コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 米国の経済指標悪化→市場は良い方向へ急上昇→FRB発言による | トップページ | サブプライムローンの金利凍結で合意へ »

2007年11月29日 (木)

今日の市場を見ての買いか否かの判断

住宅関係など各経済指標は駄目だよとしているがFRB発言や米国ドルの
下落しすぎとの市場判断から株価指数先物も急上昇し円安が急激に進行。
底と判断しヘッジファンドも買いに出てるのでしょうかね?
それとも一気に値上げ操作に出て高値で売り抜けるつもりか?
(ヘッジファンドによる罠か? だとすると急降下の可能性あり。)
底と判断しただけなら年内は上げ続けるか?
う~む 悩みますね?
とりあえず良い要素は少ないはずなので、罠の可能性もあるので、
余裕資金は100数十万円ほどあるけど虎の子だし、余裕資金の利殖の
ための新興国型の投信の買いは今回は見送ります。
(大して痛くない20万円程度の投資でも下げたらもったいない。)
(ここで買い逃しても、大損を避ける意味では間違いではないので。)

« 米国の経済指標悪化→市場は良い方向へ急上昇→FRB発言による | トップページ | サブプライムローンの金利凍結で合意へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674912

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の市場を見ての買いか否かの判断:

« 米国の経済指標悪化→市場は良い方向へ急上昇→FRB発言による | トップページ | サブプライムローンの金利凍結で合意へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ