コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いを調べてみた。 | トップページ | 投資の諸注意と覚悟について »

2007年3月30日 (金)

投信や株式の課税の仕組みと蛸足分配について

取得価額とは、投資信託や株式を購入した時の、手数料や税金を含めた
総購入金額を言う。
取得単価とは、投資信託や株式を購入した時の、手数料や税金を含めた
基準価額や株価を言う。
個別元本とは、投資信託を購入した時の手数料や税金を除く基準価額を言う。
投資信託で追加購入や売却をしたり元本払戻金が生じると、取得価額や
取得単価や個別元本は再計算し修正され口数あたりの金額が平均化されます。
株式で追加購入や売却をすると、取得価額や取得単価は再計算し修正され
株数あたりの金額が平均化されます。
特定口座では、取得単価で1円未満があれば1円単位に切り上げて利益が
計算されて課税されます。
1円未満を切り上げることで課税対象となる利益は少なくなり、払う税金が
少なくなるからです。
税金は1円未満は切り捨てられます。

投資信託の課税方法は個別元本方式です。
分配落ちとは決算日に分配金を出すことで基準価額が下落することを言う。
決算日の夜に発表される基準価額は、分配落ち後の基準価額です。
決算日の夜に発表される基準価額が個別元本と同じか上回る場合、分配金は
全て普通分配金となり、課税されます。
決算日の夜に発表される基準価額が個別元本を下回る場合、基準価額と
個別元本との差額に相当する金額の分配金は元本払戻金となり非課税と
なります。
元本払戻金を引いた残りの分配金は普通分配金となり、課税されます。
元本払戻金を受け取った場合、個別元本からその金額を引いて新しい
個別元本に修正されます。
売却した時の基準価額が個別元本を上回る場合、値上がり益に課税されます。
売却した時の基準価額が個別元本と同じか下回る場合、非課税となります。
投資信託では、買取請求を除き基本的に源泉徴収されます。
買取請求は特定口座を利用することで源泉徴収されます。
株式の配当はそのまま課税され、信託銀行などから送金される時点で既に
源泉徴収されています。
株式で特定口座で源泉徴収される場合、売却代金から取得価額と売却した時の
手数料や税金を引いた金額で税金の計算がされます。
取り引きのたびに年初からの損益を計算して、利益があれば源泉徴収されて、
損失であれば既に徴収した税金から還付されます。

俗にいう投資信託の蛸足分配についてですが、人によって蛸足分配の基準が
異なりますので、これと決めるのは難しいのですが、私の場合をここに書きます。
個人の場合には、課税方法である個別元本方式から言えば、元本払戻金は
元本の払い戻しに相当するもので蛸足分配と言えると思います。
投資信託で運用している資産の場合には、分配金が蛸足分配に相当するか
否かは、その投資信託の運用状況によると思います。
レポート類や運用報告書などを見て、分配金の内訳で運用収益より出ている分は
あまり気にしなくても良いかもしれませんが、運用収益以外から出ている分は
蛸足分配と判断して良いかと思います。
蛸足分配は顧客資産が減るので好ましくありません。
蛸足分配が長く続いているような投資信託は避けた方が無難かもしれません。

以上は、グーグルで「個別元本方式」「取得価額とは」「取得単価とは
蛸足 分配」「普通分配金 特別分配金」「投資信託 取得単価 特別分配金
普通分配金 元本払戻金」「投資信託 取得単価 元本払戻金
特定口座 切り上げ」を検索した結果を参考にしました。

« レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いを調べてみた。 | トップページ | 投資の諸注意と覚悟について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57675039

この記事へのトラックバック一覧です: 投信や株式の課税の仕組みと蛸足分配について:

« レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いを調べてみた。 | トップページ | 投資の諸注意と覚悟について »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ