コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 政府が証券優遇税制の延長を検討 | トップページ | 不良資産を買い取る米国の法案が上院に続き下院で可決 »

2008年10月 3日 (金)

米国や欧州で次に起こることは?

不良資産を米国政府が金融機関から買い取ったとしても、次に資本不足の
懸念が起きるのでは?
それで、株式を買い取るような形で資本金に公的資金の投入(注入)が
行われるのではという気がします。
今後、AIG以外にも事実上の国営化が行われる金融機関が出てくるのでは?

リーマンブラザーズが破綻(リーマンショック)した頃より、欧州の金融危機に
関するニュースも目立つようになったので、欧州でも同様の対策を講じないと
危ないかも。

参考
私が書いた記事
米国の金融安定化法の内容の補足(2008/10/09)
G7の記事(2008/10/11)
欧州で公的資金投入の記事(2008/10/14)
日米で公的資金投入の記事(2008/10/14)

« 政府が証券優遇税制の延長を検討 | トップページ | 不良資産を買い取る米国の法案が上院に続き下院で可決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674697

この記事へのトラックバック一覧です: 米国や欧州で次に起こることは?:

« 政府が証券優遇税制の延長を検討 | トップページ | 不良資産を買い取る米国の法案が上院に続き下院で可決 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ