コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の12件の記事

2006年8月28日 (月)

ブンさん、ついに1万400円!!

米国ドル/円のレート 117円台で推移
米国 前日より横這いかわずかでも上で終わることが多い。
インド ここのところ乱高下多かったが復調して来ている。
日本 最近は不調
ロシア 乱高下多かったが若干復調の兆しあり

世界分散投資のバランス型(日本含まない)のブンさんが、日本が不調で
円安なためか現在絶好調で、基準価額が1万400円到達!
まだ決算まで2週間近くあるのに!\(^o^)/
もしかして、1万500円=分配金400円可能? も狙えるか?
5000万口の投資なので… かなり凄いことになりそうだ。(●^o^●)

2006年8月27日 (日)

レクサス販売低迷と店員にとって最高の接客

トヨタのレクサス販売店でレクサスの販売が低迷しているらしい。
うちの近所にレクサス販売店は無く あるのはバイクか自動車でないと
行けない場所の他のトヨタディーラーだけで記事の事実を確認は
出来ないが、自動車雑誌のMAG Xで何度も特集を組んでいたのだが、
それが事実であれば当然に思う。
記事の内容によれば店員が気に入った客しか相手にしないとか、
如何にも金持ちで買いそうな客しか相手にしないとか、それら以外の
客には全く無愛想で意地の悪い対応で早く帰れという言葉遣いや
態度をとり、修理や車検で自動車を引き取りに来てくれなかったり
代車を出してくれなかったり、他のトヨタディーラーとは全く異なる
客が2度と来ないような、店員の都合至上主義の店員にとって
「最高の接客」であったという。
恐らく誇張もあろうかとは思うが、長く続いてきた雑誌なので事実も
多く含まれているだろうことを考えれば、接客サービスで客を大切に
する商売の基本を忘れた結果ではないかと思う。
昔、チェイサーなどの購入も検討しトヨタ店を巡ったこともあったが、
非常に店員が親切だった。
結局は街の中の足でいいということでスターレットにしちゃいましたが、
店員に対する印象は非常に好印象だった。
それなのに最高の接客をうたったのが、客にとってではなく店員に
とってであり、客にとっては最低の接客だったとは。
レクサス販売の低迷は当然の結果だろう。
それなのに新型の車種を投入で大丈夫などと能天気でいるという。
いっそのこと経営危機に陥り破綻寸前まで行かなければ役員達は
気が付かないのか?
自動車雑誌で酷評されないような、他のトヨタディーラーのような、客に
とって最高の接客に改善されることを希望する。
日本経済に対する影響はトヨタは大きく思うし、本当に接客の改善を
希望する。

2006年8月25日 (金)

EOSキスデジタルX発表

EOSキスデジタルXの9/8発売が発表!
変更点をチェックすると…

800万画素が1000万画素にアップ!
   画素数が増えてもダイナミックレンジ関係の問題やファイル容量が
   増大する問題が出てくる。(-_-;
メディアはコンパクトフラッシュタイプ2対応で変化は無し。
   カメラ本体が対応してないと使えないSDメモリーカードではなく、
   コントロールICを内蔵し、使うカメラを問わないコンパクトフラッシュを
   継続して使うのは、大容量なメディア(値段が安い方が良い)が必要な
   デジタル一眼では当然の判断だ。
撮像素子のゴミ自動清掃機能搭載!
   シャッター幕で隠れてるので一般に言われてるほどゴミは付着しない。
   たまに確認し、手押しポンプ型エアブロワーで清掃する程度でOK。
RAW現像ソフトを使わなくてもピクチャースタイルを適用可能!
   上位機種のEOSで触ったが使い分けが面倒で好みではない。
   やや鮮やかな初期設定と素材重視、自分好みを3つ登録の
   3種類で充分だ。
   大切な写真だけRAWで撮ってRAW現像ソフトで編集ってのでも
   充分すぎるくらいだ。
AF測距点が2点増えた。
   わずかに左右が狭く?
   それよりもファインダーの視界を広くしてくれ(怒)
連写枚数が14枚から27枚へ増加。
   以前よりJPEG、ラージ、ファインで50~60枚は撮影できますが。(^_^;)
カスタムファンクションが9種類24項目から11種類29項目に増えた。
   何が増えたのだろう?
   従来より補助光投光、先幕/後幕シンクロ撮影、ノイズ低減、ミラーアップ、
   色々あるけど使い切れてません。(^-^;
   カスタムじゃない従来からある機能だけど、ストロボ調光補正が内蔵と
   外付け共に使えるのはありがたいね。
大きな液晶ディスプレイになった。
   ピントの確認が楽になるかな?
   まぁ ズームアップして確認すれば済むのだけど。
   それよりも明るい場所でも見やすいように明るい液晶にしてくれ(怒)
50%ストロボ使用で撮影枚数が400枚から360枚へと40枚減った。
   どういうつもりだ!(怒)
少しだが重くなった。
   今でも交換レンズを付けると重い。
   もっと軽くしろ!(怒)
概観の素材は今まで通りです。
   もっと良い質感のボディーと剥がれない頑丈なゴム系のグリップに
   いい加減変えろ!(激怒)

投資の効率

何気に今の投資効率をチェックしてみました。

約2カ月間での基準価額(分配金込み)の成長率
(25日基準価額-2カ月前+分配金)÷2カ月前×100=以下の%

財産三分法で世界分散投資 7.6%←日本は組み入れていない。
インド 19%←25万円ほどの差損がまだある。
日本 5%
東欧 21%←ロシアやチェコなど

やはり東欧が一番良いみたいですね。
次がインド。
そうは言っても、インドはまだ差損が(^_^;)

2006年8月23日 (水)

10400円突破間近

メインの投資先のブンさん、今日の基準価額10375円!!
昨夜は結局米国市場は横這いの終値だったのに円安効果が出たのか?
今月中には10400円を確実に超えそうな勢い!\(^o^)/
この分だと来月の分配金は期待出来そうだ。
やはり116円台の円安パワーは何かが違う!
若干下がっての終値でも円安パワーが補ってくれることも時々ある!
今後も116円台を維持し分配金をしっかり頼むぞブンさん!

2006年8月18日 (金)

これからどこに投資しようかな?

りそな銀行より届いた投信一部売却のハガキが雨でびしょぬれ。
しょうがないので24時間やってるユーザーサポートに電話して再発行を
お願いした。
こういうところは便利だね。

しかしこれでインドも300万口を残すのみかぁ。
リフォームのためだし、しょうがないか。
でもこれで秋からは支出が激減し余裕資金を貯められる予定。
世界分散投資(日本含まない)が5000万口、日本50万口、ロシア・東欧が
50万口、これに先に上げたインドが加わるわけで、どこに追加投資しようか?
新規投資しようか?
う~む 迷っちゃうね。
世界分散投資以外の投信で、現在投資してないのはオセアニア方面、
北米南米、中国韓国、西欧、東南アジア、アフリカで、こんなところか?
中国や韓国はバブルが弾ける可能性があるので避けて、北米も熟してる国
なので避けて、ある程度良さそうなのと これからに期待で、オセアニア方面と
東南アジアとアフリカかなぁ?
どんな投信があるか調べてみようかな?
それと世界の政治情勢や経済情勢もね。

2006年8月17日 (木)

ブンさん2000億円突破!

ついに我らがブンさんの純資産総額が2000億円の大台を突破!
次に目指すは5000億円だ!
それにしても4月には1200億円だったのが4カ月間で800億円集めたのかぁ。
大したもんだなぁ。(^_^;)

2006年8月13日 (日)

本当は売却したくなかったが…

アパートや自宅内装修理で追加を色々注文し、予定外の税金と国民健康保険料を
一気に払ったら、元々の予定よりも大幅に手元の資金が足りなくなった。
DVDボックスその他で12万円ほど使ったのも響いたかな。\(^^;オイ
そして9月末時点で-40万円の見込み。(゜ロ゜)ギョェ
しょうがないので元々の余裕資金で投資していたインドのヤツを500万口のうち
200万口ほど売却した。
200万口に決めた理由は、いつでも手軽に使える余裕資金を確保した上で
生活に困らない金額を手元に残せるから。
残り300万口は将来の改築の足しにするため残しておくつもり。
やはりある程度多くないと足しにできるだけの金額が貯まらないと思うので。
今後 メインの投資先の方でボーナス出たら10~20万円は私と女房の小遣い
として温泉などの小旅行に行くのに使い、残りは貯めて良い投資先を見つけて
50万円単位で投資するつもり。

いや~、しかし、不動産は投資コストが高くて本当に困る。

2006年8月10日 (木)

現在のお勧め投資信託(随時改訂版)

私が一般に勧めている投資信託は以下の通り。(^_^)/
詳しい内容や基準価額や過去の実績については、各投信の名前から
リンクされている運用会社の紹介ページや、運用会社の基準価額情報と
分配金情報か、販売会社の紹介ページを見てください。
多くの運用会社は、夜の7時から9時頃に基準価額を更新するようです。
運用会社や販売会社では、夜の11時頃や翌日に基準価額を更新する
ところも少なくないようです。

■一般に勧めている7本
大和証券
ダイワ日本国債ファンド
大和証券の紹介ページ、愛称は特に無し、毎月分配型)
ローリスクローリターン
国内債券型で日本の国債に投資。

大和証券
ダイワ・グローバル債券ファンド
大和証券の紹介ページ、愛称は特に無し、毎月分配型)
ローリスクローリターン
国際債券型で主に先進国の格付けが高い債券に分散投資。

大和証券
ダイワ外国債券ファンド
大和証券の紹介ページ、ダイワスピリット、毎月分配型)
ローリスクローリターン
国際債券型で主に世界の格付けが高い債券に分散投資。
新興国の債券は格付けが少々低い場合もあるようです。

りそな銀行
ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン
りそな銀行の紹介ページ、杏の実、毎月分配型)
ローリスクローリターン
オセアニア債券型で主にオセアニアの格付けが高い債券に分散投資。

りそな銀行
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
(運用会社の基準価額情報分配金情報
りそな銀行の紹介ページ、愛称は特に無し、毎月分配型)
ミドルリスクミドルリターン
米国債券型で米国の社債に投資。
米国の社債は格付けが低い場合もあるようです。

大和証券
ダイワ米国リート・ファンド
大和証券の紹介ページ、愛称は特に無し、毎月分配型)
ハイリスクハイリターン
米国リート型で米国のリートに投資。

りそな銀行
日経225ノーロードオープン
りそな銀行の紹介ページ、愛称は特に無し、年1回分配型)
ハイリスクハイリターン
国内株式型で国内の株式に投資。

2006年8月 7日 (月)

IMFのネバダレポートなるものを見て

グーグルで「ネバダ レポート」を検索

》(1)公務員の総数の30%カット、及び給与の30%カット、
》  ボーナスは全てカット
》(2)公務員の退職金は100%全てカット
》(3)年金は一律30%カット
》(4)国債の利払いは、5~10年間停止
》(5)消費税を20%に引き上げ
》(6)所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ
》(7)資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、
》  債券・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の
》  1%を課税。
》(8)預金は一律1000万円以上のペイオフを実施し、
》  第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。

(1)~(4)は、まぁしょうがないかな。
(私は公務員じゃないし、年金保険を頼りにしてないし、日本の国債を
買って無いし、私のメインの投資先の投信は日本は組み入れてないし。)
(5)は予想済みだし、(6)もしょうがないかな。 まぁ節約するしかないかと。
(7)は公示価格が固定資産税の評価額と同じ意味であるとして、
固定資産税と同様に毎年払うものであるとしたならば、
うちの土地の評価額は平均すると1坪約62万円で、全部で約68坪
あるので約4200万円になって約210万円の税金…
中小企業の普通のサラリーマンでも評価額が同じで約30坪だとして
約93万円の税金…
まぁ反発が凄く大きくなること必至なので恐らく基礎控除があるだろうし、
不動産の規模別に段階を設けた課税になるだろうから、恐らく
半額以下で2%程度になるだろうと予想。
これなら評価額が同じで約30坪だとして約37万円の税金で、
サラリーマンでも何とか払うことも出来るだろう。
不動産取得税のように購入する時に1~2回だけ払うものであるならば、
購入価格に上乗せして計算して不動産購入の全費用を用意することで、
5%の税金でも払える可能性はあるだろう。
株式や投信(株式扱い)は購入する時に1%の税金を払うようですね。
(8)は預金しておくよりも投信の方が良さそうですね。

2006年8月 6日 (日)

脱サラして半分経済的自由になってのこと

ヤフーの掲示板に書いた私の記事の転載ですが、経済的自由から見た世界観に
ついての問いがありました。(^_^;)
脱サラして半分ほど経済的自由な立場(アパート経営+個人投資家)になった
私の経験から言いますと、投資と経済新聞を見るのがほとんど趣味(笑)
賃貸物件を見ると投資金額に対する利回りを考えてしまう。
事件を聞くとつい株価との連動を想像してしまう。
雨の日でも自宅で仕事が出来るし就労時間は自分で決めるので、その点では楽。
ただし、全ての責任は自分で負う必要はあるが。
猫と遊ぶ時間が増え、花壇の手入れをまめにするようになった。
読書や映画をよく見るようになった。
食べ物でお金をケチらなくなったが、物を買う時に費用対効果は気にしてる。
3交代勤務で激務で結構危険な機械を操作することもあり指を切断した人も居る
仕事場で働くなど、危険な部分も多い仕事をしていたので脱サラしたら女房が
喜んでいた。
脱サラしたら生活リズムが普通になり健康的になったら体重が増えた。
毎日女房とイチャイチャする時間が大幅に増えた。
毎日 食事のあとの後片付けをして女房の機嫌をとっている。
女房のために台所と浴室周りを改築し食器洗い乾燥機も買った。
こんな感じかな?

残念なのは、改築で12年間の貯金の半分以上が消えたこと(^_^;)

2006年8月 1日 (火)

投資信託/ブンさん好調!

りそな銀行のブンさんがまもなく純資産総額が2000億円を突破する予定。
4月には1200億円だったのに もう2000億円かぁ…
こうしてみると5月の世界同時株安で大きく買い増したのは正解だったね。
現在1万100円前後をうろついてるが、上手く行けば決算までに1万150円
くらいは行くだろう。
久々にボーナス付き分配を期待できるかも。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ