コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 米国景気で今朝の気になる記事 | トップページ | りそなBRICsプラス組み入れ比率(2008年8月上旬) »

2008年8月 7日 (木)

ネットで見た市場関係の記事と今後

米国ヘッジファンド会社経営者のブログの記事
峠を越したインフレ

個人的には中国と産油国のバブルが弾けるのではと警戒しているが、
食料のインフレが収まる様子で、原油が150ドルを超えるような事態に
ならなかったのは良いとして、原油の値段が下降基調になってきているが
米国のガソリンの値段は大して下がる様子が無く、これでは米国内の
ガソリン需要が戻らないのではとのこと。
それで、BRICsでは金融関係や健康食品類関係などがお勧めだが
資源関係やインフラ関係などには近寄るなとのこと。
資源国への投資は避けて、特に中東関係はバブルが弾けるからやめろ
とのこと。

アクティブ運用で大胆に組み入れ比率を変更している信頼できる運用会社の
BRICs系の投資信託が良さそうですね。
そういう意味では、ドイチェのBRICs系の投資信託を保有しているが、選んで
損はしていないのかなと思う。
また、資源や中東関係は美味しい時期はやはり過ぎていたのかなと。
最近にぎやかだったからと急いで投資しなくて正解だったかな?
上記ヘッジファンド会社経営者の言葉を信じるならば、既に投資している人は
今のうちに売却すべきなんでしょうね。

それと昨日、米国格付け会社のS&Pが住宅価格の下落は2010年に
底を打つ可能性が高いというレポートを出しています。
もしも米国の景気が住宅価格と密接な関係にあるとすると、米国の
不景気は2010年まで続く可能性が高いように思います。
まぁ その前に住宅の差し押さえさえ落ち着けば世界市場の混乱も薄れ、
少しずつ世界経済が回復して行くのではと思いますが。

参考
私が書いた記事
産油国で原油増産実現なるか?
今後の市場予想など
米国景気で今朝の気になる記事

« 米国景気で今朝の気になる記事 | トップページ | りそなBRICsプラス組み入れ比率(2008年8月上旬) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674767

この記事へのトラックバック一覧です: ネットで見た市場関係の記事と今後:

« 米国景気で今朝の気になる記事 | トップページ | りそなBRICsプラス組み入れ比率(2008年8月上旬) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ