コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の7件の記事

2011年6月29日 (水)

今後の市場予想など(2011年6月下旬)

2012年3月3日改訂版(その後の世界経済情報追加)
過去の予想と、その後の色々な記事。

今後の市場予想など(2010年6月中旬)
2011年の大震災で書いた記事のまとめ
今日の気になる記事(米国がデフォルト(債務不履行)の可能性関係)
今朝の気になる記事(ギリシャがデフォルトの可能性関係)
今、政治や経済で心配に思うこと。
今日の気になる記事(ギリシャへ融資されるが危機続く)
米国のデフォルト関係の記事と思うこと。
ギリシャが最低の格付けに。(ギリシャが事実上のデフォルト)

2007年2月末に米国でサブプライム問題により不動産バブルが崩壊し、
2008年9月15日、リーマンブラザーズが破綻(リーマンショック)した。
ユーロ圏の財政赤字の問題(ユーロ危機)の発端は、2009年の秋冬頃に
ギリシャの国債が格下げされたのが始まりです。
2010年6月中旬に、ユーロ圏が落ち着かず混乱が長引けば
リーマンブラザーズが破綻した時のように時間が掛かり、以前の予想より
1年は回復が遅れ、2011年終わり頃から少しずつ世界経済が回復して行く
ことになる可能性が高いのではと予想しました。

2007年2月末の米国のサブプライム問題による不動産バブルの崩壊
から始まった世界の経済の崩壊と言ってもいいかもしれない大混乱、
そして2011年3月11日午後3時前、東日本大震災が発生。
場所によっては高さ20mを軽く超えるような巨大な津波が東北地方の
沿岸部の町を襲い壊滅した。
福島県の原発で炉心溶融の可能性や爆発などの重大事故が起きる。
世界の不景気が深刻で回復が鈍い中、日本の大震災は更に不景気を
長引かせてしまうのでしょうか?
亡くなった皆さんの冥福を祈ると共に、1日も早い東北地方の復興を
願います。

2011年6月現在、米国やギリシャでデフォルト(債務不履行)の可能性が
注目されてます。
このためもあってか、市場は未だに混乱しています。
ただ、米国もギリシャも夏が終わる頃には一定の方向性は出そうです。
上手く行けば従来通りに2011年終わり頃から少しずつ世界経済は
回復して行くことになる可能性が高いと思いますが、思っていたよりも
サブプライム問題やリーマンショックの影響が大きかったこともあり、
2007年2月末のサブプライム問題による米国の不動産バブルの崩壊から
10年とまでは行かなくても長期間不景気が続きそうな気がします。
2012年の終わり頃~2015年から少しずつ世界経済が回復して行くことに
なる可能性が高いと、今はこのように考えてます。

2011年8月3日、米国やギリシャでデフォルトの可能性のことですが、
結局は市場の予想の通り米国はテクニカルデフォルトを回避。
ギリシャも当面はデットサービスデフォルトを回避しているわけですし、
しばらくは安心して投資できるかな?
2012年1月上旬、米国は不景気で、ギリシャはデットサービスデフォルトの
可能性がありユーロ圏が落ち着かず混乱が長引いてます。
2012年3月2日、ギリシャは事実上のデットサービスデフォルトになりました。
やはり上に書いたように2007年2月末から長期間不景気が続き、
2012年の終わり頃~2015年から少しずつ世界経済が回復して行くことに
なる可能性が高いように考えてます。
仮にユ-ロ圏が崩壊し欧州ユーロが無くなるようなことがあれば世界経済が
更に混乱し、更に長期間不景気が長引く可能性があります。
そうならないことを願います。

今、政治や経済で心配に思うこと。

ギリシャなどのユーロ圏も気になりますが、
米国が本当にデフォルト(債務不履行)しないか、非常に気になります。
何とか乗り切って欲しいですね。

また、近い将来に一時的(ガソリンと同様に実際には恒久的と推測される)な
所得税や法人税の増税と恒久的な消費税の増税があると思いますが、
東日本大震災の復興財源や、福祉の財源として正しく使われるのか?
国債による国の借金の返済に使われるのか?
はっきり言って、日本政府や日本の政治家どもの考え方や認識が大きく
変わらない限り、国の支出が増えるだけで国の借金は減らないでしょう。
消費税が10%や15%になっても政府が関係する外郭団体や独立行政法人など
が減るどころか新たに生まれて天下りの温床となり新たな利権団体となり、
国民の税金が無駄に使われるだけでしょう。
そして国外の日本を見る目が大きく変わり、日本の国債の格付けは大幅に下がり
市場では日本売りが始まるでしょう。
為替レートは大きく円安に動き、債券の値段は下落(債券利回りが上昇)、
食料や燃料や金属やレアメタルなどの輸入価格が大きく上がり国内企業が作る
商品の生産コストが大幅に上がる可能性があり、日常生活に欠かせない食料や
商品などまでもがインフレで大きく値上がりする可能性があります。
不景気なのにインフレというスタグフレーションになる可能性があるのです。
そして企業の株価が下落する可能性があります。
まぁ、投資信託を通じて国外に投資している個人投資家の私としては、円安に
動くのは持っている金融資産の価値が上がることなので歓迎しますが、
それでインフレになり庶民の生活が苦しくなり、国内企業が疲弊するのは
好ましくありません。
円安に動くにしても、インフレや国内企業の株価の下落を回避できるレベルの
円安であって欲しいと思います。

このような懸念が杞憂で終わることを願います。

参考
レアアースはレアメタルの一種です。
詳しくは、こちらの記事を見てください。

レアアースの今後については、
こちらの記事も見てください。

2011年6月17日 (金)

市場チェック用のチャートへのリンクなどで欧州ユーロを旧通貨へ?

グーグルニュースを見ていたところ、ちょっと気になる記事を見ました。
ギリシャがデフォルト(債務不履行)になった場合、欧州ユーロが無くなり
旧通貨が復活する可能性があるそうです。
そうなるとしても数年は掛かると思いますし、心配しすぎな気もしますが。
もしもそうなってしまった場合、市場チェック用のチャートへのリンクなどで
欧州ユーロの表示をドイツマルクなどへと変更する作業が必要になりますね。

参考
欧州ユーロ/円(EURJPY)、ドイツマルク/円(DEMJPY)

ウィキペディアで通貨コードの説明と通貨コード表の記事

2011年6月14日 (火)

今朝の気になる記事

ロイターの記事
ギリシャをCCCに格下げ、デフォルトの可能性高まる=S&P

》 [ニューヨーク 13日 ロイター] スタンダード&プアーズ
》(S&P)は13日、ギリシャの信用格付けを従来の「B」から
》3段階引き下げ「CCC」とし、同社としてデフォルト(債務不履行)と
》みなすような形で債務再編が行われる可能性が徐々に高まっていると述べた。

これで本当にデフォルト(債務不履行)が起きたらどうなるのだろう?
それも、米国とギリシャの2つの国のデフォルトが重なったりしたら…
想像したくないです。

2011年6月 9日 (木)

今後も投資し続ける投信

現在、大切な資金をダイワ・グローバル債券に投資して、余裕資金を
フィデリティ・USハイ・イールドに投資しています。
ただ、過去の経験からすると、現状のままだと分配金が今後減る可能性が
あります。
そこで分配金を経費控除後配当等収益から全額出していて、分配金が
今後減る可能性が低いと思われる投信の、りそな世界高金利通貨を調べて
みました。
以前にも調べたけど状況変わってるかなと思ってね…
そうしたら、世界の経済情勢で色々と問題があるせいか?
ダイヤモンドZAiやヤフーファイナンスでデータを比較すると
ダイワ・グローバル債券よりも、りそな世界高金利通貨の方が運用実績が
悪かった。
ちょっと軽いショック…
単純に分配金だけで見ちゃ駄目ですね…

参考
2008年のリーマンショックより前の基準価額を元本として、
3年間の変化を見てみました。

2008/05/01(リーマンショックの少し前)
ダイワ・グローバル債券
基準価額 1万31円
りそな世界高金利通貨
基準価額 9540円

2009/05/01
ダイワ・グローバル債券
分配金再投資無し
基準価額 7635円(76.1%)(23.9%下落)
りそな世界高金利通貨
分配金再投資無し
基準価額 6314円(66.2%)(33.8%下落)
2つの投信の下落の差は9.9%

2010/04/30
ダイワ・グローバル債券
分配金再投資無し
基準価額 7853円(78.3%)(21.7%下落)
りそな世界高金利通貨
分配金再投資無し
基準価額 6277円(65.8%)(34.2%下落)
2つの投信の下落の差は12.5%

2011/05/02
ダイワ・グローバル債券
分配金再投資無し
基準価額 7108円(70.9%)(3年間で29.1%下落)
りそな世界高金利通貨
分配金再投資無し
基準価額 5403円(56.6%)(3年間で43.4%下落)
2つの投信の下落の差は14.3%

2011/05/02
ダイワ・グローバル債券
全て分配金再投資(税込みで計算) 2100円加算
基準価額 9208円(91.8%)(3年間で8.2%下落)
りそな世界高金利通貨
全て分配金再投資(税込みで計算) 2130円加算
基準価額 7533円(79.0%)(3年間で21.0%下落)
2つの投信の下落の差は12.8%

2011/05/02
ダイワ・グローバル債券
分配金再投資無し
基準価額 7108円(70.9%)(3年間で29.1%下落)
りそな世界高金利通貨
30%分配金再投資(税込みで計算) 639円加算
基準価額 6042円(63.3%)(3年間で36.7%下落)
2つの投信の下落の差は7.6%

2008/05/01~2011/05/02
ダイワ・グローバル債券
決算日毎月05日
3年間分配金 (80×10)+(50×26)=2100円
りそな世界高金利通貨
決算日毎月12日
3年間分配金 (50×03)+(60×33)=2130円

2011年6月 8日 (水)

今日の気になる記事

ブルームバーグの記事
円が上昇、対ドルで一時79円台後半-米景気懸念でリスク回避強まる

》FRB議長が景気に慎重姿勢示す

》 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は7日、
》アトランタでの会合で講演し、「米経済の生産活動は依然として
》潜在力を大きく下回る水準だ。
》そのため、緩和的な金融政策がなお必要とされる」と指摘。
》「より力強い雇用創出が一定期間持続するまでは、景気回復が
》本当に定着したと見なすことはできない」との認識を示した。

》 クレディ・スイス証券外国為替調査部の深谷幸司チーフ通貨
》ストラテジストは、米金融当局の緩和継続について「QE3
》(量的緩和第3弾)とは別物だろうが、そうは言いつつも
》マーケットは前のめりでいる」と指摘。
》「当面、米国側で主要な経済指標の発表もないことから、
》「今のベア(弱気)な感じがひっくり返るのにはちょっと時間が
》かかるかもしれない」と語る。

6月後半に住宅関係や失業保険関係や政策金利などの米国の重要な
経済指標の発表があるので、それまではこのままだろうか?
また、今の米国のニュースを見てると、米国経済がすぐに上向くことは
なさそうに見えるので、近日中に米国ドル/円が90円台の円安に
なるとは思えない。
まぁ、せいぜいが80円台の半ばであろうか?
投資には注意が必要かな?

2011年6月 1日 (水)

気になる投資信託を調べてみた。

私が監視している投資信託に商品先物取引に関係するものがあり、
ネイチャーメイドとブラックロック・ゴールドというものがある。
簡単だけど調べてみた。
ネイチャーメイドは指数に連動する債券に投資するもので、特に米国で
投資してるようなので、国際型の中でも米国債券型と言って良いと思う。
ブラックロック・ゴールドは金鉱関係株式に投資するもので、多数の国に
投資してるようなので国際株式型と言って良いと思う。
このように商品先物取引に関係する投資信託で、実際の運用商品が
大きく異なるとは、正直言って少々驚きました。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ