2ちゃんねる関係

« ココログの「アカウントとパスワードを記憶する」の変な動作について | トップページ | 日本と世界のバブル崩壊の歴史の簡単なメモ(随時改訂版) »

2007年12月29日 (土)

信託銀行での投信の分別管理と「ほふり」について

大和証券と、りそな銀行で確認したのですが、
現在、販売会社では投資信託は倉庫役の「ほふり」を通じて管理
しているのだそうです。
正確には販売会社から信託銀行を経由して「ほふり」に預けてある
投信を管理しているということなのでしょうが。
全てがそうとは限りませんが、基本はそれで間違いないようです。
ですから、オンライン管理システムさえ何とかなれば、
りそな銀行でダイワ・グローバル債券やワールドプライムの売買も
出来るし、大和証券でブンさんやりそなBRICsプラスの売買も
出来るのだそうです。
つい最近になって初めて知りました。
どの解説書を見ても信託銀行で分別管理としか書いてないので、
てっきり「信託銀行の中」で銀行と顧客の資産を分けて管理してる
のかと思っていました。
でも信託銀行で管理といっても「分別管理」ですので、信託銀行と
「ほふり」をオンラインで繋ぎ、信託銀行から倉庫役の「ほふり」に
電子化された証券を預けて管理してもらってるということなのかな?
りそな銀行の担当者は、近い将来、どこの銀行や証券会社でも、
好きな投信の売買が出来る時代が来ますよなんて言ってましたが、
本当かな?(苦笑)
大和証券では管理システムが販売会社ごとに違うので難しいとは
言ってましたが、コンビニの端末でお金を下ろせる時代ですし、
りそな銀行の言うように やろうと思えば出来ないこともないような?
でも そうなったら嬉しいな。(^_^)
個性が無くなる気もするけどね。(^^;

参考
証券保管振替機構「ほふり」

« ココログの「アカウントとパスワードを記憶する」の変な動作について | トップページ | 日本と世界のバブル崩壊の歴史の簡単なメモ(随時改訂版) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674885

この記事へのトラックバック一覧です: 信託銀行での投信の分別管理と「ほふり」について:

« ココログの「アカウントとパスワードを記憶する」の変な動作について | トップページ | 日本と世界のバブル崩壊の歴史の簡単なメモ(随時改訂版) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ