コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の4件の記事

2007年4月24日 (火)

投信のりそなオールスターは意外にリスキー?

アムンディ・ジャパンのりそなオールスターは債券型で安全な部類かと思ったら、
かなりリスキーな投資信託だったんですね(^_^;)
ダイワ・グローバル債券以上を目指してるのかな?
物価連動国債はデフレで価値が暴落するリスクがあるし、転換社債も会社の
破綻で価値が暴落するリスクがあります。
ハイ・イールド債もごく稀にしか無いでしょうが、デフォルト(債務不履行)で
紙くずになる可能性があるようです。
こうしてみると、日本株2.5%、アジア&新興国株3.5%、
新興国国債15%、物価連動国債・グローバル転換社債・商品先物取引など7%、
利回りは高いが格付けが低くてミドルリスクはあるだろうハイ・イールド債が
36%含まれており、結果としてミドルリスク以上が合計64%もある投資信託と
なっていて、ダイワ・グローバル債券やグローバル・ソブリンと同じと考えてると
痛い目を見そうです。
どうりで1回目の分配金が40円、2回目の分配金が190円もあったわけです。
内容を考えてみるとミドルなリスクとリターンであると考えて良いだろうと思うし、
ブンさんに似た動きをしそうな気もします。

参考
グーグルで「物価連動国債」「転換社債」「転換社債 ヤオハン 破綻
ハイ・イールド債」を検索

東京スター銀行が顧客の資産をネコババ→最高裁で顧客側の勝利

日本経済新聞の記事によると、
東京スター銀行で自動更新の定期預金を15年後に200万円払い戻しの
手続きをしたところ、10年以上で消滅時効が成立を理由に拒否された。
最高裁まで争った結果、更新されてる場合には時効は進行せず払い戻さな
ければいけないということ。
まぁ 当然の結果ですね。
つまり、東京スター銀行は顧客の資産をネコババしようとした!
泥棒というか詐欺というかを平気でやる銀行だったというわけですね。
さっさと潰れてください。→東京スター銀行

ちなみに、私の取引先のりそな銀行に聞いたところでは、東京スター銀行の
ようなことはなく、満期以降10年経とうが20年経とうが、通帳の預金は
引き出すことが出来ますとのことでした。
まぁ 当然ですけど(苦笑)

2007年4月 8日 (日)

今日の相模湖

今日は自動車で相模湖へ女房と一緒にドライブに行ってきました。
私が住んでいる西東京市からは行きの一般道で2時間半
帰りに中央道を使って渋滞ありで1時間半掛かりました。
ですが、近くで湖を楽しむ上で多摩湖よりも良く、河口湖よりも
リーズナブルで良いです。

R0010099 R0010100 R0010101
R0010102 R0010103
相模湖駅近くの駐車場ありの公園です。

R0010104 R0010105 R0010106 R0010108
R0010117 R0010119
遊覧船に乗って撮った写真です。
下の2枚は、キングコングに襲われてるのを模した豪華客船風の
建造中のホテルです。
船ではないです。 思わず笑っちゃって、撮った写真ですね。
もう1枚は、青粉など淡水藻が繁殖しすぎたりを防ぎ浄化するための
一環として湖底に空気を送り込んでいて、その空気が湖面に吹き上がって
きている写真です。

R0010122
まさか、無印のリッジレーサーが、しかも3画面のマルチディスプレイで
置いてあるとは!
相模湖 恐るべし!

R0010126 R0010127 R0010128
お土産屋か飲食店の人が飼っているらしき子犬です。
可愛くて撮っちゃいました。(^_^)/

R0010132 R0010137 R0010141
トンビが沢山飛んでいて湖面に向かってダイブして何か餌を獲っていました。
何でしょうね?
近くに貸しボートの桟橋があったし人もいたので、餌を撒いていたのかも?

R0010144 R0010146
そして帰宅へ。
相模湖ではこのようにまだ桜も咲いていて、花見も出来そうでしたので、
見逃した人は、最後のチャンスかも?
また、手軽に湖を見て遊ぶのには良い場所かも?

今日は大垂水峠でバイクでツーリングのグループも多く見ました。
大垂水峠は昔からワインディングロードとローリング族とかで有名ですが、
バイク乗りが多く さすがという感じですね。(^-^;
高校時代は八王子市に住んでいたので、私の級友も大垂水峠を攻めていた
人がいましたよ。(--;)
何というか、私は怖いので急カーブは時速30kmまで減速して走ってました。
あそこをローリング族は時速50kmとか出して曲がり走り抜けて行くので
しょうか?
今日はそういう人達はいませんでしたが、確かに規制されて然るべきですね。
事故も多かったんでしょうね。

2007年4月 2日 (月)

投資の諸注意と覚悟について

投資はあくまでも自分で責任を持って行うもの。
自らの判断ミスにより損をしても自業自得なものであり、犯罪被害で無い
限り誰かが助けてくれるわけではありません。
私も見捨てたりはせず少しは改善案を述べることも出来るでしょうが、
それ以上は難しいのです。
ゆえに、大損などのリスクを覚悟の上でないと投資できない投資先には、
それだけの覚悟が無い限り決して手を出してはいけない。
これから投資を行う人は、そのことをよく心に刻んだ上で投資して欲しい。

ネットやマスメディアなどを探せばあちこちで予想があふれていますが、
多くの場合は外れるものと考え、自分で考え予想する癖を付けてください。
最初は余裕資金を数回に分けて投資するか、時間を掛けて入念に調べて、
本当に良い投資先であることを確認してから大切な資金を投資してください。
リターンには相応のリスクが伴います。
リターンが高い投資先ほどリスクが高いことを覚えてください。
そもそも、投資という行為自体がかなりハイリスクなものなのです。
美味い話には裏があるということです。
元本が減るのが嫌な人は円での定期預金以外はしない方が無難です。
投資するとしても日本の国債がぎりぎり可能かなという感じでしょう。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ