2ちゃんねる関係

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の10件の記事

2009年8月19日 (水)

最近のこと

P1010587 P1010589 P1010592
うちで経営してるアパートの庭に亡くなった母が可愛がっていた芙蓉の
子供を植えてあるのですが、今年も咲きました。
先日、ちょっと離れたところにある日本料理屋でウナギを食べました。
美味しかったのですが、ウナギの肝吸いまで付いてきました。
肝吸いなんて食べるの初めてです。(^_^;)

最近のキャアちゃん

P1010580 P1010601 P1010604
最近のキャアちゃんです。
相変わらず凛々しくプリティーです。(^_^)

2009年8月17日 (月)

またもやバイクで転んだ。

16日、我が愛車のバイクのアドレス125で転んだ。
踏切を渡ってる最中に自転車に乗ったお婆さんが急に目の前を横切ったのだ。
私は急ブレーキを掛け、そして派手に転んだ。
お婆さんは少し離れたところに居て無傷。
すぐそばに交番がありすぐに現場検証し、単独の物損の事故ということになった。
持病で掛かり付けの少し遠いが同じ市内の大きな総合病院の救急外来で診察。
専門外の脳外科の医師が
「明日 この病院の専門医に見てもらうことを条件に診察しますが良いですか?」
ということで、暫定的な診断では深刻な骨折は無く打撲だけらしい。
レントゲン写真で目に見えない小さな骨折でも湿布で済む程度のものらしい。
後日の正式な診察でも同様の結果でした。
良かったよ。
だけど右足太ももの付け根や足首や右足の親指が痛いぞ。(-_-;
バイクはやめて自動車だけにします。
アドレス125はバイク王に売却しました。

2009年8月15日 (土)

投信のレポート類の不満点

投資を始めて3年ほど経ちますが、最近になって注目している重要なデータに、
レポート類に書かれている毎月の経費控除後配当等収益や分配対象額が
あります。
ダイワ・グローバル債券やワールドプライムでは、レポート類の中で、
毎月の経費控除後配当等収益や分配対象額がしっかりと分かりやすく
書かれており非常に良いです。
ところが世に沢山ある投信では、数カ月間に1度しか出ない運用報告書には
経費控除後配当等収益や分配対象額が書かれているが、レポート類には
毎月の経費控除後配当等収益や分配対象額が書かれてないというケースは
少なくないのです。

経費控除後配当等収益や分配対象額は分配金の健全性を理解しやすく
するもので、毎月分配型投信では重要性が高く、レポート類に毎月の
経費控除後配当等収益や分配対象額が書かれてないというのは大きな
不満です。
投信を売買する上でレポート類は大きな判断材料だからです。

分配金の原資として一定の基準価額より値上がりした部分は基準価額の推移
などから推測できる場合がありますが、それ以外はレポート類に書かれてないと
分かりにくいと思います。
販売会社や運用会社は、レポート類に毎月の経費控除後配当等収益や
分配対象額などの詳細なデータを載せて欲しいと思います。

2009年8月14日 (金)

投信の乗り換えは慎重に?

現在、余裕資金の投資先である株式や新興国投資の投信で
5割前後の値上がり益が出ており、その余裕資金を崩して使うので
あれば、ワールドプライムの分配金が下がったとしても、分配金が
40円なら1年間、分配金が30円なら半年間は現在の生活レベルを
維持できそうです。
今以上に生活費の節約を進めれば、もっと長期間でも大丈夫でしょう。

そこで思うのは、無理してワールドプライムから乗り換える必要は
あるのかということ。
他の投信に乗り換える場合、何かのキャンペーンや購入時手数料無しの
投信や無料スイッチングでない限り購入時手数料を取られます。
現在、景気は回復し始めており基準価額は少しずつ上がってきており、
基準価額が上がりさえすれば分配金の減額はあっても短い期間で
済むかもしれないこと。
そして、無理してリスクが高い投信をメインの投資先にはしたくないと
いうことです。

以上から、いざって時の余裕資金もあることですし、しばらくは
現状のままで行こうかと思います。

2009年8月12日 (水)

投資について最近考えてること

現在のメインの投資先のワールドプライムは、毎月の決算日の基準価額の
データでは、先月は一旦下がったものの恐らく今月は上げてきて、ほぼ順調な
回復となるような気がする。
この辺が基準価額の変化が大きいダイワ・グローバル債券との一番の違い
だろうか?

ワールドプライムのレポート類を見ると分配対象額が大きく減っており、
その原因は経費控除後配当等収益がまだ少ないことによるものらしい。
これについてはダイワ・グローバル債券も同じようなもの。
現状のままなら近いうちにワールドプライムの分配金が下がるかも。
過去の例を見ると、ダイワ・グローバル債券も追随して下げるのではと思う。

分配金収入が減るのは、生活する上で正直言ってつらい。
そこで現在の収入を維持できる投信として、ダイワスピリット、
ダイワ・エマージング高金利債券、りそな世界高金利通貨などへの
乗り換えも検討したが、3つとも新興国の比率が高くリスクが高い。
当然だが基準価額の変化も大きい。
新興国はBRICs以外は情報の入手が難しい。
メインの投資先としてハイリスクである新興国は避けるべきであろう。
そうなると別の投資先を探すことになるのだが、なかなかに難しい。

ただ、今後世界経済や投信の基準価額が順調に回復して行けば、
ワールドプライムから他へ乗り換える必要がないわけで、
一時的に分配金が更に下がったとしても生活費を節約して乗り切った
方が良いのかも?

こうも不景気が長引くと色々と悩みます。
困ったものです。

2009年8月11日 (火)

東海地震ついに発生か?

午前5時7分
静岡あたりで震度6弱(強弱2種類の弱)があった様子。

2009年8月 7日 (金)

米国の雇用環境に改善の動きが?

日本経済新聞の記事
7月の米失業率9.4%に改善 雇用減、24万7000人に縮小

》 【ワシントン=大隅隆】米労働省が7日発表した7月の雇用統計
》(季節調整済み)によると、失業率(軍人を除く)は前月より0.1
》ポイント改善し9.4%だった。
》非農業部門の雇用者数は前月から24万7000人減ったが、減少規模は
》6月の44万3000人(改定値)より縮小した。

》 失業率、雇用者数減ともに市場予測の平均(9.6%、32万5000人)
》を下回った。(21:40)

米7月の雇用統計「前向きなニュース」 ムーディーズのガーバー氏

》 ベン・ガーバー氏
》(ムーディーズ・インベスターズ・サービスのエコノミスト)
》 今回の雇用統計は、昨年秋の金融危機以降で最も前向きな
》経済ニュースだ。
》雇用の減少幅が小さくなり、平均賃金も上げた。
》失業率が前月比で下げに転じたのは1年超ぶりだ。
》景気後退局面は、足元の7~9月期で終わる可能性が高い。
》米議会が自動車の買い替え補助制度の拡大を決めたことなども
》景気押し上げ要因になる。
》米企業も生産拡大への動きを見せ始めている。
》ただ、景気が底打ちしてから労働環境が改善するまでには、
》1年ぐらいかかるだろう。(22:34)

過去に行った予想で、
今後の市場予想など(2008年9月中旬)←まだ良い方の予想
今後の市場予想など(2008年9月下旬~10月上旬)←厳しい予想
まだ良い方の予想に近いか?
債券型の投資信託であるダイワ・グローバル債券やワールドプライムは
2月が大底で、世界の株式市場はやや遅れて3月が大底だったようだ。
各国の経済対策と企業努力でようやく経済が上向き始め雇用も少しずつだが
増え始めたのだろうか?
もしかして少しは楽観しても良いのかな?

そうは言っても、相変わらず雇用環境は厳しいわけでサブプライム問題の
余波が秋頃に発生することが懸念されています。
そういうわけで、まぁ とにかく、気を抜きすぎないようにはしようと思う。

2009年8月 6日 (木)

政府の政策への意見などのまとめ

政府の政策に対する意見などです。
自治体なども含みます。

教育と体罰と躾
   (2006/11/04)
   子供というのは、少しは痛い目を見ないと懲りませんしね。

5000万件に及ぶ不明年金問題と朝ズバ
   (2007/06/01)
   テレビでやっていた不明年金問題

自転車の3人乗り問題について
   (2008/03/07)
   解決方法の提案

民主党への政権交代後の株取引の増税について
   (2009/08/06)
   政権交代後の株取引の増税に対する意見

普天間移設問題で政府へ提案
   (2010/05/23)
   民主党政権の普天間移設問題への対応に対する意見

口蹄疫で農水副大臣が暴言
   (2010/05/24)
   もっと言葉を選び慎重に発言して欲しいものです。

例の漫画規制の話。
   (2010/12/14)
   本当に慎重に運用して欲しいものです。

ヒマワリで放射能汚染を除去の記事
   (2011/03/24)
   本当に何とかして放射能汚染を除去して欲しいです。

大震災被災地復興財源と増税
   (2011/04/24)
   大震災被災地復興財源の確保は大切だけど節税も重要。

TPPについて思うこと。
   (2011/11/13)
   今後の日本にとって重要な政策です。

民主党と年金保険のこと。
   (2012/02/07)
   今後の年金保険の政策について。

TPPとEPAについて思うこと。
   (2013/03/30)
   今後の日本にとって重要な政策です。

メールの送付先は、政府意見まとめ記事の下部に記載してあります。

民主党への政権交代後の株取引の増税について

証券税制についての私の考えを文章に書いて民主党にメールを出しました。
以下の文章がそうです。
皆さんも何かしら思うものがあれば政府や政党にメールを出してみては
いかがでしょうか?

************************************************************
政権交代後の株取引の増税について

私は心臓を壊して以来 無理な仕事はできず、
収入の半分は株取引と投資信託で家族を養って
います。
(総収入は中小企業の普通のサラリーマンと
同程度です。)
民主党政権では株式譲渡所得税が20%どころか
30%にするかもしれないと聞きました。

世界の株式市場の景気が良ければ税率20%でも
OKですが、不景気の今は収入が少なく10%の
税金でもつらいです。
まだ2~3年は証券優遇税制を続けて欲しいです。

それと世界の景気の回復後は税率20%でOK
ですが、税率30%は厳しく思います。
億単位で儲けてるような人は税率30%以上で
良いでしょうが、個人投資家の大半は億どころか
数千万円でも儲けるのは非常に難しいです。
ただ目標として1000万円単位で儲ける夢も
欲しいです。
ですから、年間利益5000万円までは税率20%に
とどめて欲しく思います。

5000万円超えの儲けなんてスーパーサラリーマン
でも難しい夢の夢でしょうから、5000万円超えの
儲けは税率30%以上でもいいと思います。

それと株取引をしやすいように銀行や証券会社で
やっている「特定口座の源泉徴収あり」は
絶対に無くさないで欲しいです。
これがあると無いとでは株取引のしやすさが
天と地ほど違うからです。

また、「特定口座の源泉徴収あり」は使い方に
よっては少しは税金や社会保険料を節約することも
可能でして、これが無くなると増税や負担増に
なって生活が大変なので、そういう意味からも
「特定口座の源泉徴収あり」を無くさないで
欲しいです。

今度の総選挙では民主党に、末松義規氏に投票
しようと考えています。
ひばりヶ丘駅前で数度にわたり実際に会い固い
握手をしてくれて非常に好感を持っているからです。
ですが増税で生活が厳しくなるのでは意味が
ありません。
ぜひとも上記意見を検討することをお願いします。
************************************************************

以上です。
メールの送付先は、政府意見まとめ記事の下部に記載してあります。

参考
グーグルでの検索結果

ヤフー知恵袋の記事
民主党は株の投資利益に30%の課税を画策している
というのは本当ですか?

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ