コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 今日の気になる記事(30日) | トップページ | サブプライム問題とCDS問題について »

2008年10月 1日 (水)

サブプライム問題のあとに控えるCDS問題

10月8日号のニューズウィークに米国経済に関して金融派生商品の
クレジットデフォルトスワップ(CDS)が特集されている。
ざっと読みネットでも確認したところ、CDSとは金融機関の企業への融資
などに対して、債務不履行時の元本と利子の支払いを保証するものらしい。
その市場規模は62兆ドルにもなるという。
保険会社のアメリカンインターナショナルグループ(AIG)もCDSを
売ることで住宅ローンの保証も始めCDSの保証残高は4400億ドルまで
達していたが、投資銀行や保険会社に対して保証していた140億ドルの
CDSの支払いに行き詰まり米国政府に救済されたらしい。
米国政府がAIGを救済した理由は、AIGはCDS市場において非常に
重要な保険会社らしく、AIGが債務不履行になると大きな混乱を引き起こす
可能性が高いためのようです。
このようにCDSは大きな混乱を生む要素を持っており、CDSを販売している
金融機関が破綻すれば、当然 個人・機関投資家や金融機関も大損失を被る
だろう。
事実、AIGもそれを防ぐために米国政府が救済したのだから。
このCDSを販売している金融機関の破綻が続出すれば、日本のバブル崩壊を
超える経済崩壊が米国を襲う可能性があるらしい。
それがCDS問題であり、問題の顕在化直前にあります。

サブプライム問題はこのような深刻な問題を未だ秘めていた。
サブプライム問題に関しては政策金利や借金借り換えや他の関連政策
ばかりを注目するのではなくCDS関係のニュースにも注目する必要が
あると思う。
そして我々も対策を講じておく必要があるのではないかと思う。

« 今日の気になる記事(30日) | トップページ | サブプライム問題とCDS問題について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674703

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライム問題のあとに控えるCDS問題:

« 今日の気になる記事(30日) | トップページ | サブプライム問題とCDS問題について »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ