コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 庭仕事はきつい | トップページ | もしや膵臓に異常が? 新たな持病? その顛末 »

2008年7月10日 (木)

今後の市場予想など

今後の見通しとしては、おおよそは予想通りといった感じで、来年春までは
上げたり下げたりの展開で、来年春終わり頃から少しずつ本格的に回復して
行くのかなという感じで、今年3月時点の予想と大きくは変わってないです。

現状の懸念材料は原油を始めとする商品先物取引です。
現状のままでも来年には1バレル90ドルまで下がるだろうと言われてますが、
その前に150~200ドルまで上がるだろうと言われており、単純に原油の
値段がレギュラーガソリンに反映されると仮定して現状は1バレル140ドルだと
レギュラーガソリン180円で、1バレル150ドルだとレギュラーガソリン193円で、
1バレル200ドルだとレギュラーガソリン257円!
現在でさえ運送業で廃業や漁業で休漁があるというのに、レギュラーガソリンで
257円なんて行った日には日本経済は大打撃を受け、米国や欧州も大変な
ことになるのではという懸念を持っています。
商品先物取引での投資を監視や規制強化という話が出始めていますが、
さっさと進めて欲しいというのが本音です。
それと原油の値段が下がった場合、ロシアや中東の原油バブルが弾け、
石油マネーによる不動産バブルが弾けるのではないかという懸念もあります。
特にNHKのドキュメンタリーで見たドバイの不動産バブルは、豊富な石油マネー
により人口の数倍の不動産を建築し、投資による不動産転がしが行われており、
日本の不動産バブルと同じ現状です。
実際はどうか分かりませんが、ニュースに出ないだけでロシアや中東で
バブル弾け対策が練られており、バブルが弾けても大きな影響が世界に
広がらないことを願ってます。

« 庭仕事はきつい | トップページ | もしや膵臓に異常が? 新たな持病? その顛末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674786

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の市場予想など:

« 庭仕事はきつい | トップページ | もしや膵臓に異常が? 新たな持病? その顛末 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ