コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の9件の記事

2006年10月25日 (水)

投資の対象としてのミクシィ

昨日10/24の夕刊フジの記事によると、
米国最大のSNS(外部非公開ブログ+掲示板集合体)の
マイスペースドットコムの買収時の会員数は7000万人。
ニューズコーポレーションによる47%の株式取得費用が
680億円で全体的な企業価値が1400億円であると
書かれている。
日本のミクシィは今年7月時点で会員数500万人しか居らず
それにもかかわらず時価総額が下落したとはいえ、
まだ1760億円もある。
暗に高いぞと感じさせる調子で「ミクシィ株は高いか安いか
冷静に考えてみるべき」と記事では締めくくっている。

ネットでは頼めば招待メールを出してくれる人達が
居る掲示板が多く見られ、事実上開放されているSNSの
ミクシィ。
これにより外部非公開(クローズド)のメリットは薄れる
ばかりか、最近はスパム投稿も増えマスメディアに画面が
公開されることもある。
ミクシィはブログ+掲示板の集合体のようなものと聞いて
いるが、過去のパソコン通信で同じようなサービスも多くあり、
また、高年齢層は家族の記事を載せたり自由なデザインに
したいなどからブログへ移行するケースも少なくないと聞く。
更には、2ちゃんねるでの情報によるとトップページにおいて
実名登録を推奨しておいて、規約では利用者本人が実名を
公開するなどして、これによりプライバシーが外部に流出しても
ミクシィは責任を取らないと書かれているという。
ミクシィ自身が利用者に実名公開を推奨しておいて実に非常識で
無責任な経営者達である。
このことからも本当にどれだけの価値があるのか?
将来性は本当にあるのか?
これからも会員は増え続けるのか?
色々と疑問に思われる部分が多いと感じる。

以上全てを見て考えるに、ミクシィの企業価値は単純に
マイスペースドットコムと会員数の比率で比べた場合の
100億円とまでは言わないが、1760億円もする
わけがないと考える。
米国と日本の市場の違いもあるので、いいところで
500億円程度ではないのかと思う。
それとて、マイスペースドットコムと会員数の比率を
基準に考えれば2500万人の会員が居る規模の企業価値
とも言えるが…
どうも日本はITバブルの癖が抜けてないというか、
経験が生かされてないというか…
ものが全然違うが写メールで一世を風靡したJフォン。
結局はブームは長続きせず会員も他社へ流れ、
ボーダフォンに買収されソフトバンクに行き着く羽目に
なった。
写メールと同様で、一時的なブームに終わるのではないか?
そのような懸念が非常に大きく感じられる。
個人投資家としての経験が浅い人は、ミクシィに投資するのは、
せいぜい100~300万円にとどめるのが懸命に思う。
そうでないと大火傷を負う可能性がミクシィにはあると思う。

2006年10月24日 (火)

ソフトバンクの携帯電話は実質他社と同等か?

ソフトバンクの場合
1161619726890
ソース画像URL
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1161617499438.jpg
これにネット利用契約や通話明細やネット割引定額料や通話料が
加わると…
他社より安いとは言えないよねぇ(^_^;) 少なくとも同等だよ。

auの場合
プランM(無料通話144分 30秒14円 15750円まで無期限繰り越し)
MY割適用(2年間利用契約)で基本使用料6600円→4191円(1年目)
→4292円(2年目)
プランL(無料通話262分 30秒12円 21000円まで無期限繰り越し)
MY割適用(2年間利用契約)で基本使用料9500円→6032円(1年目)
→5890円(2年目)

EZ-WIN(ネット利用契約)300円 通話明細100円

ネット利用時割引
ダブル定額ライト 最低1000円、ダブル定額 最低2000円
EZウェブ「のみ利用した月の上限」両方とも4200円
PCサイトビューアーを「1度でも使用した月の上限」両方とも5700円
1パケット(128バイト)通常0.2円
→ダブル定額ライト0.08円、ダブル定額0.05円

私の場合19カ月目で以上を状況に合わせて組み合わせて利用。
例 来月の予定(通話料は無料通話分で賄える)
プランM MY割適用 EZ-WIN 通話明細
ダブル定額(PCサイトビューアー使用で80000パケ=4000円使用と仮定)
以上で税抜き8692円 税込み9126円
毎月の情報料787円(税込み)、これを加えて税込み9913円

2006年10月11日 (水)

今日のキャアちゃん

Rimg0083
背伸びして仰向けで寝てたので写真撮っちゃいました(笑)

ブンさん分配金420円!!!

今後の家計を考えてみた。
10月中旬追加購入予定の337万口を含めて自宅の増築費用用として
組み入れる口数は533万口となり、メインの投資先の投資信託は
全部で5565万口となる。
これにより100円の分配金で50数万円は出るようになった。
よって、現状と同じく毎月300円の分配金が出て、
1月に古いアパート解体して もう1個の築2年のアパートの収入だけに
なった場合、古いアパート解体 住人転居費用出金 相続税関係
アパート修理 自宅増築 ビッグスクーター購入(もしかすると2台)
生活費 これらを引いて、2007/3月末の段階でメインの投資先の
投資信託は少々崩して5325万口残り、普通預金は90数万円残る。
(ビッグスクーターが2台のときは普通預金は50数万円残る。)

税金は2006~2007年は10%で2008年以降は20%。
ただし、2008年以降も10%の継続を願う声も多く流動的。
300円の分配金は税抜き270円となり年利を
基準価額1万170円の時価で計算すると税抜きで31.9%。
毎月300円の分配金だと生活費5%を引いて毎月120万円ほど
(年利26.6%相当分)残る。
よって、基準価額1万170円だとすると毎月118万口ずつメインの
投資先の投資信託を追加購入可能になる。
全口数を基準価額1万170円で計算した時価を元本として夢の1億口も
基準価額1万170円で計算した時価を目標金額とする。
これを年複利で計算した場合、およそ3年で夢の1億口保有が実現可能と
いうことになる。
子供が出来て生活費10%となった場合、4年に延長となる。
これがもしも毎月の残金が年利20%相当だとしても4年、15%で5年、
10%で7年、5%で13年で実現できる。

先月分配金280円 今月分配金420円。
1億口保有の夢に ますます現実味が出てきた。
う~む 頑張らねば。

2006年10月 9日 (月)

家計その後

女房と話をしていて、自動車もいいし車庫スペースを作るのは良いけど、
事実として自動車が無いからといって困ってるわけじゃないし、
自動車を買うのは何年かあとにしたら?
 と言われた。
車庫スペース自体は、女房の実家が同じ東京でたまに来たときに
あると助かるので、あった方が良いということ。
まぁ こっちから女房の実家に遊びに行ったとき、自動車で行っても
停める場所が無いしねぇ(^_^;)
う~ん この頃暇だし、AT限定普通二輪免許でもとろうかな?
それで、ビッグスクーターに乗りたいかなと。
車種によっては車検はいらないし車庫証明もいらないし、
高速道路もOKだし、小さめのバイクなら自動車の脇を通ることで
中央線の開かずの踏切を早く越えて、タンデムで女房の実家まで
楽に行けるし、実家の脇に停めれば良いしね。
何といっても車体価格も維持費用も安いし(笑)
免許さえあれば明日にでも買えちゃうし。

2006年10月 8日 (日)

もう1度家計の見直し

最近の調子からするとブンさんの1カ月分の分配金を年利換算
すると凄くて、安全性も考えれば、わざわざ中国やインドに
投資する必要はないので、損失が出る前に中国やインドから
投資資金を引き揚げてブンさんに集中投資することにした。
ブンさんへの今回の追加投資は350万円で約337万口分。
全口数は約5565万口になる。
基本の5032万口は何が何でも崩せない絶対保有口数なので、
自由がきく口数は533万口で約542~555万円相当になる。
相続税で税理士の先生に渡すお金と、古いアパートの解体費用と
住人の転居費用、その他の修理費は確保出来ていて、
この533万口は自宅の増築費用用であり、今後の収入からの
利殖はマイカー購入資金&万が一にも相続税が発生したときの
資金ということになる。
税理士の先生が言うには相続税は出ないかもしれないという
ことなので、マイカーの分ということになるので、今の調子で
あれば3~4カ月もあれば貯まるだろう。
1億口に向けての本格的な利殖は春からということになりそうだ。

2006年10月 6日 (金)

ソフトの印刷をPDF化してJPEG変換

簡易DTPソフトのメッツGクルー8を持っていて
図面や文章を合成した文書を書くのに非常に重宝していたのだけど、
専用ファイルではなく画像ファイルとして保存すると解像度を
指定できない上に文字や線などベクターデータは大丈夫だが
ドット絵などラスターデータでは思っていたよりも劣化が大きく
使いにくい。
そこで思い付いたのがPDF化できないかということ。
プリンタードライバーとして機能するPrimoPDFという
ソフトを知っていたのでさっそく最新版をダウンロードして
印刷の出力先をPrimoPDFに設定してPDF化した。
そしてペイントショッププロで読み込んでみると大成功!
Gクルー8で専用ファイル形式データを読み込んだのと同等で
遜色なし。
さっそくネット用に横幅1024で縮小してJPEGで保存した。
文書をJPEGに変換したくて困っている人は、
PrimoPDFとペイントショッププロを併用すると
綺麗に変換出来るので、非常にお勧めです。

2006年10月 1日 (日)

我が家の家計

最近、好きな企業を応援するつもりで来年後半あたり、
株式を全部で100万円を上限で、10~50万円を中心に
3社くらい買ってもいいかなと思うようになってきた。
それだけ心に余裕が出てきた。
税理士の先生の奮闘のおかげで下手すりゃ150万円くらい相続税が
来るかもしれないのが来ずに済みそうで、税金用に取っておいた資金を
シロアリで倒壊寸前の古いアパート解体や自宅の子供部屋兼居間の
増築の件に回すことが出来そうで、色々落ち着いてきて我が家の家計も
おおよそは見渡せるようになってきてるし。

先月総収入172万円
投信分配金平均120円超えで、月収70万円前後
相続税以外の税金や社会保険料は全て支払い済み
建物の修理費を除く先月支出合計37万4000円
月収-先月支出=余裕資金33万円

72の法則によって今後10年でブンさんを1億口持つ夢の実現は、
毎年8%をブンさんに追加投資せねばならない。
月に換算すると33万円になる。
特に意識していたわけではないが、どうやら実現可能なようだ。

米英が韓国から投資資金を引き揚げ

朝鮮日報によると、米英の機関投資家が韓国から投資資金を引き揚げに
入っている様子。
今年8月までの米英の資金流出が例年よりも加速してきていて政府が慌てて
対策を練っているようです。
だがしかし急にできるわけでもないだろうし、国外機関投資家の動きが活発に
なる秋から年末にかけて更に資金流出があったら…
やはり秋~年末はアジア地域は要注意のようです。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ