コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど | トップページ | 私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について »

2007年11月20日 (火)

現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点)

個人的意見だが、ここ最近は米国の煽りを受けてアジア経済は悪化して
いるように感じており、昨夜はNYダウの影響を受けて1円弱ほど円高が
進行した様子。
某株式系の掲示板のスレッドで公開されていた画像データによると日本は
世界の中でも経済情勢が特に厳しい様子。
1195376224825 1195491498055 1195440260557
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
(スレッドの皆様、画像製作お疲れ様です。m(__)m)
政府が本腰入れないと、これからますます厳しいかも。
円安で持っていた外需による景気は円高で崩れるかもしれないしね。
これからも国外に家計の預貯金は流れて行くだろうが、ブンさんや
12のどんぐりのような株式やそれに準じるものを組み入れた投信は、
サブプライム問題が尚続く今、更に苦しくなることも予想されるので、
恐らく債券型の投信が今後更に注目され資金は債券型の投信に集中
して行くのではないだろうか?
先進国の株式などを組み入れた投信や新興国に投資する投信は、
投資資金を一旦引き揚げて現金で持っておくか債券型の投信で運用し、
先進国の株式などを組み入れた投信は春頃までは様子を見て、
新興国に投資する投信は現状の混乱が収まるまで、今月いっぱいや
年内は様子を見るというのが良いのではと思う。

2007年11月21日追記
上記画像のスレッドで新しくデータが追加されてました。
1195638879376
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
これを見ますと日本も先進国なので成長力が鈍いということで騰落率は
下位ではあるけど米国よりは上ですし、まだ見込みはあるということで、
日本は今後に期待ということでしょうかね?
そうは言っても、米国の煽りを受けて大変な状況なので現状での投資は
全然お勧め出来ませんが。
投資しても良いとしたら、サブプライム問題で解決の兆しが見えてからかな?
早くても春頃でしょう。

尚、追記前の上の方の記事と追記の記事と、共に春頃と書いてある理由は、
以前書いた予想の記事によるもので、米国政策金利が3%台になるのが
春頃と予想されるからです。
ただし、様子を見てとか早くて春頃と書いているのは、外れて不景気が
続く可能性もまた高いからです。
その理由はポートフォリオ変更予定記事の追記の記事によるもので、
11月2日のスチール米財務次官の発言では、今後18カ月間は不動産の
差し押さえが高水準で推移するとあり、不動産の差し押さえが落ち着くには
もっと時間が掛かるでしょうから、来年3月以降も不景気が続く場合、今後
2年間は不景気が続くと予想しています。

2007年11月22日追記(2007年11月23日改訂)
掲示板の方で円高に動いている今は現金で持つのが良いのではという
指摘を受けて追記します。

不景気な今は、債券型の投信が今後更に注目され資金は債券型の投信に
集中して行くのではと書きましたが、元の記事全体は今後も投資することを
前提として書いてますのでこうなりましたし、今すぐ債券型の投信を買えと
いうわけではありません。

当然ですが、投信は買いたい基準価額になったら買えば良いのです。
それまでは現金の形で持っているのは当然良いことであると思います。

過去のチャートを見ての単なる勘ですが、対米国ドルで円高は100~105円
あたりで落ち着き、再び円安に動き、以前から言われているように115円
前後の為替レートで落ち着くのではと考えてます。
ただ、私を含め素人にはいつ頃が底になるかは読むのは難しく底値で
買うのは大変ですので、底値に近いあたりで買うのが失敗しない方法と
いうことになります。
そう考えればかなり円高になり底値も近いかなという今は債券型の投信も
割安になっていて買いやすいですし、近い将来115円の為替レートになる
だろうことを考えれば、今買っても損は無いだろうと考えてます。
そういうわけで、今は買いの時期かなと考えています。
円高に動いている今買うのは心配という人は、底を打って円安に動きが
反転して111円を超えたあたりで買うのが良いかもしれませんね。
ただそれですと今よりも債券型の投信の基準価額は上がっているでしょう。

今後の投信を買うときの注意点についてですが、21日の追記の後半記事
にあるサブプライム問題の影響から、一旦は円安に動いても今後2年間は
何度も円高に大きく動くことも予想
されます。
それを考えますと、まず、投資したい時期を決めて、その時期の中で大きく
円高に動いたとか買いたい基準価額まで下がったなど買う基準を決めて、
ある程度割安で買うことを目標とし、あまり為替レートにこだわらずに買うのも
良いかもしれませんね。

尚、現在りそなBRICsプラスは全売却で口数が無く、100万円ほどの再度の
投資を考えていますが、現状乱高下がしばらくは続くと考え12月半ば頃の
投資を考えています。

2007年11月23日追記(2007年11月24日改訂)
上記画像のスレッドで新しく画像が追加されていました。
1195872026134
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
(画像を24日版で商品指数のCRB指数追加版に変更しました。)
こちらはあの面白いコメントは付いていないものの(笑)
より多数の国を簡単に比較できます。
やはり新興国の成長力は強いですね。
私の運用方針として、メインの投資先は先進国の格付けが高い債券にして
余裕資金の利殖にBRICsなどというのは、やはり悪くないのだという確信が
より強くなりました。

ただ、新興国&日本は欧米よりもリスクが高いようで、上記24日版の画像
では右端が下がっており明らかに米国ドル安の影響を受けてますね。
特に中国が打撃を受けているように思われます。
11月に入って続いていた米国ドル安の余波が収まるまでは、BRICsなど
への投資は控えた方が良いですね。

あと、上記画像のスレッドのコメントでは、商品先物取引や債券に世界の
投資資金が流れていたようですね。
今の世界の経済情勢では当分の間は続くのかな?

« 旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど | トップページ | 私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/17158961

この記事へのトラックバック一覧です: 現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点):

« 旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど | トップページ | 私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ