コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 過去に書いた未来のロボットやテクノロジー関係の記事など | トップページ | 少しは民主党を見直した。 »

2010年5月24日 (月)

口蹄疫で農水副大臣が暴言

日本経済新聞の記事
口蹄疫、種牛処分回避 農水副大臣「示しつかぬ」

》 東国原英夫知事が県産ブランドの種牛49頭の殺処分を回避し、
》経過観察に移す特例措置を国に求める意向を示したことに対し、
》現地対策本部長の山田正彦農林水産副大臣は23日「(49頭は)
》本来すでに処分されていなければおかしい牛だ。
》処分しないとほかの農家に示しがつかない」と改めて否定的な
》考えを示した。

山田農水副大臣は宮崎県の畜産業を潰す気か?
そんなに日本の畜産業が憎いのか?
宮崎県の牛は他県にも出荷されブランド牛として育てられている。
そのため、宮崎県の畜産業が潰れることは今後他県に出荷できなく
なるということであり、他県にも少なくない影響を与えることは容易に
想像できると思う。
もちろん、他県のブランド牛の種牛は宮崎県以外にもいるでしょうから、
ブランド牛の全滅は防げるのでしょうが、今回の件は、貴重な種牛も
情け容赦なく殺すということであり、他県にとっても他人事じゃないと思う。
また、宮崎県独自のブランド牛の種牛を再び作り直すのに何年も掛かり
大変であろうと思います。
宮崎県独自のブランド牛が復活するまで、宮崎県の畜産業は生き残る
ことができるのか?
心配です。

日本の畜産業を、ブランド牛を守るためには種牛は絶対必要に思う。
厳重にチェックしすぎなくらいにチェックしてから、特例で種牛を
避難させて周囲から隔離すべきではないのか?
うちの田舎も昔は兼業で農家もやっていて牛を飼っていたので、
ある程度は農家の気持ちも分かるつもりです。
早々に対策を講じて種牛を避難させてれば こうはならなかったのに、
要請を拒否して避難させてくれなかったのは国(赤松農水大臣)で
あると聞いてます。
この副大臣の発言は あまりに酷い暴言なので、詳しくは書かないし
各種のリンクも控えますが、かなり強く抗議する内容の文章を書いて
政府や政党にメールを出しました。

以上です。
メールの送付先は、政府意見まとめ記事の下部に記載してあります。

2010年5月31日追記
とうとう宮崎県の種牛49頭が殺されるようです。
種牛達に罪は無いのに、何のために生まれてきたのか…
本当に完治させる治療薬とか無いのでしょうか?
種牛達を気密性の高い施設で治療できないのでしょうか?
何とかして欲しいです。

« 過去に書いた未来のロボットやテクノロジー関係の記事など | トップページ | 少しは民主党を見直した。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674493

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫で農水副大臣が暴言:

« 過去に書いた未来のロボットやテクノロジー関係の記事など | トップページ | 少しは民主党を見直した。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ