2ちゃんねる関係

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の19件の記事

2007年11月30日 (金)

りそなBRICsプラスに再度の投資

昨夜の米国発表の経済指標が大きくは悪くないことと、先ほどから
NYダウ先物の動きを見てると上げてること。
12月3日より、りそなダイレクト限定の購入時手数料半額キャンペーンが
始まること。
以上から、りそなダイレクトより購入指定日12月3日で申し込めば
キャンペーンの優遇が受けられると、りそなコミュニケーションダイヤルでも
確認したので、購入指定日12月3日で100万円ほど購入を申し込みしました。
あと数十万円ほど余裕資金はあるけれど、それは取っておいて、
何かあった時に使ったり、暴落がまた起きたら その時の購入用資金として
使ったりします。
上手く行けば年に数回はこうしてりそなBRICsプラスに投資できるかな?
ワールドプライムに1000万円ほど追加投資したいし、自宅増築用に
1000万円は欲しい。
目指せ2000万円!
頼むぞ新興国!(笑)

まぁ 今後2週間ほど1000円を超える暴落が起きなければ
良しとします(苦笑)

2007年12月4日追記
1万2400円での約定になる様子。
購入時手数料半額キャンペーン中なので今日約定でりそなBRICsプラスで
購入した口数は約79万4000口かな。
(従来の購入時手数料の時より約1万2000口多い)

りそなBRICsプラスの現在の全保有口数→約79万4000口

サブプライムローンの金利凍結で合意へ

ロイターの記事
ブッシュ政権、金融機関とサブプライムローン金利凍結で合意へ

どうやら以前書いた記事が実現へ?
凍結期間が7年なら、低金利ローンへの借り換え政策も進み、住宅価格も上がり、
低金利ローンへの借り換えもしやすくなって、かなりサブプライム問題が緩和する
可能性も考えられるので、良いことではないかと。

2007年11月29日 (木)

今日の市場を見ての買いか否かの判断

住宅関係など各経済指標は駄目だよとしているがFRB発言や米国ドルの
下落しすぎとの市場判断から株価指数先物も急上昇し円安が急激に進行。
底と判断しヘッジファンドも買いに出てるのでしょうかね?
それとも一気に値上げ操作に出て高値で売り抜けるつもりか?
(ヘッジファンドによる罠か? だとすると急降下の可能性あり。)
底と判断しただけなら年内は上げ続けるか?
う~む 悩みますね?
とりあえず良い要素は少ないはずなので、罠の可能性もあるので、
余裕資金は100数十万円ほどあるけど虎の子だし、余裕資金の利殖の
ための新興国型の投信の買いは今回は見送ります。
(大して痛くない20万円程度の投資でも下げたらもったいない。)
(ここで買い逃しても、大損を避ける意味では間違いではないので。)

米国の経済指標悪化→市場は良い方向へ急上昇→FRB発言による

(゜ロ゜)ギョェ 何このNYダウ先物やシカゴ日経平均先物の急上昇は!
商品指数は急降下してる!
米国ドルも欧州ユーロも円安に急激に動いた。
ロイターや日本経済新聞によるとFRB副議長が12月のFOMCで考慮すると
発言したらしい。
また、米国ドル安すぎと市場に判断されたらしい。

日本経済新聞の記事
ロイターの記事1記事2記事3

どうりで米国が今日発表した経済指標は悪かったのに良い方向へ急激に
動いたわけです。
いや~、どびっくり!(笑)
世の中、何が起こるか分からない。
でもだからこそ、世の中は面白い!(^_^)/

2007年11月28日 (水)

市場の改善に関して

米シティ、8000億円出資受け入れ・アブダビ投資庁から
これでNYダウが上がり円安に動きましたが、何日も持たない気がします。
サブプライム問題の影響を受けたのは米国のシティグループだけでは
ないからです。
それよりも
「越年資金、80億ドル供給」、米FRBが声明
これ、2カ月程度は少しは改善方向で影響出せるのでしょうか?
気になります。

2007年11月24日 (土)

埼玉県教育委員会、生徒に重傷負わせた暴力教師をかばう。

毎日新聞の記事
県教委:中2生徒けり重傷負わせた教諭に減給1カ月 /埼玉

埼玉県教育委員会は、何を言おうと身内をかばっているようにしか見えません。
ハンドボールで相手が見つからないからと言う生徒に対し、一緒に探してあげる
のが普通なのに、よりによって蹴飛ばして骨折させ1カ月の重傷を負わせた
酷い暴力教師なのに。
普通なら懲戒免職処分で退職金無しが妥当でしょう?
ぜひとも懲戒免職とマスメディアの前で謝罪会見を望むと、埼玉県教育委員会に
メールを出しましたよ。

仮に生徒が悪さをしたとして、そのような場合、躾として尻を平手で叩いたりする
程度の行為は必要だが、尻とは言っても蹴飛ばすとは(-_-;
最近の教師は躾と暴力の区別もつかない者が多いのか?

2007年11月23日 (金)

すぐには米国ドル高は無理?

すぐ下に米財務長官の記事を書きましたが、

米国ヘッジファンド会社経営者のブログの記事
Look who is smiling now. ドル安でウハウハの人達

これを見ると、すぐには米国ドル高にはなりそうにないような気もします。
そうは言っても米財務長官、頑張れ!(~-~)qググッ

サブプライム問題に関しての米財務長官に関する記事

共同通信の記事
ローン借り手の救済要請 サブプライムで米財務長官

》 【ワシントン21日共同】ポールソン米財務長官はサブプライム
》住宅ローン問題を受け、住宅ローンの焦げ付きや差し押さえ増加に
》歯止めをかけるため、通常のローンよりも金利が高いサブプライムローン
》からの借り換えを半ば自動的に認める救済策を金融機関などに要請している
》ことを明らかにした。

》 長官はサブプライムローン問題について「来年はさらに問題が深刻化する」
》と述べ、影響が拡大する懸念を強調。
》返済金利の凍結要請などに踏み込む可能性も否定しなかった。

特に金利凍結となれば、差し押さえなどは かなり減るのでは?
金融機関は大変かもしれないけど。

人工万能細胞、再生医療に道が開ける?

毎日新聞の記事
iPS細胞:ヒト皮膚から万能細胞 再生医療、本人の細胞で--京大など成功

》 ヒトの皮膚細胞から、心筋細胞や神経細胞などさまざまな細胞に分化する
》能力を持つ万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに、
》日米二つの研究チームが、それぞれ成功した。
》患者自身の遺伝子を持つ細胞を作り、治療に利用することに道を開く技術。
》クローン胚(はい)から作る同様の能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)と違い、
》作成に未受精卵を使うなどの倫理的問題を回避できる。
》拒絶反応のない細胞移植治療などの再生医療や新薬開発など、幅広い応用に
》向けた研究が加速しそうだ。

日米両チームがほぼ同時に本人の細胞より人工万能細胞を作ることに成功。
非常に喜ばしく思う。
これでもしかしたら不治の病や障害者、対人地雷により四肢を失った人を
救う道が開けるかもしれないからだ。
へたにロボット技術を用いたサイボーグ化よりも人の体にとっては
良いと思う。

しかしもしかして、これって脳・心臓・肺などの再生不能臓器を再生させる
こともできるのでは?
脳には非常に数は少ないが組織の元になる幹細胞が存在していることは既に
知られている。
これを人工的に増やしての、病気や傷ついた脳の再生治療研究も確か
行われているはずだ。
(NHKの特番かニュースで見たように思う。)
この研究が進めば、致命傷患者も生命維持さえ何とかなれば時間は掛かっても
再生治療が可能になるかもしれない。
下手すれば若返りすらも可能になるのかも?

日本経済新聞のサブプライム問題関係の記事

米国経済の危機、国内投資のチャンス

大きな米国ドル安で米国ドル/円は90円も有り得るらしい。
当然 外需で持っている日本経済は…
国内投資のチャンスなんていうが、そんな呑気なことを
果たして言っていられる状況にあるか?(-_-;

2007年11月22日 (木)

私の基本的運用方針と個人的投資資料の内容について

私が目指すのは「失敗しない投資」です。
無理をせず大損などの失敗をしない投資を目指すというものです。
2007年の米国のサブプライム問題で苦しい思いをしてようやく過ちを認め、
2007年11月以降には更に明確にこの運用方針を反映した運用をしています。

投資信託の場合ですが、債券型は一般に言われてるように不景気に強く、
国内・国際株式型やリート型やバランス型は不景気に弱く、新興国株式型は
内容や状況によっては不景気による下落からの回復が早い。
これをしっかりと覚えるために、どれだけ苦労したことか。
今後の私の運用方針を作る上で、まずはこれが基本となります。

また、投資信託では基本的に毎月の分配金を重視しています。
この辺は、生活上 年金保険的運用を必要としていることから、理解して
いただきたいです。
私の作った資料も当然その運用方針に基づいたものです。
他の方も見ているようなので、なるべく中立的内容になるよう書いてますが、
あくまでも個人的な資料であり、これも理解していただきたく思います。

2007年11月20日 (火)

現状の経済情勢の感想(2007年11月下旬時点)

個人的意見だが、ここ最近は米国の煽りを受けてアジア経済は悪化して
いるように感じており、昨夜はNYダウの影響を受けて1円弱ほど円高が
進行した様子。
某株式系の掲示板のスレッドで公開されていた画像データによると日本は
世界の中でも経済情勢が特に厳しい様子。
1195376224825 1195491498055 1195440260557
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
(スレッドの皆様、画像製作お疲れ様です。m(__)m)
政府が本腰入れないと、これからますます厳しいかも。
円安で持っていた外需による景気は円高で崩れるかもしれないしね。
これからも国外に家計の預貯金は流れて行くだろうが、ブンさんや
12のどんぐりのような株式やそれに準じるものを組み入れた投信は、
サブプライム問題が尚続く今、更に苦しくなることも予想されるので、
恐らく債券型の投信が今後更に注目され資金は債券型の投信に集中
して行くのではないだろうか?
先進国の株式などを組み入れた投信や新興国に投資する投信は、
投資資金を一旦引き揚げて現金で持っておくか債券型の投信で運用し、
先進国の株式などを組み入れた投信は春頃までは様子を見て、
新興国に投資する投信は現状の混乱が収まるまで、今月いっぱいや
年内は様子を見るというのが良いのではと思う。

2007年11月21日追記
上記画像のスレッドで新しくデータが追加されてました。
1195638879376
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
これを見ますと日本も先進国なので成長力が鈍いということで騰落率は
下位ではあるけど米国よりは上ですし、まだ見込みはあるということで、
日本は今後に期待ということでしょうかね?
そうは言っても、米国の煽りを受けて大変な状況なので現状での投資は
全然お勧め出来ませんが。
投資しても良いとしたら、サブプライム問題で解決の兆しが見えてからかな?
早くても春頃でしょう。

尚、追記前の上の方の記事と追記の記事と、共に春頃と書いてある理由は、
以前書いた予想の記事によるもので、米国政策金利が3%台になるのが
春頃と予想されるからです。
ただし、様子を見てとか早くて春頃と書いているのは、外れて不景気が
続く可能性もまた高いからです。
その理由はポートフォリオ変更予定記事の追記の記事によるもので、
11月2日のスチール米財務次官の発言では、今後18カ月間は不動産の
差し押さえが高水準で推移するとあり、不動産の差し押さえが落ち着くには
もっと時間が掛かるでしょうから、来年3月以降も不景気が続く場合、今後
2年間は不景気が続くと予想しています。

2007年11月22日追記(2007年11月23日改訂)
掲示板の方で円高に動いている今は現金で持つのが良いのではという
指摘を受けて追記します。

不景気な今は、債券型の投信が今後更に注目され資金は債券型の投信に
集中して行くのではと書きましたが、元の記事全体は今後も投資することを
前提として書いてますのでこうなりましたし、今すぐ債券型の投信を買えと
いうわけではありません。

当然ですが、投信は買いたい基準価額になったら買えば良いのです。
それまでは現金の形で持っているのは当然良いことであると思います。

過去のチャートを見ての単なる勘ですが、対米国ドルで円高は100~105円
あたりで落ち着き、再び円安に動き、以前から言われているように115円
前後の為替レートで落ち着くのではと考えてます。
ただ、私を含め素人にはいつ頃が底になるかは読むのは難しく底値で
買うのは大変ですので、底値に近いあたりで買うのが失敗しない方法と
いうことになります。
そう考えればかなり円高になり底値も近いかなという今は債券型の投信も
割安になっていて買いやすいですし、近い将来115円の為替レートになる
だろうことを考えれば、今買っても損は無いだろうと考えてます。
そういうわけで、今は買いの時期かなと考えています。
円高に動いている今買うのは心配という人は、底を打って円安に動きが
反転して111円を超えたあたりで買うのが良いかもしれませんね。
ただそれですと今よりも債券型の投信の基準価額は上がっているでしょう。

今後の投信を買うときの注意点についてですが、21日の追記の後半記事
にあるサブプライム問題の影響から、一旦は円安に動いても今後2年間は
何度も円高に大きく動くことも予想
されます。
それを考えますと、まず、投資したい時期を決めて、その時期の中で大きく
円高に動いたとか買いたい基準価額まで下がったなど買う基準を決めて、
ある程度割安で買うことを目標とし、あまり為替レートにこだわらずに買うのも
良いかもしれませんね。

尚、現在りそなBRICsプラスは全売却で口数が無く、100万円ほどの再度の
投資を考えていますが、現状乱高下がしばらくは続くと考え12月半ば頃の
投資を考えています。

2007年11月23日追記(2007年11月24日改訂)
上記画像のスレッドで新しく画像が追加されていました。
1195872026134
(1週間程度でスレッドが消えてしまうので画像を転載しました。)
(画像を24日版で商品指数のCRB指数追加版に変更しました。)
こちらはあの面白いコメントは付いていないものの(笑)
より多数の国を簡単に比較できます。
やはり新興国の成長力は強いですね。
私の運用方針として、メインの投資先は先進国の格付けが高い債券にして
余裕資金の利殖にBRICsなどというのは、やはり悪くないのだという確信が
より強くなりました。

ただ、新興国&日本は欧米よりもリスクが高いようで、上記24日版の画像
では右端が下がっており明らかに米国ドル安の影響を受けてますね。
特に中国が打撃を受けているように思われます。
11月に入って続いていた米国ドル安の余波が収まるまでは、BRICsなど
への投資は控えた方が良いですね。

あと、上記画像のスレッドのコメントでは、商品先物取引や債券に世界の
投資資金が流れていたようですね。
今の世界の経済情勢では当分の間は続くのかな?

2007年11月18日 (日)

旅行や散歩などでお勧めの双眼鏡やデジカメなど

私が実際に旅行や散歩などで持ち歩いて使ってみてのお勧めの双眼鏡や
デジカメなどの紹介です。
小さな野鳥や月面の撮影では、やはりデジタル一眼が良いですが、
普段持ち歩いて撮る分にはコンパクトデジカメの方が便利だし、性能的にも
充分です。

お勧めのコンパクト双眼鏡
ニコンのスポーツスターシリーズで8倍のもの。
視界が広く肉眼よりも明るくて解像度が高い。
10倍ともなると視界が狭く暗くてお勧めできない。
2004年まで、私は高くても5000円以下の安い双眼鏡で済ませていました。
同様の人は多いのではないでしょうか?
だけどそれでは視界が狭く暗く解像度が低くて、特に小さな対象を探すのに
苦労します。
そこで、大きなお店でも値段が1万円前後が多くて正直高くて戸惑った
のですが、2005年に このニコンの双眼鏡を買いました。
店内で使用してみたら想像を大きく超えて快適で、これならと思ったのです。
実際、石神井公園などで使ってみたら、安物などとは比べ物にならないくらい
非常に快適です。
値段が安い双眼鏡ではなく、このニコンの双眼鏡をお勧めします。
ニコンのコンパクト双眼鏡の紹介ページ

お勧めのコンパクトデジカメ
キャノンのコンパクトデジカメが性能のバランスに優れていて良いと思う。
使いやすくて充分な望遠性能と高感度撮影と手ブレ補正機能を備えており、
どのようなシーンにも充分に対応できる。
撮像素子へのゴミ付着対策の意味からも、各社の防塵防水に優れた
コンパクトデジカメを選ぶのも良いかと思います。
キャノンのコンパクトデジカメの紹介ページ

多くのメーカーから画質重視の高級コンパクトデジカメが数は多くない
けれど販売されていて、様々な撮影機能も豊富です。
デジタル一眼に比べて揃える機材が少ないことからトータルの費用が
少なくて済みますので、少しは買いやすいかと思います。
デジタル一眼に比べれば劣る部分もありますが注目すべき点も多くて、
デジカメ購入時の選択肢として私も注目してます。

特徴や注意点
コンパクトデジカメは利便性は良いが、デジタル一眼に比べると
写真の品質は若干低い。

お勧めのデジタル一眼
キャノンのEOSキスシリーズなど。
軽くて交換レンズが豊富で高感度撮影でもノイズが少ない。
色も実際の色に近く撮れ忠実性が高い。
2008年以降の機種では、撮像素子に付着したゴミの自動清掃機能が
あるし、液晶画面を見ながら撮影できるライブビューモードもあって、
使用するメモリーカードもSDメモリーカード系になり他からの流用も
しやすくなるなど、かなり便利で使いやすくなっている。
APS-Cサイズ撮像素子機種での交換レンズは、
タムロンのデジタル専用(APS-Cサイズ)で18~270mmと
デジタル対応(35mmフルサイズ)で200~500mmが、それなりに
手頃な値段で使いやすくお勧め。
35mmフルサイズ撮像素子機種での交換レンズは、
タムロンのデジタル対応(35mmフルサイズ)で28~300mmと
デジタル対応(35mmフルサイズ)で200~500mmが、それなりに
手頃な値段で使いやすくお勧め。
カメラ本体だけの性能で見ればニコンなどの他社も悪くは無いのですが、
私がキャノン派なだけかもしれないけどキャノンは使いやすく思うし、
交換レンズや様々なアクセサリー類を含めて考えるとキャノンの方が
汎用性が高いように思うので、キャノンをお勧めとしました。
キャノンのデジタル一眼の紹介ページ
タムロンの交換レンズの紹介ページ

特徴や注意点
デジタル一眼は写真の品質は高いが、コンパクトデジカメに比べると
利便性は劣る。

お勧めの外付けストロボ
キャノンのスピードライトで最上位機種。
対応するAFフレームの種類が多く、AFフレームの場所に応じて3つある
AF補助光のランプが縦や横に1~2つ点灯する。
調光補正を変えて数枚撮るFEブラケットも使える。
多くの交換レンズに対応している。
キャノンのストロボの紹介ページ

お勧めのメモリーカード
サンディスクの高速タイプのメモリーカードなど。
一般に性能面での評価が高く、特に高速連写に対する性能では
他社製品よりも優れている場合が多い。
他のものに比べると高速なため値段も高いですが、動物などを撮影する
上では重宝します。
サンディスクのサイト

メモリーカードには耐久性が高くトラブルが少ないことも必要です。
お勧めは上記のサンディスクかトランセンドのメモリーカードです。
激安で売っているメモリーカードは、パソコンに付けたまま再起動すると、
メモリーカードが異常であると誤認することがあります。

SDメモリーカード系の性能の目安でスピードクラスなど
スピードクラス2=最低限で書き込み2メガバイト/秒保証
スピードクラス4=最低限で書き込み4メガバイト/秒保証
スピードクラス6=最低限で書き込み6メガバイト/秒保証
スピードクラス10=最低限で書き込み10メガバイト/秒保証

UHS-I規格=最大転送速度104メガバイト/秒
UHS-II規格=最大転送速度312メガバイト/秒
UHSスピードクラス1=最低限で書き込み10メガバイト/秒保証

激安の製品ではスピードクラスが高く書いてあっても、サンディスクの
高速タイプの製品と同様の速さで書き込めないものがある。
そのため激安の製品では、サンディスクの高速タイプの製品に比べて、
デジカメでの連写枚数が少なくなることがある。

お勧めのメモリーカードリーダーライター
エレコム、20in1 高速版メモリリーダライタ、MR-A20H
2008年5月現在、税込み約2600円
私が実際に使っているもので、SDメモリーカード規格のうち
SDHCメモリーカードまでの大容量メモリーカードに対応した、
安価だけど充分な性能を持つメモリーカードリーダーライターです。

その他では、その時代の最新のSDメモリーカード規格やUSB規格に
対応したものがお勧めです。

エレコムのメモリーカードリーダーライターの対応表

2007年11月12日 (月)

ワールドプライムの購入結果と投資の感想

先日購入の申し込みをしたワールドプライムですが、先ほど20時前に
基準価額が判明!
2007年11月12日 1万624円 前日比-311円
これが約定の基準価額になります。
従来の投信を売却して用意した資金は4700万円
購入時手数料込みの基準価額は1万791円
これを4223万口申し込んだので142万円少々の資金が余ります。
大きな円高が無かったら逆に資金が足りなかったかもしれないのに、
勘が当たったというか、本当にミラクルが起きました!
ここまで資金が余るとは(嬉)

これにりそなBRICsプラスを売却した資金が60万円少々あるのと、今月末の
収入からの余裕資金が20万円ほどあり、ここから今月分の生活費や
自宅工事残金や法事その他を引くと、本来はこのりそなBRICsプラスの分しか
余裕資金はなかったのですが、それが一気に倍以上の170万円ほどまで
増えたのです!
大きな円高を利用した錬金術かな?
しかも今後の分配金収入は、不景気な時と比較すれば従来の3倍近くあり、
家業と投資の両方の収入を合わせた月収はサラリーマン時代の倍近くを
不景気でも安定して稼げるので、大好きなドライブに月に数回行ったとしても、
無駄遣いさえしなければ税金や社会保険料の分を除いて年間で100万円
近くの余裕資金を作れるのではないかと思う。
無駄遣いさえしなければというのが、意外と難しいけれどもね(苦笑)
時期を見計らってりそなBRICsプラスを上手に活用すれば、余裕資金の
利殖で結構な金額まで増やすことが出来るかも。
そうすれば自宅を増築したり、ワールドプライムに追加投資で証券優遇税制の
廃止後も現状の分配金収入を維持するなど、色々出来ます。

これで世界市場の混乱を利用した投資の成功は、昨年6月始めの時以来で
2度目です。
投資に関する勝負運は意外と強いのかな?
今までにもインドへの投資で150万円ほど損したりしたが、メインの投資先の
投信への投資金額が5100万円ほどであったのに対し戻ってきたのが
4700万円ほどなので400万円ほどの損失で、分配金収入が約1年半で
1000万円ほどなので純利益は600万円ほどです。
そういうわけで、凄く儲けはしなかったが、それなりに上手くやってきた
という感じかな?

もっとも、上に書いたインドへの投資の残りの分や、従来の分配金収入分は、
自宅の改築その他で使用し全然残っていなかったりする。
アパート経営は上手くやらないと割に合わないし、私に向かない気がする(-_-;
(今持ってるアパートは、4戸のアパートが1つだけ。)
投信中心の投資の方が私には合うのかも?

2007年11月 9日 (金)

ウェブ小説の臨時のメモなど

■気になるウェブ小説
異世界のんびり農家

神達に拾われた男(改訂版)

2007年11月 7日 (水)

市場の動きとワールドプライムの購入に関して。

月曜日(火曜日約定)のブンさんと12のどんぐりの売却が予想以上に上手く
行って、予想金額より50万円ほど多く戻ってくる予定。
(金曜日に入金される)
それで、ワールドプライムの購入ですが、
基準価額1万1000円+購入時手数料1.575%より安い基準価額の時、
出来れば基準価額1万800円未満を狙っているわけなので、
余裕資金運用のりそなBRICsプラスを50万口中40万口を崩しました。
これで家業の収入と合わせれば3カ月間は待てますので、じっくりと機会を
待って購入するつもりです。
何しろ購入金額が大きいもので、基準価額が1万800円の時と1万1300円
の時とでは、同じ口数を購入する場合トータルで217万円もの差がついて
しまうのです。
これでは待った方が絶対に得です。
まぁ、為替レートの動きが結構激しいので、3カ月間も待たずに済むのではと
思うのですが。

2007年11月 6日 (火)

パソコンのセキュリティー対策について

UGTOP」というサイトの「確認くん」を使うと、ブラウザからどのような情報が
相手に伝えられているのかを確認できます。

ウイルスを無料でオンラインスキャンのグーグルでの検索結果

VirusDetector
有名どころの危険なウイルスを発見して駆除

UPXMask
実行ファイルを驚異的に圧縮

DeltaForce VirusScanOnlineAgent
常駐して有名どころの危険なウイルスを監視

VirusDetectorはUPXMaskにより実行可能な形で圧縮された
ソフトで、旧OSでは動作するようだがウィンドウズXPではエラーになる。
よって、UPXMaskで解凍する必要がある。

以上のソフト群をオンラインソフトのライブラリーのサイトのベクターで
発見したので、市販セキュリティーソフトは私は未使用です。
ファイアウォールはウィンドウズXPのとルーターので二重ブロック。
ブラウザーの機能で怪しいサイトを警告し、ポップアップもブロック!
DeltaForceをスタートメニューのスタートアップに登録して常駐監視。
メールの送受信ウイルスチェックはプロバイダーのを(有料だけど安価)使用。
何か、市販セキュリティーソフトを使っていた時よりも、ウィンドウズXPの
動作が軽くなった感じ?(^_^)/
無料やオンラインスキャンだとか、インストール不要で解凍した実行ファイルを
左クリックするだけの簡単操作だとか嬉しいですね。
もっと こういうソフト増えないかな?

参考
私が書いた記事
IE7の不具合
IE8の不具合

ウィンドウズXPではサービスパック3をインストールしてアップデートすれば
更に安心です。

IE8などの古いブラウザーではマイクロソフトのサイトの閲覧でエラーが
発生することがあります。
(特に「www.microsoft.com」などで。)
マイクロソフトのサイトはオペラなどの新しいブラウザーで見てください。

2007年11月 4日 (日)

今日の河口湖

今日も河口湖へ女房と一緒にドライブ。
昼前は快晴だったのに河口湖に着いたら曇り(^-^;

R0010523 R0010530 R0010531
左は河口湖大橋。
真ん中は夕焼けを。
右は富士山の右脇ふもと近くよりオレンジ色の光線が!

Sn370248
帰りはやはり渋滞でした。
まぁ 日曜日だしね(苦笑)

R0010539 R0010540 R0010541
そしてオマケで、うちの御転婆娘のキャアちゃん。
右は、マタタビ粉末入りのポテトチップスの缶に顔を突っ込んでいる
ところです(笑)

2007年11月 2日 (金)

再度ポートフォリオ変更予定

夫婦で話し合った結果、5日の月曜日にブンさんと12のどんぐりを売却し、
池袋の大和証券に口座を作り、ワールドプライムに乗り換える予定。

私の叔母が投資しているダイワ・グローバル債券の姉妹のような投資信託で
あることからも好印象がありました。
購入希望基準価額は1万800~1万1000円で、出来れば1万800円
未満で買いたいところです。
これにより家業と投資の両方の収入を合わせた月収はサラリーマン時代の
倍近くを不景気でも安定して確保。
余裕資金を毎月多く確保し、証券優遇税制廃止後も現状と同レベルの
収入確保のため1000万円弱貯めてワールドプライムを追加購入し、
それ以降は自宅の増築費用を貯める。
りそな銀行のりそなBRICsプラスはそのまま残し、余裕資金を増やす投資先
として臨機応変に活用予定。
大和証券の口座は当面は対面取引とし、ネットで取り引きするかは様子を
見て決める。

現在の世界の経済情勢は、サブプライム問題の影響から世界市場が混乱し、
米国政策金利の利下げがあっても金融機関や企業の業績悪化が報道されたり
すると市場が暴落しやすくなっている。
今後の世界の経済情勢としては、世界市場の混乱が軽減し最も早く回復基調
になるのは、米国政策金利が3%台になるであろう2008年春と予想する。
日本がバブルが弾けてから回復基調に乗るのに何年も掛かっていることから、
世界の金融機関の膿が出切ったり米国の住宅分野の需要が回復するのは
更にあとになると思うので、米国の政策によっては2009年まで市場の混乱が
続き、2010年になってから回復の波に乗る可能性もあると予想する。

このようにまだ不景気な状況で希望の光がかすかに見える程度であり、
投信の動きとしては、債券型も厳しくはあるが土俵際で粘っている一方、
バランス型や国際株式型は坂道を転げ落ち八分目まで上ってきたが息切れ
している状況で、新興国株式型は先進国に比べてNYダウと連動性が薄い
場合もあることと反発力が強いこともあり、坂道を勢い良く転げ落ちるが力強く
反発し、八分目もど根性で一気に飛び越え、まだ鈍くはあるが復活した。

こういう背景があるので、ワールドプライムに乗り換えることにしたわけですし、
りそなBRICsプラスを余裕資金の投資先として継続して活用することにした
のです。

2007年11月10日追記
日本経済新聞の記事
「不動産差し押さえ、1年半は高水準」サブプライムで米財務次官
(2011年現在では記事が削除されてるためグーグルで検索)

》 【ワシントン=藤井一明】
》スチール米財務次官(国内金融担当)は2日、下院の金融委員会で証言し、
》信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)を中心として
》「向こう18カ月は(担保不動産の)差し押さえが高水準で推移する」との
》見通しを明らかにした。

4日に日本経済新聞での記事をグーグルニュース(だと思う)で見て、
5日にはヤフーの掲示板にも書いたのですが、これは非常にインパクトが
ありました。

日本経済新聞の記事
市場の混乱「終わりには程遠い」・サブプライムで米財務次官
(2011年現在では記事が削除されてるためグーグルで検索)

》 【ワシントン=藤井一明】
》スチール米財務次官(国内金融担当)は5日、米下院の金融委員会で証言し、
》信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)の焦げ付きを
》きっかけにした金融市場の混乱について「終わりには程遠い」と述べ、
》収束にはかなりの時間がかかるとの見方を明らかにした。

更には9月の日本経済新聞の記事で、このような記事まであったのを
同日のグーグルニュースで発見しました。
おかげで5日の投信売却の最後の一押しになってくれました(苦笑)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ