2ちゃんねる関係

« 例の尖閣の動画が流出 | トップページ | もう12月ですね。 »

2010年11月 9日 (火)

余裕資金での投信や株式を売却

余裕資金で投資していた新興国に投資する投資信託ですが、
もう少し基準価額が上がれば損失は多くても10%前後で済むようなので
売却することに決めました。
余裕資金で投資していたパナソニックと日産自動車の株式ですが、
もう少し株価が上がれば売却時手数料を払っても少しの損失で済むようなので、
全ての株式を売却することに決めました。
ファンとして日産自動車の株式を持ち続けようかとも考えましたが、
ファンとしては別のやり方もあるだろうと考え、全て売却することにしました。
これらの売却で、余裕資金による投資全体での損失も5%前後で済みます。
税金や社会保険料や車検など色々あって大変でもあるし、何かあった時に
すぐに動かせる現金が手元には少ないので心配でもあるしね。

上手く行けば ある程度の余裕資金が手元に出来るので、少々リスクが高いが、
投信のフィデリティ・USハイ・イールドに投資して毎月数千円ほどの小遣いを
稼ぐのも悪くないかも?
まぁ、基準価額が安ければの話ですけどね。
余裕資金の運用については、他にも色々と検討中です。

生活費を稼ぐためのメインの投資先には、何も変わりはありません。

参考
11月9日の時点での値段
りそなBRICsプラス(投信)の基準価額
   7043円(8日)、7028円(9日)
パナソニック株(株式)の株価
   1200円(始値)、1191円(終値)
   1203円(高値)、1187円(安値)
日産自動車株(株式)の株価
   776円(始値)、775円(終値)
   784円(高値)、773円(安値)

2010年11月12日夜追記
新興国に投資する投資信託は12日夜発表の基準価額で約定。
パナソニックと日産自動車の株式は11日午後の株価で約定。
本当は投資全体での損失は3%前後で済ませたかったのですが、実際には
やはり5%前後になりました。

私の考えとしては、今の市場では現状の値段前後が上限のように感じます。
あと1割上がるのも厳しいかなという感じです。
中期的には現在の値段付近で落ち着いてるようにも見えますが、短期的には
チャートの線は上下していて、2~6カ月と幅は広いですが、数カ月ごとに
チャートの山の頂点が来ているように感じるのです。
そして今、チャートの山が近いのかなと感じて、損失が小さくなった今のうちに
投資先を売却して、何かあった時や次の投資に備えようと考えたわけです。

« 例の尖閣の動画が流出 | トップページ | もう12月ですね。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674443

この記事へのトラックバック一覧です: 余裕資金での投信や株式を売却:

« 例の尖閣の動画が流出 | トップページ | もう12月ですね。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ