コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の30件の記事

2008年9月30日 (火)

今日の投信の基準価額

ダイワ・グローバル債券
   基準価額9022円 前日比-387円
ワールドプライム
   基準価額8827円 前日比-350円

りそなBRICsプラス
   基準価額6528円 前日比-799円
   (今日追加購入分約定、約14万8500口)

シュローダーBRICs株式
   基準価額6210円 前日比-871円
MENA
   基準価額8191円 前日比-46円

やはり3桁の下げ行きましたね。
解せないのはMENA。
普通の国外投資投信は前営業日の相場が基準価額に反映されるのだが、
MENAは何か違う部分があるのか?
まぁ、いずれにしても一般的には今回の米国株式市場の大暴落は大きな
ショックだったのでしょうね。
でも、りそなBRICsプラスの追加購入では逆に幸運だったかな?

しかし、今回の米国株式市場の大暴落は何と言う名前になるんでしょうね。
金融安定化法案否決ショック? 2008年版ブラックマンデー?
ブラックマンデーとは言っても、昔のに比べると下落率はかなり低い
ようで、さほど大きく騒ぐほどでもないのかも?
ブラックマンデーは下落率22.61%、今回は下落率6.98%。

2008年10月8日追記
今回の大暴落は「法案否決ショック」と言うのが多いようです。
あと、9月15日のリーマンブラザーズの破綻は「リーマンショック」と言うのが
多いようです。

今後の市場予想など(2008年9月下旬)

2008年10月25日改訂版(3カ国で国家破綻危機問題追加)
今年9月15日に米国のリーマンブラザーズが破綻(リーマンショック)したこと
から世界の株式市場は大きく下げて、欧州の金融危機に関するニュースも
目立つようになる。

私が書いた記事
不良資産を買い取る米国の法案が下院で否決

上記の記事で書いたように、今年9月29日に不良資産を買い取る米国の
法案が下院で否決されたことにより世界市場が大きく悪化した。
その後可決されるが既に遅く、法や政治への不信が強く混乱が深くなった。
ただし、この法律では金融機関の資本金に公的資金の投入(注入)が可能
なっているらしく、世界市場を少しは改善できる可能性がある。
この不良資産を買い取る米国の法案とは金融安定化法案のことであり、
可決されたあとは金融安定化法となっています。

今年10月頃より注目され始め同月中旬には雑誌で特集が組まれるなど、
米国のビッグ3の破綻危機問題が注目されており問題の顕在化直前に
あります。
今年10月頃より注目され始め同月下旬には新聞で特集が組まれるなど、
3カ国で国家破綻危機問題が注目されており問題の顕在化直前にあります。
今までよりも更に景気の見通しが厳しくなり、回復の遅れが懸念されます。

昨年11月2日のスチール米財務次官の、今後18カ月間は不動産の
差し押さえが高水準で推移するという発言から、不動産の差し押さえが続き
米国の不景気に拍車を掛け生活水準の低下が予想される。

今年1月末に雑誌で読んで知ったモノライン問題と、今年10月初めに
雑誌で読んで知ったCDS問題
モノライン保険を扱うモノライン保険会社が業績悪化に苦しんでいて、
CDSを販売している金融機関も業績悪化に苦しんでいる。
このまま欧米でサブプライム問題で大きくて有効な救済策が実行され
なければ、問題が顕在化し破綻により更なる大きな混乱を起こすことが
予想される。

今年8月6日に、米国格付け会社のS&Pが住宅価格の下落は
2010年に底を打つ可能性が高いというレポートを出しています。
もしも米国の景気が住宅価格と密接な関係にあるとすると、米国の
不景気は2010年まで続く可能性が高いように思います。

今後の市場の見通しとしては、不良資産を買い取る米国の法案が下院で
否決されたことにより世界市場が大きく悪化し、その後可決されるが
既に遅く、法や政治への不信が強く混乱が深くなったことに加え、
米国のビッグ3の破綻危機問題や3カ国で国家破綻危機問題が注目
されており、悪い方向へ大きく動く可能性が出て不景気が長引く可能性が
あると見ています。
欧米でサブプライム問題で大きくて有効な救済策が実行されれば、
前回の予想通り来年春終わり頃から少しずつ世界経済が回復して行く
でしょうが、大きくて有効な救済策が実行されずこのまま放置され冬を迎える
ようであれば、米国の住宅価格の下落が2010年に底を打つらしいので、
それまでは上げたり下げたりの展開で、2010年終わり頃から少しずつ
世界経済が回復して行くことになる可能性が高いのではと思います。

以上は世界の市場の動きやニュースを見ての個人的な予想です。
真に受けず、あくまでも参考の1つとして下さい。
これで損をしたとしても、私は責任を負えません。

参考
私が書いた記事
私が書いた2008年9月の記事全般
私が書いた2008年10月の記事全般

不良資産を買い取る米国の法案が下院で否決

日本経済新聞の記事
NY円、大幅続伸 1ドル=104円10―20銭、金融安定化法案否決

》【NQNニューヨーク=横内理恵】29日のニューヨーク外国為替市場で
》円相場は大幅続伸。
》前週末比1円85銭円高・ドル安の1ドル=104円10―20銭で取引を終えた。
》金融安定化法案が下院で否決されたことなどから米金融システムや
》景気の先行き不透明感が強まり、リスク回避目的の円買いが膨らんだ。

ダウ平均過去最大の下げ、777ドル安 金融安定化法案否決で

》 【ニューヨーク=山下茂行】29日のニューヨーク株式市場では
》ダウ工業株30種平均が前週末比777ドル68セント(6.98%)安の
》1万365ドル45セントで取引を終え、史上最大の下落幅を記録した。
》成立が間近だと期待されていた金融安定化法案を米下院が否決。
》金融システム不安により景気悪化が深刻化しかねないとの危機感が強まった。
》金融株以外の業種にも投げ売りが広がるほぼ全面安の展開で、米政府は
》何らかの対策が避けられない情勢だ。

NY原油急落 10ドル超下げ、一時95ドル台

》 【シカゴ=毛利靖子】29日のニューヨーク原油先物相場は一時、
》1バレル95ドル台まで急落し、17日以来の水準まで下げた。
》欧米などの金融市場の混乱が長引き、燃料需要が一段と冷え込むとの
》懸念が強まった。
》米株式相場の急落で痛手を被った投資ファンドが、換金目的で原油の
》持ち高を圧縮していることも下げを加速した。

やりやがったよ… 米国の下院が。
おかげで今日約定のりそなBRICsプラスの追加購入分を大幅に安い基準価額
で買えるでしょうけど、このままだと2010年まで、まだ2年間も不景気が長引く
可能性も高くなったと思う。
何とか代案をまとめて遅くとも来週中には可決してくれ!
米国政府さん!

2008年9月29日 (月)

今日の気になる記事

日本経済新聞の記事
独金融機関、不動産金融に緊急融資
英中堅銀B&B国有化へ 英メディア報道

ロンドン株10時 大幅続落 銀行株が安い

》 英中堅銀行のブラッドフォード・アンド・ビングレー(B&B)が
》一時国有化されることが決まったが、英国の金融システムに対する
》投資家の不安感は強まっており、銀行株が急落している。

その他 世界的な景気減速懸念とかで原油など商品先物取引関係も下落
している様子。

これらのせいで、29日夜10時現在、全般的に円高で世界同時株安になって
いるのか?
でもまぁ、おかげでりそなBRICsプラスを予想以上に安い基準価額で買えそう
ですが(苦笑)

りそなBRICsプラスを追加購入

不良資産買い取りで公的資金約75兆円投入の米国の金融安定化法案が
今月中にも決まりそうで、もし決まるとその後株価が上がることも予想されます。
今は投信の基準価額が安くなりすぎるくらい安くなっちゃって、まるで投信の
バーゲンセール中のような状況ですし、その中でも もしかしたら今が安く買える
チャンスかもしれないので、余裕資金の半分の10万円ほど購入の申し込みを
しました。
火曜日の基準価額での購入になります。

先週末は株式も為替レートも下げたので月曜日は基準価額が下がるはず。
29日に米国で可決するとしても、29日のアジアや欧州での市場は閉じたあとで
インドや中国やロシアの市場は様子見の横這いの可能性があるとすると、
上げるのはブラジルの市場くらいなもの?
あとは為替レートの影響くらいなもの?
月曜日は下げて 火曜日は月曜日下げた分+少々の上げくらい?

そういうわけで、出来れば基準価額が7600円以下で追加購入を狙ってると
いった感じかな?
今まで160万円ほど突っ込んでて元本より3割ほど下落してるので、安い
基準価額で買うことで元本の平均値を少しでも下げる狙いもあります。
上手く行って安く買えると良いなぁ(^_^;)

2008年9月28日 (日)

今日のキャアちゃん

Img_1296 Img_1295 Img_1297
相変わらず、私の古ジーパンを寝床にしてます(苦笑)

不良資産を買い取る米国の法案がようやく決まるか?

日本経済新聞の記事
米、最大75兆円の不良資産買い取り案を議会に提示(2008/09/21)

》 【ワシントン=大隅隆】米財務省は20日、公的資金による不良資産
》買い取り案を議会に提示したと発表した。
》買い取り規模は最大7000億ドル(約75兆円)で総合的な金融安定化策の
》最大の柱となる。
》米政府は週内決着をめざしているが、議会では借り手支援拡大などを
》求める声も浮上している。

米金融安定化法案、政府・議会が大筋合意 公的資金を分割投入(2008/09/28)

》 【ワシントン=大隅隆】米政府と議会は28日未明、金融安定化法案を
》巡る修正協議で大筋合意した。
》合意は
》(1)公的資金7000億ドルを議会が数回に分けて分割承認
》(2)利用する金融機関幹部の報酬を制限する
》(3)公的資金運用監視のための第三者機関創設――などで構成。
》28日に発表する見通し。
》上下両院での議決を経て大統領が署名、法案は月内に成立する見通し。

産経新聞の記事
米下院大筋合意 金融安定化法案28日中に正式発表へ(2008/09/28)

》 【ワシントン=渡辺浩生】7000億ドル(約75兆円)を投じて
》金融機関から不良資産を買い取る金融安定化法案について協議していた
》ポールソン米財務長官とペロシ下院議長(民主)ら議会幹部は28日未明、
》記者会見し、大筋合意したことを明らかにした。
》東京などアジア市場の週明けの取引が始まる前の同日中に正式発表する
》見通しだ。

おお!(゜O゜; (゜゜)(。。)ウン(゜゜)(。。)ウン
19日に検討中のニュースが流れ、21日に日本経済新聞で
一番上の記事にある最高7000億ドルという、とんでもない規模の
公的資金投入の案のニュースが流れた。
この不良資産を買い取る金融安定化法案がようやく決まり動き出すか。
今月中って、残り2日間で法案可決?
思ってたより早いな。
日本とは違うな。(^_^;)

2008年9月26日 (金)

米国の大手銀行が破綻

日本経済新聞の記事
米貯蓄金融最大手が経営破綻 JPモルガンが銀行業務買収

》【ニューヨーク=松浦肇】預金量が全米6位で米貯蓄金融機関(S&L)
》最大手のワシントン・ミューチュアル(ワシントン州)が25日、経営破綻し、
》米大手銀JPモルガン・チェースが19億ドル(約2000億円)で銀行業務と
》支店網を即日買収し、全預金を引き継いだ。
》日本の預金保険機構にあたる米連邦預金保険公社(FDIC)など金融当局が
》発表した。
》ワシントン・ミューチュアルは信用力の低い個人向け住宅融資
》(サブプライムローン)を中心に住宅ローンを拡大してきたが、
》財務内容が悪化していた。

w(゜O゜)w...ガーン
う う~む、やはりサブプライム問題関係だったか。
はよ、落ち着いて欲しいものだ。

そういえば、AIGの投資信託も取り引きが一時停止になってたな。
既に取引再開になっているが。

2008年9月27日追記
大和証券投資信託委託でワシントン・ミューチュアルを含む投信の公表。
ワシントン・ミューチュアルの保有状況について

2008年9月25日 (木)

SAPIOのインタレストオンリーローンの記事

最初SAPIO(10/8号)の記事を鵜呑みにして昨日の記事で新たに
インタレストオンリーローン問題が顕在化直前のように書いたが、
SAPIOの記事は取材不足のようでサブプライムローンとは別のように
書いてあったが、実際はインタレストオンリーローン(IOローン)は、
サブプライムローンを含めた各種住宅ローンの選択肢の1つというのが
真実の様子。
そのため昨日書いたIOローンの記事を書き直しました。
「今後の市場予想など(2008年9月中旬)」にもIOローンについて
書きましたが上記の理由から削除して、折角なので少し書き直しました。

2008年9月24日 (水)

サブプライム問題とインタレストオンリーローン(IOローン)

サブプライムローンとは、優良顧客(プライム層)向けではない、信用力の
低い人向けの住宅ローンのことです。
サブプライムローンの多くは、最初の数年間はティーザー金利や変動金利型の
住宅ローンによる低金利での返済になり、低金利期間が終了すると高金利での
返済になります。

住宅ローンの一種にインタレストオンリーローン(IOローン)があります。
基本は、満期までの間の毎月の返済は利子だけで、満期になったら元本を
一括して返済するというものです。
利子だけの返済は最初の3~10年だけで、その後は利子に元本を上乗せ
して返済する場合もあります。
満期になったときに住宅価格が上がっていれば住宅を売却して儲けられる、
低金利と住宅価格の上昇を前提とした投資的性格の強い住宅ローンです。
IOローンはサブプライムローンを含めた各種住宅ローンの選択肢の1つ
でして、幅広く普及していることから更に事態が複雑になっているようです。
サブプライムローンでのIOローンは、利子だけの返済は最初の3~10年が
多いようです。

米国での住宅価格の上昇は2006年以降急速に鈍化し下落しており、
S&Pは2010年に住宅価格の下落は底を打つと予想しています。
こういう状況ではサブプライムローンの焦げ付きが予想されます。
米国の住宅ローンはノンリコースローンで、購入した住宅を手放せば
借金は残らない仕組みです。

消費者が投資目的で各種住宅ローンを利用していたとすれば自宅は別に
あることも予想され、借金は購入した住宅を手放せば済むので混乱は
少ないと思います。
消費者が自宅購入が目的でサブプライムローンを利用していたとすれば、
低い金額の返済期間が終わったあと返済が難しくなり、自宅を失う人が
いるだろうと思います。
サブプライムローンを販売していた金融機関では住宅を差し押さえても
住宅価格の下落により損失が出るわけで、サブプライムローンは債券に
組み込まれて世界中の金融機関に販売されており、サブプライムローンの
不良債権化でサブプライムローンを組み込んだ債券の価値が下落します。
これらにより金融機関の業績は悪化して苦しむことになります。
このサブプライムローンによる、借金で自宅を失う・住宅価格の下落での
損失・不良債権化で債券の価値の下落・金融機関の業績悪化が
サブプライム問題です。

米国での住宅価格の上昇が2006年以降急速に鈍化するとサブプライム
ローンの延滞率が目立って上昇を始め、サブプライムローンを販売していた
金融機関の資金繰りが悪化しました。
そして、2007年2月末に米国でサブプライム問題により不動産バブルの
崩壊が起きたのです。
その規模の大きさや複雑さから、サブプライムローン以外の各種住宅
ローンやモノライン保険会社やCDSを販売している金融機関への問題の
波及も懸念されています。

サブプライム問題の解決策が、サブプライム問題に関係している消費者や
金融機関の救済に繋がると良いのですが、なかなか難しいようですね。

参考
ウィキペディアでサブプライムローンを説明の記事
グーグルで「サブプライム ティーザー "変動金利"」を検索
グーグルで「インタレストオンリーローン」「IOローン」を検索

2008年9月22日 (月)

今日の投信の基準価額

主なお勧め投信
ダイワ・グローバル債券 9400円 前日比+179
ワールドプライム 9162円 前日比+59 分配金80円 実質+139
りそなBRICsプラス 7618円 前日比+701

リスクが高いので参考にしてるだけの投信
シュローダーBRICs株式 7272円 前日比+835
MENA 8298円 前日比+474

いやはや、りそなBRICsプラスの前日比+701は本当に想定外で
非常に驚きでした。
だって単純計算でたった1日で1割も上がったのですから。

2008年9月21日 (日)

サブプライム問題とモノライン問題について

モノライン保険会社とは、主に地方債など信用力の比較的高い
債券への保証を行う保険会社のこと。
詳細は、ウィキペディアの記事を見てください。

私がサブプライム問題のあとに控えるモノライン問題について
具体的に書いた記事。
サブプライム問題のあとに控えるモノライン問題
サブプライム問題解決へ、ようやく本格的に少し前進か?

今年1月末に雑誌で読んで知ったモノライン問題。
サブプライムローンを組み込んだ債券などを保証するモノライン保険会社が
業績悪化に苦しんでいて、問題の顕在化直前にある。
2008年9月中旬現在、具体的な救済の進行は無い様子。
まぁ、サブプライム問題の解決がモノライン保険会社の救済に繋がるのかも
しれませんが。

2008年9月19日 (金)

最近の気になる記事

日本経済新聞の記事
米、不良資産買い取り検討 金融安定へ新機関も視野
英FSA、金融株の空売りを一時禁止 09年1月16日まで
外為12時・円、3日続落し106円台後半――1週間ぶり107円台も
米国株急反発、ダウ410ドル高――政府の不良債権買い取り案期待で
東証後場寄り・高値圏で推移――円安進行で輸出株などに買い
NY原油小幅続伸、終値97.88ドル 一時102.24ドルまで上昇
NY金大幅続伸、終値897.0ドル 「安全資産買い」続く

朝日新聞の記事
ロシア株式市場、金融混乱で取引ストップ

毎日新聞の記事
ロシア:全金融商品の取引中止を命じる 株下落止まらず

日本経済新聞の記事
ロシア、株買い支えに2兆円 緊急市場安定化策を発表

ロイターの記事
ロシア政府が株価安定策に約200億ドル拠出、株式市場は19日再開へ

米国の不良資産買い取り検討、英国の空売り規制、ロシアの市場安定化策、
これらで市場は現在は良い感じのようですね。
あとは本当に米国の不良資産買い取りが実現するか否かですね。
実現すれば、もう少し穏やかな市場になりますかね?

19日夜追記
日本経済新聞の記事
米SEC、空売りを一時禁止 799金融機関の株式が対象
FRB、新たな資金供給策を発表
米、金融安定へ総合対策 公的資金「数十兆円」、貯蓄型投信を保護

2008年9月17日 (水)

EOS5Dマーク2発表!

きになったコトの記事
キヤノンEOS 5D Mark II HD動画機能搭載で発表!

Impress Watch Headlineの記事
キヤノン、フルサイズセンサー搭載の「EOS 5D Mark II」

ITmediaの記事
キヤノン、フルHD動画対応の35ミリフルサイズ機「EOS 5D MarkII」

ついに発表ですね。
かなり気になります。

今後の市場予想など(随時改訂版)

私が書いた今後の市場予想の記事
今後の市場予想など(2008年9月中旬)
今後の市場予想など(2008年9月下旬)
今後の市場予想など(2010年6月中旬)
今後の市場予想など(2011年6月下旬)

補足として私が書いた記事
日本と世界のバブル崩壊の歴史の簡単なメモ(随時改訂版)
サブプライム問題と関連問題のまとめ
米国や欧州で次に起こることは?
商品先物取引で商品の値段の下落(2008年)
米国の雇用環境に改善の動きが?
ユーロ圏の財政赤字の問題(ユーロ危機)のこと
欧州新興国とPIIGSとダイワ・グローバル債券
今頃になってハンガリー危機で騒いでもね…
ユーロ圏が崩壊する可能性や噂について
注意すべきものにSTUPIDというのがあるらしい。
2011年の大震災で書いた記事のまとめ
今日の気になる記事(米国がデフォルト(債務不履行)の可能性関係)
今朝の気になる記事(ギリシャがデフォルトの可能性関係)
今、政治や経済で心配に思うこと。
今日の気になる記事(ギリシャへ融資されるが危機続く)
今後注目される新興国
米国のデフォルト関係の記事と思うこと。
ギリシャが最低の格付けに。(ギリシャが事実上のデフォルト)

上記は世界の市場の動きやニュースを見ての個人的な予想です。
真に受けず、あくまでも参考の1つとして下さい。
これで損をしたとしても、私は責任を負えません。

今後の市場予想など(2008年9月中旬)

2008年10月1日改訂版(CDS問題追加)
昨年11月2日のスチール米財務次官の、今後18カ月間は不動産の
差し押さえが高水準で推移するというのが落ち着けば、少しずつ
米国経済が回復に向かい世界経済も回復に向かうとすれば、
その18カ月後が来年春なので、それまでは市場は上がったり
下がったりが続き、来年春終わり頃から少しずつ世界経済が回復して
行くのではと思います。

今年1月末に雑誌で読んで知ったモノライン問題と、今年10月初めに
雑誌で読んで知ったCDS問題
モノライン保険を扱うモノライン保険会社が業績悪化に苦しんでいて、
CDSを販売している金融機関も業績悪化に苦しんでいる。
モノライン問題では、2008年9月中旬現在、具体的な救済の進行は
無い様子。
CDS問題では、2008年10月上旬現在、AIGに対して米国政府による
救済が行われたが今後の具体的な救済の進行は不明。
まぁ、サブプライム問題の解決がこの2つの問題での救済に繋がる
のかもしれませんが。

今年8月6日に、米国格付け会社のS&Pが住宅価格の下落は
2010年に底を打つ可能性が高いというレポートを出しています。
もしも米国の景気が住宅価格と密接な関係にあるとすると、米国の
不景気は2010年まで続く可能性が高いように思います。
そうは言っても、その前に不動産の差し押さえが落ち着けば不景気感が
薄れ、雇用や収入が少しずつ上向いて景気は徐々に回復して行くように
思います。

今後の市場の見通しとしては、おおよそは予想通りといった感じです。
よほど大きな何かが起きない限りは、予想に大きな変化は無いでしょう。
来年春までは上げたり下げたりの展開で、来年春終わり頃から少しずつ
世界経済が回復して行くのかなという感じで、今年の3月時点の予想や
7月時点の予想と大きくは変わってないです。

原油の値段も9月中に90ドル以下に下落するかもという勢いです。
適正価格は70~80ドルらしいのですが、そこまで下がってくれるでしょうか?
下がってくれれば、消費国の経済を支える縁の下の力持ちになってくれると
思うのですが。
などと書いたら、9月下旬時点で100~110ドルまで上がってしまった…
まぁ、以前よりは安いですけどね。

以上は世界の市場の動きやニュースを見ての個人的な予想です。
真に受けず、あくまでも参考の1つとして下さい。
これで損をしたとしても、私は責任を負えません。

参考
私が書いた記事
私が書いた2008年9月の記事全般
現時点での市場回復の予想(2008/03/18)
今後の市場予想など(2008/07/10)
ネットで見た市場関係の記事と今後(2008/08/07)
米国のリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破綻(汗)(2008/09/15)
米国のAIGも危ない?(2008/09/16)
嫌なニュースが続きますね。(2008/09/16)
米国/AIG救済と政策金利据え置き(2008/09/17)
最近の気になる記事(2008/09/19)

米国/AIG救済と政策金利据え置き

日本経済新聞の記事
AIG救済、9兆円融資 米政府が株式79.9%取得
米、政策金利を据え置き 「金融市場の緊張高まる」

う~む どうだろうか?
とりあえず緊急手術は終わったっていうところか?
まだしばらくは緊張が続く?

リーマンによる日本の銀行の損失

フジサンケイビジネスアイの記事
リーマン破綻・メリル合併・AIG増資難航 サブプラ問題波及

日本の8大銀行グループのリーマンとの関連取引
   現時点判明分3000億円規模、関連損失額最高約1300億円

三井住友フィナンシャルグループ
   債権額約1020億円のうち損失額100億円程度
あおぞら銀行
   関連取引約580億円のうち損失額約26億円以下
三菱UFJフィナンシャルグループ(三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行)
   社債や貸し出し計244億円の取引残高
りそなホールディングス(りそな銀行)
   貸し出し200億円
みずほフィナンシャルグループ(みずほ信託銀行)
   与信関係費用積み増しで9月中間期利益予想210億円→90億円
   与信回収不能約118億円で業績下方修正

》 リーマンの破綻に伴う邦銀への直接的な影響は今のところ限定的だが、
》米国発の金融危機は世界規模で広がっており、「10年前の日本の金融
》危機より事態は深刻」(大手行幹部)。

よく利用しているりそな銀行もやはりリーマンに貸し出してたか(-_-;
昔の日本のバブル崩壊よりも世界的な被害は大きくて当然?

2008年9月16日 (火)

今日の投信の基準価額

2008年9月16日の基準価額
ダイワ・グローバル債券
   8990円 前日比-176円
ワールドプライム
   8913円 前日比-146円
りそなBRICsプラス
   6981円 前日比-370円
MENA
   8130円 前日比-544円

やはり原油の値段の下落+円高でMENAの下落が凄いですね。
ダイワ・グローバル債券とワールドプライムの基準価額の差が小さくなってきた。
りそなBRICsプラスは新興国投資だから、こんなものか?

しかし、凄いな。→MENA

嫌なニュースが続きますね。

投資をしていると、ついついニュースを見てしまいます。
それで、直近の良いニュースと言えば原油の値段の下落。
今朝は91ドル台に下落してました。
来年どころか今月中に90ドル以下に下落する?
適正価格は70~80ドルらしいので、そこまで下がってくれるでしょうか?
下がってくれれば、消費国の経済を支える縁の下の力持ちになってくれると
思うのですが。

これ以上、破綻は勘弁。

ついこの間、予想の記事書いたと思ったらリーマンの破綻にAIGの危機かよ(-_-;
全く、やれやれです。
3月時点の予想での懸念が現実化してしまいました。
この影響次第で来年春までに市場が落ち着くか否かが決まるのかな?
影響次第で回復の早さも変わるでしょうしね。
7月15日の記事でチラッと書いたように、懸念現実化の影響次第で
下手すれば来年いっぱいも世界市場の混乱が続く可能性があるので、今後も
世界経済のニュースに注目です。

中国とインド

米国ヘッジファンド会社経営者のブログの記事
中国とインドはGOOD TO GO!です

まぁ プロとはいえ的中率が高いわけでもないようで、変なヤジがコメント欄に
あったが、それは他のプロの方達もそうだし、こういったものは、あくまでも
参考程度というのが鉄則。
判断は自分で。

個人的には中国の利下げと原油の値段の下落が消費国の経済を支える
一因となることから、リーマンの破綻などの新興国への影響が大きすぎ
なければ、先進国よりも新興国の方が市場の回復は早いかもと考えてます。

それで、とりあえず月末にりそなBRICsプラスに5~10万円ほど突っ込もうか
どうか、検討中。
それとも税金や社会保険料の支払いを優先させちまうか?(^_^;)

米国のAIGも危ない?

日本経済新聞の記事
NY株急落、下げ幅一時340ドル超 リーマン破綻で

》流動性確保策などを15日にも発表する予定の米保険最大手
》アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)株は一時、
》10ドルの大台を割り込んだ。

米国株、急落で始まる ダウ300ドル安、リーマン破綻で・AIGなど大幅安

》米連邦準備理事会(FRB)に対し400億ドルのつなぎ融資を申請したと
》報じられた保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ
》(AIG)も47%安と急落。

産経新聞の記事
【米金融危機】ニューヨーク株価急落 リーマン破綻で金融市場混乱

》米保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の
》資本不足懸念が浮上し、売りが広がっている。

AIGも株価が暴落しており、2ちゃんねるの噂では明日にも破綻の危機?
まぁ、上記のような記事が流れているようでは、無理ないか?
しかし、リーマンといい、AIGといい、勘弁してくれ(+_+)/

2008年9月15日 (月)

米国のリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破綻(汗)

日本経済新聞の記事
米リーマン、経営破綻 破産法を申請
金融庁、リーマン日本法人に業務停止命令 26日まで
NY株急落、一時320ドル超下落 リーマン破綻受け

山一證券を思い出しますね。
過去の記事に書いてるように個人的な市場の予想では、来年春までは
上げたり下げたりの展開で、来年春終わり頃から少しずつ本格的に
回復して行くのかなと考えてましたが、思ってたよりもきついのでしょうかね?
投信メインの投資といえど、油断すれば大火傷を負いかねません。
これからも世界市場の動向や世界経済のニュースには敏感でないと
駄目ですね。

しかし、原油の値段は下がる一方で一時94ドル台。
中東に投資する投信を買わなくて良かったかも。
そうは言っても、BRICs系もロシアとブラジルという産油国が入ってるので
少し心配ですが。(^_^;)

参考
私が書いた記事
ネットで見た市場関係の記事と今後

2008年9月14日 (日)

自転車に衝突されそうになった。

今日、駅前の自転車置き場近くを通ったら、いきなり車道からベルを鳴らしながら
猛スピードで、歩道にいた私の目の前を掠りそうになりながら自転車置き場に
入っていった。
全くの減速無し!
あやうく怪我しそうになった(怒)
いい年したおっさんが、ふざけたことしてんじゃねえ!(怒)
いっぺん自動車に撥ねられて大怪我しやがれ!(怒)

参考
私が書いた記事「自転車と法律

歩行者妨害(歩行者への注意や徐行の怠り)
   3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

歩行者の通行を妨げるような場合の一時停止無視
   2万円以下の罰金

進路上に歩行者がいて邪魔だからベルを鳴らしてどかせる
   2万円以下の罰金

2008年9月 8日 (月)

今朝の市場

日本経済新聞の記事
米住宅公社を政府管理に 優先株購入枠、2000億ドル
日経平均、上げ幅400円超 銀行株高い
円、対ドルで大幅反落 東京市場108円台半ばで始まる

どうやらようやく重い腰を上げたか?
先日の下げを取り戻した?

2008年9月 7日 (日)

最近の市場や投信の下落

日本経済新聞の記事
米国株、ダウ急反落し344ドル安――ナスダックは74ポイント安、景気懸念で

》米雇用情勢や個人消費の弱さを示す材料などを受けて米景気懸念が強まり
》幅広い銘柄に売りが出た。

まだまだ米国経済は不安定なようで(-_-;
大統領選一般投票はウィキペディアの記事によると11月4日のようだが、
その後は安定に向かってくれるだろうか?
サブプライム問題での差し押さえなどは、昨年11月2日の
スチール米財務次官の発言では、今後18カ月間は不動産の差し押さえが
高水準で推移するとあり、その通りに進めば来年春には落ち着く可能性が
あるのだが、どうなるか?
新しい米国政府が良い施策をしてくれれば来年春に落ち着く可能性が高く
なると思うのだが…

2008年9月 6日 (土)

北朝鮮がテポドン発射準備?

夕刊フジの記事
北、テポドン発射準備か…米から通告、防衛省警戒態勢

》北朝鮮が、長距離弾道ミサイル「テポドン」の発射準備とみられる
》動きをしていることが6日、分かった。
》米国がテロ支援国家指定解除の手続きを延期したことなどへの
》報復行動とみられ、米国側から日本政府に通告があったという。
》防衛省は警戒態勢を取っている。
》北が自国の要求をゴリ押しするため、常套手段である「瀬戸際外交」を
》展開してきたようだ。

日本に落ちなければ良いが…

2008年9月 3日 (水)

今夜の市場

Usdjpy Eminisp500 Genyukakaku
左より米国ドル/円、S&P500先物、NY原油先物。
9/3 午前0時50分ごろのチャート。
今のところは悪くない感じ。
今後に注目?

しかし、ココログが色々仕様変更したらしいが、画像のポップアップの
仕様変更でバグが出たらしく、今はポップアップしないようにしているらしい。
勘弁してくれ~い(^_^;)

2008年9月 1日 (月)

福田首相辞任!

あのにっくき福田首相が辞任!(^o\)
次の首相は誰かな?
もっとも、総選挙になった方が良かったのだが。
ガソリンの暫定税率廃止と現在の証券優遇税制を、そのまま延長
もしくは恒久化をしてくれるなら、このまま自民党でもいいけどさ。
でも民主党の方が、この件に関しては期待できそうなので総選挙…
と思ったわけです。

しかし、これって一応、時代が動いたのかな?(笑)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ