2ちゃんねる関係

« 今日の気になる記事 | トップページ | 米国の金融安定化法の内容の補足 »

2008年10月 9日 (木)

証券優遇税制の延長や拡充について

証券優遇税制についての私の考えを文章に書いて政府や政党にメールを
出しました。
以下の文章がそうです。
皆さんも「源泉徴収ありで確定申告不要」の維持のため政府や政党に
メールを出してみてはいかがでしょうか?

************************************************************
証券優遇税制の配当益300万円まで非課税について

300万円までの配当益は非課税になるようですが、
確定申告となると国民健康保険料が大幅に増える可能性もあるし、
素人に確定申告は手間も掛かりすぎます。
国民健康保険料が大幅に増えた場合、逆に増税のような状況になることも
考えられます。
私などは心臓を悪くし退職して、投資での収入を生活費にしているため
国民健康保険料が増えるのは困るので、非常に切実です。
ぜひとも源泉徴収だけで確定申告不要の継続をお願いします。

また、配当益300万円以上はどのような税率になるのかもテレビや
新聞では報道されてません。
そこで、現行の投資信託や株式の譲渡益や配当益は税率10%で源泉徴収
だけで全てが済んで確定申告は不要という制度を延長し、
あとから確定申告することで300万円まで配当益は非課税の方を
選択し、既に払った税金が戻ってくるようにも出来るというような
仕組みにしてもらえると嬉しいです。
これなら確定申告漏れも無くて安心ですし、300万円まで配当益は
非課税の恩恵を受けたい人は受けられます。
ぜひとも検討お願いします。
************************************************************

上記の「心臓を悪くし退職して」というのは持病の心房細動や心拡大の
ことで、簡単な説明上そう書きました。

以上です。
メールの送付先は、政府意見まとめ記事の下部に記載してあります。

« 今日の気になる記事 | トップページ | 米国の金融安定化法の内容の補足 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674689

この記事へのトラックバック一覧です: 証券優遇税制の延長や拡充について:

« 今日の気になる記事 | トップページ | 米国の金融安定化法の内容の補足 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ