2ちゃんねる関係

« グーグルで見つけた今後の米国利下げに関する記事 | トップページ | こういう学校はいっそ潰したら? »

2007年9月21日 (金)

SBI証券とイートレード証券と12のどんぐり

10月1日に行われるSBI証券とイートレード証券の合併と、その後の
12のどんぐりの販売について、先ほどSBI証券から正式回答がありました。

SBI証券にだけ口座があり、対面取引(店頭や電話で売買)を継続利用する
場合は そのままでOK。
購入・売却は対面取引と電話の2通りでオンライントレードは利用不可。
送金手数料は証券会社持ち。

イートレード証券とSBI証券の両方に口座がある場合には、どちらか片方に
一本化の手続きを取る。
(同一証券会社内に2つの口座は持てないため。)

イートレード証券に一本化や口座移動した場合は、対面取引や電話の
サービスは受けられなくなる。
法律の関係から、対面取引やオンライントレードはそれぞれ片方の
サービスだけと決まっているかららしい。
イートレード証券のキャッシュカードでの入金は手数料無料。
それ以外での送金手数料は自分で払う。

現在、SBI証券からイートレード証券へ口座移動が出来るのは
9月中に申し込んだ場合だけ。
それ以降は数カ月先にシステム統合が終わる頃に対面取引から
オンライントレード(またはオンライントレードから対面取引)に
利用形態の変更が出来るのではということ。

近日中に12のどんぐりはイートレード証券でも扱うようになるので、
イートレード証券に口座を移したら12のどんぐりも普通にイートレード証券に
管理が移り、イートレード証券で12のどんぐりを売買できるそうです。

イートレード証券の方で12のどんぐりの販売が始まったら、SBI証券の
12のどんぐりの購入時手数料もイートレード証券に合わせることに
なるだろうと言ってました。
つまり、ネットの方が購入時手数料が安くてそれに合わせるということで、
店頭での12のどんぐりの購入時手数料も安くなる!
これは、対面取引を継続利用する人にとっては嬉しいことですね。

尚、SBI証券とイートレード証券の合併後の社名は、イートレード証券に
なるそうです。

« グーグルで見つけた今後の米国利下げに関する記事 | トップページ | こういう学校はいっそ潰したら? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674963

この記事へのトラックバック一覧です: SBI証券とイートレード証券と12のどんぐり:

« グーグルで見つけた今後の米国利下げに関する記事 | トップページ | こういう学校はいっそ潰したら? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ