コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の2件の記事

2009年12月22日 (火)

パナソニックの株式を売りました。

特定口座での税金の計算
購入時手数料や消費税を含めた持っている株の単価は
平均化され、特定口座なので1円未満は切り上げられて、
その単価で売却時の利益が計算されて課税される。
税金は1円未満は切り捨てられる。

11月16日取り引き
パナソニック株 1205円/株を100株だけ購入
購入時手数料(税込み)1995円
購入総額12万500円
購入時手数料込み総額12万2495円

持っている株の単価1224.95円
特定口座で修正された単価1225円
修正された単価での100株の値段12万2500円
修正済み購入総額12万2500円

12月22日取り引き
パナソニック株 1296円/株で100株を売却
売却時手数料(税込み)1995円、利益の税金510円
売却総額12万9600円
売却時手数料抜き総額12万7605円
売却時手数料抜き税抜き総額12万7095円

利益の計算
売却時手数料抜き総額-修正済み購入総額=税込み利益5105円
税率10%で1円未満は切り捨てられ、利益の税金は510円
税抜き利益4595円

検算
修正済み購入総額+税抜き利益=売却時手数料抜き税抜き総額
12万2500円+4595円=12万7095円

純利益
売却時手数料抜き税抜き総額-購入時手数料込み総額=純利益
12万7095円-12万2495円=4600円

とまぁ、こんな結果になりました。
購入時手数料込み総額と修正済み購入総額では5円の差があるため、
その分税金は安く済み、純利益は4600円です。
午前中に売却し午後から出かけたかったので、こうなりました。
とりあえず簡単なお節料理の材料程度は買えるかな?
年末に現金で余裕資金が手元に残ることになるので、安心して年を
越せます。
こんな時代ですもの。
やっぱり手元に現金があった方が良いしね(苦笑)

2009年12月 4日 (金)

今日の気になる記事

日本経済新聞の記事
11月の米失業率、10.0%に改善 非農業部門の雇用は減少幅縮小

》 【ワシントン=御調昌邦】米労働省が4日発表した11月の雇用統計
》によると、失業率(軍人を除く)は10.0%となった。
》前月に比べて0.2ポイント低下し、4カ月ぶりの改善となった。
》非農業部門の雇用者数は1万1000人の減少にとどまり、前月の改定値
》(11万1000人減)からマイナス幅が縮小した。
》米雇用情勢は依然として厳しいものの、少しずつ悪化に歯止めが
》かかってきた可能性がある。

》 11月の失業率は市場予測の平均(10.2%)を下回り、雇用者数の
》減少も予測(12万5000人減)より少なかった。

》 雇用者数の減少は23カ月連続となったが、このうちで11月の
》マイナス幅が最も小さかった。
》米企業は依然として従業員を増やすことには慎重な姿勢を崩して
》いないが、新たな失業者の発生は明確に減ってきている。
》失業者数は1537万5000人で、前月に比べてわずかに減少した。

NY円、一時89円台に急落 米雇用統計の改善で

》 【NQNニューヨーク=川勝充郎】4日朝方のニューヨーク外国
》為替市場で、円は対ドルで下げ幅を急拡大。
》一時1ドル=89円台前半まで下落した。
》円が89円台に下落するのは、11月24日以来。午前8時30分発表の11月の
》米雇用統計で、雇用者数の前月比減少幅が1万1000人と前月の改定値
》(11万1000人減)から大幅に縮小し、市場予想(12万5000人減)も
》下回った。
》失業率も10%ちょうどと予想(10.2%)を下回っており、米雇用情勢の
》改善期待が強まり円を売ってドルを買う動きが広がった。

》 雇用統計の結果が伝わる直前には、円は88円台前半で推移していた。

どうりで、いきなり円安に大きく動いたわけです。
欧州ユーロに対して米国ドルが高くなったりもしています。
週明けの月曜日は期待できるかな?
株式や投信が上がると良いな。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ