2ちゃんねる関係

« ギリシャ、国債償還を完了。 | トップページ | 週刊誌のiPadの辛口批評記事 »

2010年5月21日 (金)

20日夜の市場の動きと投資に対する考え

20日夜の市場の動き
為替レート
ブラジルレアル/円
   50.15→47.58
ロシアルーブル/円
   2.99→2.85
インドルピー/円
   1.98→1.91
中国元/円
   13.42→13.12

株価指数
ブラジル ボベスパ
   59689.3203→58192.0781
ロシア RTSI
   1379.88→1303.24
インド SENSEX30
   16875.76→16408.49
中国 上海総合
   2587.807→2555.94

前日比(%)
ブラジル
   為替レート5.12%円高、株価指数2.51%下落
ロシア
   為替レート4.68%円高、株価指数5.55%下落
インド
   為替レート3.54%円高、株価指数2.77%下落
中国
   為替レート2.24%円高、株価指数1.23%下落

為替レート平均3.895%円高、株価指数平均3.015%下落

市場の動きから推測して今夜のりそなBRICsプラスは6.79%は
下げるであろうか?
そう考えると、基準価額は6485円から6044円程度へ下落するか?

日経平均株価やパナソニック株や日産自動車株は、チャートを見ると、
もしかして更に15%くらいは下げる可能性がある?
日経平均株価8500円、パナソニック株990円、日産自動車株590円、
このぐらいは覚悟した方が良いのだろうか?

そう考えると、手元に資金があれば確かに追加買いのチャンスだろうか?
そうは言っても、下手に借金しても年利18%はあるだろうし、
仮に50万円の借金だと年間で9万円の利子、1カ月間で7500円の利子、
1週間では1750円の利子、これだけの利子を付けての返済になる。
このようになるので、やはり借金はリスクが高い。

早期に利益を出せればいいが、例えばパナソニック株で1日間で
30円値上がりしたとして300円の値上がりには2週間必要。
世界の経済情勢が不安定な今は実際には1カ月間は必要だろう。
しかも欧州にはギリシャ以外にも財政赤字な国はあるわけで…
正直、1カ月後に為替レートが円安になり株価が上がっているとは
誰にも断言できないし、予想は非常に難しい状況だと思う。

先ほど午前9時になり市場は開いた。
パナソニック株の動きは激しく、軽く40円前後は下落している。
来週には株価が1000円まで下落することも充分に考えられると思う。

とりあえず…
大切な資金を投資しているわけじゃないし、
今のところは静観するのが一番かな?

5月21日夕方追記
ヤフーファイナンスやStooqでチェックしたのですが、データが不正確
もしくは正しく表示されてなかったようです。
そのため、為替レートはMSNマネー、株価指数はブルームバーグで
再度チェックして修正しました。

5月21日夜追記
りそなBRICsプラスの基準価額は6136円でした。
パナソニック株の終値は1143円でした。

« ギリシャ、国債償還を完了。 | トップページ | 週刊誌のiPadの辛口批評記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674497

この記事へのトラックバック一覧です: 20日夜の市場の動きと投資に対する考え:

« ギリシャ、国債償還を完了。 | トップページ | 週刊誌のiPadの辛口批評記事 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ