2ちゃんねる関係

« 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) | トップページ | 日本経済新聞のサブプライム問題関係の記事 »

2007年11月22日 (木)

私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について

私が目指すのは「失敗しない投資」です。
無理をせず大損などの失敗をしない投資を目指すというものです。
2007年の米国のサブプライム問題で苦しい思いをしてようやく過ちを認め、
2007年11月以降には更に明確にこの運用方針を反映した運用をしています。

投資信託の場合ですが、債券型は一般に言われてるように不景気に強く、
国内・国際株式型やリート型やバランス型は不景気に弱く、新興国株式型は
内容や状況によっては不景気による下落からの回復が早い。
これをしっかりと覚えるために、どれだけ苦労したことか。
今後の私の運用方針を作る上で、まずはこれが基本となります。

また、投資信託では基本的に毎月の分配金を重視しています。
この辺は、生活上 年金保険的運用を必要としていることから、理解して
いただきたいです。
私の作った資料も当然その運用方針に基づいたものです。
他の方も見ているようなので、なるべく中立的内容になるよう書いてますが、
あくまでも個人的な資料であり、これも理解していただきたく思います。

« 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) | トップページ | 日本経済新聞のサブプライム問題関係の記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674920

この記事へのトラックバック一覧です: 私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について:

« 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) | トップページ | 日本経済新聞のサブプライム問題関係の記事 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ