2ちゃんねる関係

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の11件の記事

2012年1月29日 (日)

投資信託法と今後の投資信託に対する考え方など。

先の投資信託を乗り換えの記事に書いたように、1月27日の夕方に、
投資信託法の分配金関係が改正されるかもしれないという報道がありました。
投資信託法の分配金関係が改正されれば、毎月分配型などの投資信託では
経費控除後配当等収益の範囲内の分配金になってしまう可能性が高いため、
多くの投資信託で分配金が減額されるでしょうし、なかでも、社債やリートに
投資する投資信託は分配金が減額されるケースが多いことでしょう。
通貨選択型などの複雑な仕組みの投資信託も問題視されているようで、
分配金が減る可能性がありますし、そのような複雑な仕組みの投資信託は
無くなってしまう可能性があります。
そのため、レポート類ではダイワ・グローバル債券やダイワスピリットのように
経費控除後配当等収益などの分配金の内訳を簡単で分かりやすく書いてある
透明性が高いものが好まれると思います。

社債やリートに投資する投資信託や複雑な仕組みの投資信託は、今後は
避けた方が無難に思います。
レポート類で経費控除後配当等収益などの分配金の内訳を書いてある
投資信託は、運用状況を知る上で良いので、そのような投資信託を選ぶのが
好ましいと思います。

もしも投資信託法の分配金関係が改正されなくても、毎月などの分配金が目的の
投資信託では経費控除後配当等収益を重視した方がより安全で良いのでしょうね。
今後は投資信託法の分配金関係が改正というリスクも考えた方が良いのかな?

2012年2月21日追記
毎月分配型などの投資信託の分配金の原資の国際比較
日本 配当など○ 値上がり益○ 投資家の元本○
米国 配当など○ 値上がり益○ 投資家の元本×
英仏 配当など○ 値上がり益× 投資家の元本×

投資信託の運用商品からの経費控除後配当等収益が上記の配当などで、
投資信託の運用商品の経費控除後・繰越欠損補填後売買益が上記の
値上がり益にあたるものと思われます。
ダイワ・グローバル債券やダイワスピリットでは、レポート類によりますと、
経費控除後・繰越欠損補填後売買益には評価益も含まれてます。

2012年12月27日追記
投資信託法の分配金関係が改正の件ですが、日経マネーなどの報道によりますと、
金融審議会の作業部会による最終報告では、投資信託の分配金に関して直接の
規制はしない方向になったようです。
理由は法律で規制しても抜け道があるためらしいです。
その代わり、投資信託のトータルでの損益などを通知する制度が導入されそうと
いうことです。

2012年1月27日 (金)

ダイワスピリットへ乗り換え

今日の夕方に、投資信託法の分配金関係が改正されるかもしれないという
報道がありました。

報道のグーグルでの検索結果

もしもそうなった場合、毎月分配型などの投資信託では経費控除後配当等収益の
範囲内の分配金になってしまう可能性が高いため、メインの投資先である投資信託
をダイワ・グローバル債券からダイワスピリットへ乗り換えることにしました。
大雑把に計算したところ、3000万口は買えそうです。
また、分配金の内訳で経費控除後配当等収益が少ないことから現在投資して
いる他の投資信託も売却して、戻ってきた資金は何かあった時の非常用資金
として積立定期預金に入れておくか、それともダイワスピリットか
他の経費控除後配当等収益が多い投資信託に投資しようかと考えています。
もしも投資信託法の分配金関係が改正されなくても、まぁ 乗り換えに良い機会
だったと考えれば良いのかもね。

参考
私が書いた記事
ダイワ・グローバル債券とダイワスピリット(2011年1月)
ダイワ・グローバル債券とダイワスピリット(2012年1月)

2012年1月31日夜追記
大和証券の支店の担当者を通じてならば、投資信託の売却と同時に、戻ってくる
予定の資金で別の投資信託の購入が出来ます。
今回はこの方法を使いました。
戻ってくる予定の資金の金額が確定していないため、少々少なめの資金で
ダイワスピリットの購入を申し込んで、無事に目標とした口数以上を買えました。

2012年2月1日夜追記
我が家の収入では、家業以外に投資信託の分配金を生活費に組み入れてます。
分配金の減額対策で色々と節約してきましたので、今後も節約を続ければ
普通に生活できて、余裕資金も年間で月収1回分程度は作れます。

上記参考のダイワ・グローバル債券とダイワスピリットの記事に詳しく書いて
ありますが、今回、乗り換えと同時に分配金が30円でも普通に生活できる
ように家計を計画しました。
分配金が30円ですと余裕資金を貯めるのは厳しいです。
少しずつ世界経済が回復して行くことを願います。

2012年2月3日朝追記
ダイワ・グローバル債券の売却で戻ってきた資金ですが、少々少なめの資金で
ダイワスピリットの購入を申し込んだため残金があります。
その残金の金額は確定しており、大和証券の支店の担当者を通じて残金全てを
使いダイワスピリットの追加購入を申し込んで無事に買えました。
これで今回の乗り換えは完了しました。

他の投資信託も売却して今朝戻ってきた資金は、何かあった時の非常用資金
として積立定期預金に入れておくことにしました。
そして先ほど、積立定期預金への入金を完了しました。

2012年6月23日追記
少々混乱気味なので乗り換えの流れの説明です。
1月27日金曜日 夕方に大和証券へ乗り換えを連絡し翌営業日扱いで手続き。
1月30日月曜日 前営業日の手続きで少なめの金額で乗り換えを受け付け。
1月31日火曜日 夜に発表の基準価額で最初の分を約定。
2月1日水曜日 残金全額でダイワスピリットの追加購入を申し込む。
2月2日木曜日 夜に発表の基準価額で残金の分を約定。

2012年1月26日 (木)

台所の水道の蛇口を交換しました。

浴室用の温度設定が出来る(サーモスタット付き)蛇口を台所に付けて
いたのですが、もう何年も経っていてサーモスタットが故障したのか、
水しか出ない状態でも屋外の給湯器が動作するようになってしまいました。
そのため従来の数割増しのガス代です。
そこで、台所などでよく使われるシングルレバーの蛇口に自分で交換しました。
意外と力仕事な部分もあって、筋肉痛です。
交換後は水しか出ない状態では屋外の給湯器は動作せず正常です。
シングルレバーの蛇口は台所以外の洗面台でも使っていて全く支障が無いので、
信頼性が高く長持ちするものと考えてます。
以上から、可能であればシングルレバーの蛇口がお勧めです。

2012年1月23日 (月)

雪が降ってます。

P1010783
今日、少々離れた場所へ女房を迎えに行ってきたのですが、道路にも雪が
積もっていてタイヤの空転が多く、ほんの少しですがタイヤが雪で滑って
車体が左右に旋回しそうになったりしました。
また、上り坂でタイヤが空転して後ろに下がったりしないかと冷や汗ものでした。
不景気で収入が減ってしまったので、今年はスタッドレスタイヤは付けてないん
ですよね(苦笑)
とりあえず道路の雪が溶けるまではバスでしょうかね?
明日の昼までに道路の雪が溶けてると良いなぁ。

2012年1月18日 (水)

自宅の電灯の省エネ化、その後。

今まで白熱電球タイプの電灯は電球形蛍光灯をメインにしてきましたが、
東京電力の電気代の値上げに関するニュースをテレビで見てLED電球に
取り替えた方が良いのかなと考え、電灯を消し忘れて点灯させたままにして
しまいがちな場所の電球を消費電力が少ないLED電球へ取り替えました。
天井の電灯の常夜灯のナツメ球も全てLEDナツメ球へ取り替えました。
照明の範囲の広さから白熱電球タイプの電灯は電球形蛍光灯がメインのまま
ですが、LED電球の照明の範囲は広くなってきており、そのうち全ての電球を
LED電球へ取り替えるかも。
その他の節電としては、蛍光灯タイプの天井の電灯も複数付いてる蛍光灯の
うち1つだけ点灯させるなど、電灯は必要な明るさで必要な時だけ点灯する
ように注意するようになりました。

2012年1月26日追記
複数あった卓上電気スタンドのうち蛍光灯タイプの使用をやめて白熱電球タイプを
新しく買ってきて使ってます。
白熱電球タイプの卓上電気スタンドはLED電球を付けて使用してます。
LED内蔵タイプはLEDを交換できませんが、白熱電球タイプにLED電球を
使うのであれば自由に交換できますし、色んな明るさのLED電球を使えます。
LED電球は4~6Wですので、これで従来よりも大幅に消費電力が少なくなり
電気代も安くなります。
以上から、卓上電気スタンドは白熱電球タイプがお勧めです。

2012年2月28日追記
2月の半ばに玄関の外の白熱電球タイプの電灯の電球形蛍光灯を激安で
消費電力が6WのLED電球に試しに取り替えてみたら充分に明るかった。
そこで全ての白熱電球タイプの電灯の電球を、従来の電球形蛍光灯から
上記のLED電球へ取り替えました。
現在は、一部の部屋の天井の電灯も白熱電球タイプを買ってLED電球を付けて
使用することを考えてます。
理由は、白熱電球タイプであれば電球を交換するだけで済むので電灯は無駄に
なりませんし、数多くあるLED電球から好きなものを選んで使えます。
でもまぁ、最近では天井に簡単に設置できるLED内蔵タイプの電灯も出てきてる
ので、内蔵の方が見た目が良いので考えちゃってます。

2012年3月15日追記
最近のLED電球って、激安の700円台で消費電力5~6Wなのに白熱電球で
言えば30~40W前後の明るさで良いですね。
台所や居間に天井の電灯とは別に2つ目の電灯として、白熱電球のソケットを
壁や柱の上部に工夫して設置してLED電球を付けました。
そのLED電球の照明で、のんびりと本を読んだりテレビを見ながらお茶を
飲んだりしています。
今後も色々と工夫してLED電球を使う場所を増やすかも?

2012年1月12日 (木)

余裕資金を投資。

むぅ、米国の失業率の改善とか景気が徐々に良くなってきているのか、
2~3カ月待っているが余裕資金がある時に限って狙っている投信の
基準価額が大きくは下がらない(苦笑)
とりあえず基準価額が安いうちにということで、ダイワ・US-REIT・Bの
購入を申し込みしました。
投資の目的は、ダイワ・グローバル債券を補う投資です。
これで上手く行けば毎月1回程度の外食代を稼げます。
現在の予定としては、この投信への投資では全部で毎月3~6回程度の
外食代を稼げるようにしたいと考えてます。

1月13日夜追記
円高と米国リートの下落で、どうやら狙い通りの基準価額で約定できたようです。

2012年1月 6日 (金)

ダイワ・グローバル債券とダイワスピリット(2012年1月)

ダイワ・グローバル債券とダイワスピリットで、分配金の同額継続可能期間を
計算してみました。

ダイワ・グローバル債券の分配金は50円、または35円。
1月5日時点で経費控除後配当等収益が年間295円で平均24.58円。
1月5日の分配対象額分配金支払い後226円。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月26円だったとして
約8.7カ月間持ちます。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月11円だったとして
約20.5カ月間持ちます。

ダイワスピリットの分配金は100円、または70円。
昨年12月12日時点で経費控除後配当等収益が年間632円で平均52.67円。
昨年12月12日の分配対象額分配金支払い後450円。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月48円だったとして
約9.4カ月間持ちます。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月18円だったとして
25カ月間持ちます。

このため、ダイワ・グローバル債券が1月5日の決算で分配金が50円から
35円へ減額されたのはしょうがないでしょう。
ダイワスピリットも1月か2月の決算で分配金が100円から70円へ減額される
可能性があると思いますし、1月か2月に無くても近日中に減額される可能性が
高いと思います。
分配金を重視してダイワ・グローバル債券からダイワスピリットへの乗り換えを
考えるのであれば、分配金が減額される可能性があることに注意する必要が
あります。
ダイワスピリットは主に世界の格付けが高い債券に分散投資する債券型の
投資信託ではありますが、基準価額の安定性は考えていたより良いようです。
ただ、ダイワ・グローバル債券と比較するとダイワスピリットの方が基準価額が
下落するリスクまたは元本が減るリスクが高いので、注意が必要です。

2012年1月10日夜追記
ダイワスピリットも1月10日の決算で分配金が100円から70円へ減額されました。
この新しい数字でダイワスピリットの計算を書いておきます。

ダイワスピリットの分配金は100円、または70円。
1月10日時点で経費控除後配当等収益が年間620円で平均51.67円。
1月10日の分配対象額分配金支払い後416円。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月49円だったとして
約8.5カ月間持ちます。
分配金の内訳で経費控除後配当等収益では足りない分が毎月19円だったとして
約21.9カ月間持ちます。

2012年1月27日深夜追記
最低分配金ですが、上記の経費控除後配当等収益の平均の8割を最低分配金
として考えてました。
不景気が今後も数年間続くと考えた場合に経費控除後配当等収益が更に減る
ことも考えると、大幅に余裕持たせて経費控除後配当等収益の平均の6割を
最低分配金として、ダイワ・グローバル債券の最低分配金は15円、
ダイワスピリットの最低分配金は30円、このぐらい厳しく考えておいた方が良い
かもしれません。

2012年2月1日夜追記
最近では経費控除後配当等収益が減ってきていることも考えますと、
先のダイワ・グローバル債券の分配金が減額の記事よりも今後の
分配金の減額を厳しく考えた方が良いかと思います。
この調子ですと今年の夏か秋には、ある程度分配対象額に余裕を持たせた
状態で、ダイワ・グローバル債券は最低分配金の15円へ減額されて、
ダイワスピリットは最低分配金の30円へと減額される可能性があります。
我が家では、ダイワスピリットへの乗り換えと同時に分配金が30円でも
普通に生活できるように家計を計画しました。
分配金が30円ですと余裕資金を貯めるのは厳しいです。
少しずつ世界経済が回復して行くことを願います。

2012年1月 5日 (木)

ダイワ・グローバル債券の分配金が減額された。

メインの投資先であるダイワ・グローバル債券で、今年の夏どころか1月から
分配金が50円から35円へと30%も減額です。
でもまぁ、顧客資産を出来るだけ減らさないという視点から見ると良心的かも。
我が家の収入では、家業以外に投資信託の分配金を生活費に組み入れてます。
分配金の減額対策で色々と節約してきましたので、今後も節約を続ければ
普通に生活できて、余裕資金も年間で月収1回分程度は作れます。
しかし、分配金の減額は今年の夏を予想していたので驚きです。

尚、この調子ですと今年の夏か秋には、ある程度分配対象額に余裕を持たせた
状態で分配金を35円から20円へと減額される可能性があります。
我が家では、既に分配金が20円でも普通に生活できるように家計を計画して
ありますが、分配金が20円ですと余裕資金を貯めるのは厳しいです。
少しずつ世界経済が回復して行くことを願います。

2012年1月 1日 (日)

年末年始のテレビ番組

どうにも面白い番組が年末年始は少ないように思う。
いっそのこと、普通の番組を放送してくれた方が嬉しく思うのは私だけだろうか?
もう少し何とかならないものかな…

ブログの記事の予約投稿機能

年始の挨拶の記事を予約投稿したら公開されてないので、
再度保存処理したら公開された。
手順を間違えたのだろうか?
少々使い方が難しい機能なのかな?

1月1日午前1時15分追記
この記事と次に投稿したテレビ番組についての記事を予約投稿したら
あっさりと上手く行った。
どうやら混雑で公開処理が上手く行かなかっただけなのか?

1月7日夕方追記
@ニフティに調べてもらったところ、予約投稿が凄く多くて混雑していたために
処理が数十分遅れていたそうです。

明けましておめでとう。

P1010645_nenga
愛猫「キャア」(♀)7歳
サバトラの雑種

新年明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

平成二十四年 元旦

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ