コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 昨夜の米国市場の動き | トップページ | 昨夜の米国政策金利とNYダウ »

2008年3月18日 (火)

現時点での市場回復の予想

色々と記事を読んでいたりメールでやり取りしていて市場について
考えてまして、現状での私の予想を稚拙ながらも書いて見ます。

現在の円高と下がり続ける株式市場が回復する要素については、
昨年秋より業界では米国政策金利が3.75%まで下がるのが
住宅市場の低迷脱却の目安と見られていたこと。
(政策金利については既にクリア済みですね。)
昨年11月2日のスチール米財務次官の発言では、今後18カ月間は
不動産の差し押さえが高水準で推移するとあり、来年春には落ち着く
可能性があります。
以上から、初夏までには大底に行き着いてある程度落ち着き、
来年春までは何度も大きく市場がゆらぎながらも徐々に回復して
行くか横這いで、来年春終わり頃から少しずつ本格的に回復して
行くのかなと予想しています。

懸念材料としては、金融機関の破綻がどれだけ出るかや、
サブプライムローンを組み込んだ債券などに対して債務不履行時の
元本と利子の支払いを保証する、モノライン保険を扱う
モノライン保険会社が業績悪化に苦しんでいて、問題の顕在化直前に
あるということ。
これらがどれだけの影響を世界の経済情勢に与えるかで、市場の
回復の早さも変わると思います。

2008年4月1日追記
3月14日の記事で、13日のものに追記したものの再掲載ですが、
以下のような記事もありました。

朝日新聞の記事
サブプライム損失、底打ち? 米大手格付け会社が指摘

日本経済新聞の記事
米国株反発、ダウ35ドル高――大幅安後、S&Pリポートなど受け買い戻し

ふ~む
昨年私が予想した記事がある程度当たってたのかな?
(もう1つの予想込みの記事、米財務次官の話など。)
これからの市場動向に注意かな。

« 昨夜の米国市場の動き | トップページ | 昨夜の米国政策金利とNYダウ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674835

この記事へのトラックバック一覧です: 現時点での市場回復の予想:

« 昨夜の米国市場の動き | トップページ | 昨夜の米国政策金利とNYダウ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ