるために生態調査しているようです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ