コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 台風が去ったあとの庭 | トップページ | 最近の昭和記念公園と、我が家の近況など。 »

2011年9月16日 (金)

大震災から復興のための増税案

産経新聞の記事
家計に冷や水 デフレ加速、
「同時増税」年収700万円世帯で負担11.5万円増


》 政府税制調査会が16日決定した東日本大震災の復興増税案3案のうち
》有力視されるのが所得、法人税に地方税の個人住民税の増税を加える案だ。
》この場合、年収700万円の標準世帯の負担増は年1万2200円。
》政府は「大増税ではない」と説明するが、社会保障と税の一体改革に伴う
》消費税増税も検討しており、復興増税との同時増税になる可能性は大きい。
》そうなれば、負担増は一気に年約12万円に膨らみ、家計への悪影響は
》避けられない。

》 有力案で所得税、住民税ともに10年の増税の場合、所得税は
》年5.5%、住民税で年1千円の増税になる。
》所得税は納税額を一定の割合で上乗せする定率増税と同じ方式のため、
》年収が増えれば増えるほど税負担額が増える仕組みだ。

》 政府税調の試算によると、有力案の負担増は、夫婦と子供2人の
》標準世帯で年収700万円の場合、所得税が年1万1200円。
》これに住民税の年1千円を加えると、年1万2200円になる。

》社会保障費を賄う消費税増税については、政府税調は10月から
》年末にかけて議論し、関連法案を来年の通常国会に提出する方針だ。

》政府・与党の一体改革最終案では、消費税率に関し、
》「2010年代半ばまで段階的に10%まで引き上げる」と明記した。

》平成25年度にまず3%、27年度に2%引き上げるシナリオが想定

》 ただ、復興増税が25年度に先送りされると、消費税率の第1弾の
》引き上げと重なることになる。

》 第一生命経済研究所の試算によると、消費税率3%の引き上げで
》年収700万円の世帯は納税額が年約10万3千円増加。
》これに復興増税分を合わせると、税負担が年11万5200円にまで
》増大することになる。

とりあえず重要部分を引用しました。
10年間は、所得税は納税額の5.5%を増税し、住民税は年間で
1000円の増税ですか。
むぅ、不景気だというのに頭の痛い話ですね。

« 台風が去ったあとの庭 | トップページ | 最近の昭和記念公園と、我が家の近況など。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674373

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から復興のための増税案:

« 台風が去ったあとの庭 | トップページ | 最近の昭和記念公園と、我が家の近況など。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ