2ちゃんねる関係

« ワールドプライムの購入結果と投資の感想 | トップページ | 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) »

2007年11月18日 (日)

旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど

私が実際に旅行や散歩などで持ち歩いて使ってみてのお勧めの双眼鏡や
デジカメなどの紹介です。
小さな野鳥や月面の撮影では、やはりデジタル一眼が良いですが、
普段持ち歩いて撮る分にはコンパクトデジカメの方が便利だし、性能的にも
充分です。

お勧めのコンパクト双眼鏡
ニコンのスポーツスターシリーズで8倍のもの。
視界が広く肉眼よりも明るくて解像度が高い。
10倍ともなると視界が狭く暗くてお勧めできない。
2004年まで、私は高くても5000円以下の安い双眼鏡で済ませていました。
同様の人は多いのではないでしょうか?
だけどそれでは視界が狭く暗く解像度が低くて、特に小さな対象を探すのに
苦労します。
そこで、大きなお店でも値段が1万円前後が多くて正直高くて戸惑った
のですが、2005年に このニコンの双眼鏡を買いました。
店内で使用してみたら想像を大きく超えて快適で、これならと思ったのです。
実際、石神井公園などで使ってみたら、安物などとは比べ物にならないくらい
非常に快適です。
値段が安い双眼鏡ではなく、このニコンの双眼鏡をお勧めします。
ニコンのコンパクト双眼鏡の紹介ページ

お勧めのコンパクトデジカメ
キャノンのコンパクトデジカメが性能のバランスに優れていて良いと思う。
使いやすくて充分な望遠性能と高感度撮影と手ブレ補正機能を備えており、
どのようなシーンにも充分に対応できる。
撮像素子へのゴミ付着対策の意味からも、各社の防塵防水に優れた
コンパクトデジカメを選ぶのも良いかと思います。
キャノンのコンパクトデジカメの紹介ページ

多くのメーカーから画質重視の高級コンパクトデジカメが数は多くない
けれど販売されていて、様々な撮影機能も豊富です。
デジタル一眼に比べて揃える機材が少ないことからトータルの費用が
少なくて済みますので、少しは買いやすいかと思います。
デジタル一眼に比べれば劣る部分もありますが注目すべき点も多くて、
デジカメ購入時の選択肢として私も注目してます。

特徴や注意点
コンパクトデジカメは利便性は良いが、デジタル一眼に比べると
写真の品質は若干低い。

お勧めのデジタル一眼
キャノンのEOSキスシリーズなど。
軽くて交換レンズが豊富で高感度撮影でもノイズが少ない。
色も実際の色に近く撮れ忠実性が高い。
2008年以降の機種では、撮像素子に付着したゴミの自動清掃機能が
あるし、液晶画面を見ながら撮影できるライブビューモードもあって、
使用するメモリーカードもSDメモリーカード系になり他からの流用も
しやすくなるなど、かなり便利で使いやすくなっている。
APS-Cサイズ撮像素子機種での交換レンズは、
タムロンのデジタル専用(APS-Cサイズ)で18~270mmと
デジタル対応(35mmフルサイズ)で200~500mmが、それなりに
手頃な値段で使いやすくお勧め。
35mmフルサイズ撮像素子機種での交換レンズは、
タムロンのデジタル対応(35mmフルサイズ)で28~300mmと
デジタル対応(35mmフルサイズ)で200~500mmが、それなりに
手頃な値段で使いやすくお勧め。
カメラ本体だけの性能で見ればニコンなどの他社も悪くは無いのですが、
私がキャノン派なだけかもしれないけどキャノンは使いやすく思うし、
交換レンズや様々なアクセサリー類を含めて考えるとキャノンの方が
汎用性が高いように思うので、キャノンをお勧めとしました。
キャノンのデジタル一眼の紹介ページ
タムロンの交換レンズの紹介ページ

特徴や注意点
デジタル一眼は写真の品質は高いが、コンパクトデジカメに比べると
利便性は劣る。

お勧めの外付けストロボ
キャノンのスピードライトで最上位機種。
対応するAFフレームの種類が多く、AFフレームの場所に応じて3つある
AF補助光のランプが縦や横に1~2つ点灯する。
調光補正を変えて数枚撮るFEブラケットも使える。
多くの交換レンズに対応している。
キャノンのストロボの紹介ページ

お勧めのメモリーカード
サンディスクの高速タイプのメモリーカードなど。
一般に性能面での評価が高く、特に高速連写に対する性能では
他社製品よりも優れている場合が多い。
他のものに比べると高速なため値段も高いですが、動物などを撮影する
上では重宝します。
サンディスクのサイト

メモリーカードには耐久性が高くトラブルが少ないことも必要です。
お勧めは上記のサンディスクかトランセンドのメモリーカードです。
激安で売っているメモリーカードは、パソコンに付けたまま再起動すると、
メモリーカードが異常であると誤認することがあります。

SDメモリーカード系の性能の目安でスピードクラスなど
スピードクラス2=最低限で書き込み2メガバイト/秒保証
スピードクラス4=最低限で書き込み4メガバイト/秒保証
スピードクラス6=最低限で書き込み6メガバイト/秒保証
スピードクラス10=最低限で書き込み10メガバイト/秒保証

UHS-I規格=最大転送速度104メガバイト/秒
UHS-II規格=最大転送速度312メガバイト/秒
UHSスピードクラス1=最低限で書き込み10メガバイト/秒保証

激安の製品ではスピードクラスが高く書いてあっても、サンディスクの
高速タイプの製品と同様の速さで書き込めないものがある。
そのため激安の製品では、サンディスクの高速タイプの製品に比べて、
デジカメでの連写枚数が少なくなることがある。

お勧めのメモリーカードリーダーライター
エレコム、20in1 高速版メモリリーダライタ、MR-A20H
2008年5月現在、税込み約2600円
私が実際に使っているもので、SDメモリーカード規格のうち
SDHCメモリーカードまでの大容量メモリーカードに対応した、
安価だけど充分な性能を持つメモリーカードリーダーライターです。

その他では、その時代の最新のSDメモリーカード規格やUSB規格に
対応したものがお勧めです。

エレコムのメモリーカードリーダーライターの対応表

« ワールドプライムの購入結果と投資の感想 | トップページ | 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674921

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど:

« ワールドプライムの購入結果と投資の感想 | トップページ | 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ