コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 太平洋海底に巨大レアアース鉱床 | トップページ | 今後注目される新興国 »

2011年7月10日 (日)

放射線と発電

ブラジルのガラパリとか、放射性の鉱物資源などのためだったか?
日常生活で受ける自然放射線は年間10mSvもあるそうです。
(世界平均は2.4mSv、日本は1.5mSv。)
だけどガラパリでの健康被害に目立つものは無く、出生率も他の地域と
変わらないようです。
(きちんと統計を取った上でのことのようです。)

ブラジルのガラパリでの健康調査をグーグルで検索した結果

また、同様の他の地域でのことですが、なぜか結核の死亡率が
明らかに低いのだそうです。
このことから、全くリスクが無いとはいいませんが、年間10mSv
(1時間あたり1μSv強)までは、「ある程度は」安心して良いのでは
ないかと推測します。
ただ、子々孫々を考えると、日本では他の地域よりも白血病が多いと
言われているように、何らかの病気が他の地域より多いことになりかね
ませんので、日常生活で受ける放射線は低い方が良いのは当然に
思います。

ガラパリなど高放射線地域で統計取ってるのに、なぜかマスメディアなどで
報道してるのを見ないんですよね。
まずは政府からこういう統計もあるので安心してくださいと報道して
欲しいですね。
「ただちに健康に影響は無い」なんて言葉ばかり連呼せずにね。
大事なのは、こうした統計データなどの情報提供を整え広く知らせること。
情報公開を阻害する政府や電力会社の体質を改めること。
放射能汚染を除去する努力を、より進めること。
こういったことではないかと思います。

もちろん、東日本大震災での津波の被害も忘れてません。
津波の被害は本当に地震よりも怖いと思います。
原発など重要施設の被害は想像を超えるものになりますしね。
静岡県には全高17mで全長10kmにもなる巨大な防潮堤があります。
これを参考に、危険が予想される地域には大きな防潮堤を整備して、
町の中に巨大な津波や浸水に耐える避難所も作ると更に良いと思います。

あと、テレビで見たのですが、原発のコストって関係する自治体への
交付金というのでしょうか?
そのようなものを含めずに計算して水力や火力よりコストが低いと
言ってるそうでして、しかも安全性強化のために建設費は年々上がって
いるそうです。
そして専門家がコストを計算したところ、水力が安く、原発が高くなった
そうです。
何やかやと理由をつけての数字のマジックを政府はやっていたのかな?

脱原発の言葉を最近多く見ますが、原発を減らして将来的に無くすことは、
事故の被害の大きさを考えると賛成です。
ただし、代わりのエネルギーを用意することが条件です。
代わりのエネルギーが無いのに脱原発を言っても現実的ではないように
感じます。
東大とシャープは発電効率が42%と世界最高レベルの太陽電池
開発済み(レンズと組み合わせる集光型)です。
グーグルで検索すると記事が出ますが、日本経済新聞や毎日新聞の
記事では、シャープなどは、この太陽電池を使ってサウジアラビアで
大規模な実験を計画しているようです。
太陽電池は発電効率が45%以上になると原発並みの発電コストになる
そうでして、太陽電池の今後には大きく期待してます。
もちろん、他の自然エネルギー発電やバイオ燃料にも期待してます。

« 太平洋海底に巨大レアアース鉱床 | トップページ | 今後注目される新興国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674385

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線と発電:

« 太平洋海底に巨大レアアース鉱床 | トップページ | 今後注目される新興国 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ