2ちゃんねる関係

« 9日のブンさんと予想(ドキドキハラハラ) | トップページ | 投信を安い時に買う理由とお買得時期の判断 »

2007年7月 7日 (土)

投資信託という金融商品の簡単な説明

今まで投資信託というものを人に説明する上で特に深くは考えてこなかったが、
今後のために簡単な説明を考えてみた。
簡単に短く言うと、
「投資信託とは株式などの共同購入・運用システムである」というもの。
仕組みの説明としては、次の通り。

************************************************************
当初1万口=1万円で募集し、100万口=100万円の資金が集まった。

1株=1万円の株式を100株購入して1株=1万口=1万円で運用する。
(投資信託の資産は全部で100株=100万円、全口数100万口。)

3年間運用し1株=2万円、100株=200万円まで値上がりした。
→1株=1万口=2万円に値上がり。

分配金として1万口あたり1万円出したので、1万口あたりの時価である
基準価額は元の1万円まで下がった。
→運用責任者は50株を売却して分配金を出したということ。

残りは1株=2万円、50株=100万円で、1株=2万口=2万円で
継続して運用する。
(投資信託の資産は全部で50株=100万円、全口数100万口。)
************************************************************

また、次も書いておく。
投資信託の基準価額は市場の影響を受けやすい。
投資信託が行う取り引きの市場への影響はあまり無い。
ただし、世界の経済情勢によっては投資信託やヘッジファンドが大きな
取り引きを行うことで市場が影響を受け急激に変化することがある。

こんなところで、どうだろうか?

« 9日のブンさんと予想(ドキドキハラハラ) | トップページ | 投信を安い時に買う理由とお買得時期の判断 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57675003

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託という金融商品の簡単な説明:

« 9日のブンさんと予想(ドキドキハラハラ) | トップページ | 投信を安い時に買う理由とお買得時期の判断 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ