2ちゃんねる関係

« 投信や株式の課税の仕組みと蛸足分配について | トップページ | 今日の相模湖 »

2007年4月 2日 (月)

投資の諸注意と覚悟について

投資はあくまでも自分で責任を持って行うもの。
自らの判断ミスにより損をしても自業自得なものであり、犯罪被害で無い
限り誰かが助けてくれるわけではありません。
私も見捨てたりはせず少しは改善案を述べることも出来るでしょうが、
それ以上は難しいのです。
ゆえに、大損などのリスクを覚悟の上でないと投資できない投資先には、
それだけの覚悟が無い限り決して手を出してはいけない。
これから投資を行う人は、そのことをよく心に刻んだ上で投資して欲しい。

ネットやマスメディアなどを探せばあちこちで予想があふれていますが、
多くの場合は外れるものと考え、自分で考え予想する癖を付けてください。
最初は余裕資金を数回に分けて投資するか、時間を掛けて入念に調べて、
本当に良い投資先であることを確認してから大切な資金を投資してください。
リターンには相応のリスクが伴います。
リターンが高い投資先ほどリスクが高いことを覚えてください。
そもそも、投資という行為自体がかなりハイリスクなものなのです。
美味い話には裏があるということです。
元本が減るのが嫌な人は円での定期預金以外はしない方が無難です。
投資するとしても日本の国債がぎりぎり可能かなという感じでしょう。

« 投信や株式の課税の仕組みと蛸足分配について | トップページ | 今日の相模湖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57675038

この記事へのトラックバック一覧です: 投資の諸注意と覚悟について:

« 投信や株式の課税の仕組みと蛸足分配について | トップページ | 今日の相模湖 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ