コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« プリウスとサニーやティーダの燃費の比較 | トップページ | 今日の気になる記事 »

2008年12月 5日 (金)

商品先物取引で商品の値段の下落(2008年)

1990年代の原油やゴールドの値段の推移をFutureSource.comで見てみると、
かつての平均価格は、原油は20ドル、ゴールドは400ドル。
穀物類は本家CMEもFutureSource.comでも2001年からのデータしか
ないが、2007年までコーンは平均250セント程度だったようだ。
そして現在の不景気からすると、原油約44ドル→20ドル、
ゴールド約770ドル→400ドル、コーン約330セント→250セントと
まだまだ大きく下げる余地はあるように思われる。
それを考えると、商品先物取引関係に投資するのは まだ非常に危険に思う。

« プリウスとサニーやティーダの燃費の比較 | トップページ | 今日の気になる記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674640

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物取引で商品の値段の下落(2008年):

« プリウスとサニーやティーダの燃費の比較 | トップページ | 今日の気になる記事 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ