2ちゃんねる関係

« 投資の効率 | トップページ | レクサス販売低迷と店員にとって最高の接客 »

2006年8月25日 (金)

EOSキスデジタルX発表

EOSキスデジタルXの9/8発売が発表!
変更点をチェックすると…

800万画素が1000万画素にアップ!
   画素数が増えてもダイナミックレンジ関係の問題やファイル容量が
   増大する問題が出てくる。(-_-;
メディアはコンパクトフラッシュタイプ2対応で変化は無し。
   カメラ本体が対応してないと使えないSDメモリーカードではなく、
   コントロールICを内蔵し、使うカメラを問わないコンパクトフラッシュを
   継続して使うのは、大容量なメディア(値段が安い方が良い)が必要な
   デジタル一眼では当然の判断だ。
撮像素子のゴミ自動清掃機能搭載!
   シャッター幕で隠れてるので一般に言われてるほどゴミは付着しない。
   たまに確認し、手押しポンプ型エアブロワーで清掃する程度でOK。
RAW現像ソフトを使わなくてもピクチャースタイルを適用可能!
   上位機種のEOSで触ったが使い分けが面倒で好みではない。
   やや鮮やかな初期設定と素材重視、自分好みを3つ登録の
   3種類で充分だ。
   大切な写真だけRAWで撮ってRAW現像ソフトで編集ってのでも
   充分すぎるくらいだ。
AF測距点が2点増えた。
   わずかに左右が狭く?
   それよりもファインダーの視界を広くしてくれ(怒)
連写枚数が14枚から27枚へ増加。
   以前よりJPEG、ラージ、ファインで50~60枚は撮影できますが。(^_^;)
カスタムファンクションが9種類24項目から11種類29項目に増えた。
   何が増えたのだろう?
   従来より補助光投光、先幕/後幕シンクロ撮影、ノイズ低減、ミラーアップ、
   色々あるけど使い切れてません。(^-^;
   カスタムじゃない従来からある機能だけど、ストロボ調光補正が内蔵と
   外付け共に使えるのはありがたいね。
大きな液晶ディスプレイになった。
   ピントの確認が楽になるかな?
   まぁ ズームアップして確認すれば済むのだけど。
   それよりも明るい場所でも見やすいように明るい液晶にしてくれ(怒)
50%ストロボ使用で撮影枚数が400枚から360枚へと40枚減った。
   どういうつもりだ!(怒)
少しだが重くなった。
   今でも交換レンズを付けると重い。
   もっと軽くしろ!(怒)
概観の素材は今まで通りです。
   もっと良い質感のボディーと剥がれない頑丈なゴム系のグリップに
   いい加減変えろ!(激怒)

« 投資の効率 | トップページ | レクサス販売低迷と店員にとって最高の接客 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/11600315

この記事へのトラックバック一覧です: EOSキスデジタルX発表:

« 投資の効率 | トップページ | レクサス販売低迷と店員にとって最高の接客 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ