2ちゃんねる関係

« 軽量金属屋根のエイトワンに葺き替え | トップページ | 左翼の活動は遠慮がちに静かにやって欲しいかな。 »

2007年8月14日 (火)

「駆けつけ警護」の話

TBSの「「駆けつけ警護」認めるべきで一致」というニュース、
苦楽を共にしている仲間を見捨てたりせず助ける「駆けつけ警護」は
認めて当然。
助けられるのに助けないというのは人道に反するからね。
もちろん、乱用されて無駄死にを多く出さないようにするため
慎重に議論し細密に法律を作るべきとは思いますが。
ヒゲの隊長 佐藤正久・参院議員は、

》「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの
》対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、
》ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)

》佐藤氏は、もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で
》現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、
》憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます。

》「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。
》目の前で苦しんでいる仲間がいる。
》普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護に)行ったと
》思うんですけどね。
》その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」
》(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)

素直に「よく言った!」と思います。
もう少し配慮して述べるべきだったかとは思いますが、このご時勢に、
人間的で良いことに思います。
ですが、左翼の人達は激しくブーイングしていて、辞職しろなどと
言っているらしい。
アホか?
人を助けるのに なぜ罵倒されなければいかんのだ?
助けられるのに逃げろというのか?
左翼は間接的人殺し集団か?
危ないから行くなと言っているのに、ろくに準備せず能天気に戦地に行って
殺されるのは自業自得だが、国から任務を与えられ復興支援や後方支援で
戦地に行き働き、かつ戦える装備を持っていて、大切な仲間が攻撃を
受けていて助けられるのに尻尾を巻いて逃げろというのか?
「明らかに自分達も死ぬというのなら勇気ある撤退も必要」だろうが、
助けられる可能性があるのなら法律の不備を突いて駆けつけ警護するのも
人道上悪いことではないと思う。

« 軽量金属屋根のエイトワンに葺き替え | トップページ | 左翼の活動は遠慮がちに静かにやって欲しいかな。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57674986

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けつけ警護」の話:

« 軽量金属屋根のエイトワンに葺き替え | トップページ | 左翼の活動は遠慮がちに静かにやって欲しいかな。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ