コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 菅氏が首相になるかも? | トップページ | ユーロ圏が崩壊する可能性や噂について »

2010年6月 8日 (火)

今頃になってハンガリー危機で騒いでもね…

2008年10月頃から3カ国で国家破綻危機問題という記事に書いてるように、
既に知られていた問題なんですが。(^_^;)
為替レートを見てみると、2008年後半にはガクンと大きく円高に動き、
ハンガリーの通貨は以前の半分近くまで通貨価値が下落してます。
それだけ下がっているのだから、外貨建てでの借金が多い国ですので
財政赤字が大きく膨らんでいてもおかしくないでしょう。
むしろ、今まで大きく報道されなかった方がおかしいと思う。
私としては、以前からハンガリーは危ないと言われてきた国なので、今さら
この程度でうろたえるな、もっと冷静になれよと言いたい。

参考
20100608hufjpy5y
ヤフーファイナンス英国の、ハンガリーフォリント/円の参考画像です。

2010年6月9日追記
大和証券投資信託委託のダイワ・グローバル債券の
新着情報 2010/06/08 最近の基準価額の動きについて
より引用

》6月に入ってからの円独歩高の一因となったハンガリーについては、
》すでに2008年からIMFの管理下で財政赤字削減に取り組んでおり、
》2009年の財政赤字の対GDP比、政府債務残高は既にEU諸国の平均以下と
》なっています。
》実質的に債務不履行に陥る可能性は乏しく、新政権の不用意な発言に
》よってユーロ圏の混乱が拡大していることは、市場が既に神経質に
》なり過ぎていることを示している可能性があると考えています。

大和証券投資信託委託のマーケット情報のタイムリーレポートの
2010/06/07 マーケットレター
最近の外国債券・為替市場の動きについて
2010/06/07 マーケットレター
6月4日(現地)の欧米株式市場の下落について
より引用(同一内容のため引用した文章は1つです。)

》ハンガリーについては、新政権は国民の財政健全化への意識を高める
》ためにデフォルトに言及したものの、市場の混乱を受けて週末にかけて
》方針を転換しており、デフォルト懸念はないと見解を覆しています。
》EU(欧州連合)や米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスの
》アナリストも、デフォルトリスクは存在しないとするハンガリー政権の見方は
》正しいとコメントしています。
》また、ハンガリーはすでにEU、IMF(国際通貨基金)から支援を受けており、
》資金繰りへの懸念は低いことから、同国をめぐる過度の懸念は徐々に
》沈静化する可能性が高いとみています。

ネットでの記事を見てると、ハンガリーがデフォルト(債務不履行)する
可能性は低いようで、まず安心して良いようですね。

« 菅氏が首相になるかも? | トップページ | ユーロ圏が崩壊する可能性や噂について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674488

この記事へのトラックバック一覧です: 今頃になってハンガリー危機で騒いでもね…:

« 菅氏が首相になるかも? | トップページ | ユーロ圏が崩壊する可能性や噂について »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ