コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 投資信託法と今後の投資信託に対する考え方など。 | トップページ | 最近のデータのバックアップ先 »

2012年2月 7日 (火)

民主党と年金保険のこと。

6日夜のテレビのニュースで、民主党が、複数の年金保険を1つに統合して
年金保険料で収入の15%も支払いを求める案が報道されてました。
夫婦の場合は2分2乗とかいう方式で、2人の収入の合計した金額の半分を
1人あたりの収入として計算し、1人あたり15%を払うので、2人の収入の
合計した金額の15%を払うものとなる。
自営業は上記の年金保険料を満額払うことになりますし、サラリーマンも
年金保険料が増える可能性があるでしょう。
実現したら、自営業のようなものである我が家でも数割増しの年金保険料で
家計がもっと大変な事になり生活が更に苦しくなる可能性があります。
状況によっては、国民年金保険料や国民健康保険料の支払いを拒否して
自分で老後の生活費を貯めて、持病の医療費も全額自費で払った方が
生活が楽な可能性もあります。
私と同様な意見の人は多いでしょう。
そのため、年金保険の維持は更に苦しくなる可能性があるでしょう。

年金保険料で所得(収入から経費を引いたもの)の15%を払うのであれば、
払う金額は現状維持もしくは減額される可能性もあるので、そうであることを
願います。

それよりも年金保険料は上げず、年金の財源として消費税を増税した方が
良いと思います。
所得税のように所得が多い人ほど年金保険料の料率が高くなるように
累進性の年金保険料に改めた上で消費税と組み合わせても良いでしょう。
理由は消費税であれば買うものを工夫することでお金の節約が可能ですし、
累進性の年金保険料であれば所得が少ない人は支払いが少なくて済むので、
その分生活が楽になるからです。
もっとも、消費税の増税や年金保険の改革の前にやることは多いだろうと
思いますがね。
こんな庶民を苦しめる政府は嫌なので、次の総選挙では民主党には
投票しません。

2012年2月7日早朝追記
この記事を書いたあと、上記と同じような内容で政府や政党にメールを
出しました。
皆さんも何かしら思うものがあれば政府や政党にメールを出してみては
いかがでしょうか?

メールの送付先は、政府意見まとめ記事の下部に記載してあります。

« 投資信託法と今後の投資信託に対する考え方など。 | トップページ | 最近のデータのバックアップ先 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674332

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党と年金保険のこと。:

« 投資信託法と今後の投資信託に対する考え方など。 | トップページ | 最近のデータのバックアップ先 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ