コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 入り浸っている投資系掲示板 | トップページ | NYダウいきなり上昇 »

2006年6月28日 (水)

現在の投資信託の選別・購入・売却

まず、投資したい時期を世の中の景気の動向を見ながら決めます。

次に欲しい利益と、どのような投資信託を購入したいのかを決めます。
気になる投資信託を見つけたら過去の実績と各種手数料を調べて軽く選別して、
販売会社や運用会社の資料を継続して調べたり、ヤフーファイナンスの機能を
利用して運用状況を継続して調べたりしています。
このように色々と入念に調べて購入する投資信託を検討しています。

また、世界の経済情勢に関して重要なニュースやイベントや指標をチェックして、
世界各国の市場のチャートや投資信託の基準価額の推移をチェックして、
ヤフーファイナンスの機能を利用して運用状況を継続して調べて、投資したい
時期の中で良いタイミングを予想して投資信託の購入や売却をして、必要が
あれば適切な時期にポートフォリオを変更したり損切りを実行しています。
投資関係の情報はあくまでも参考で、自分で調べて納得した上で投資信託の
購入や売却をしてます。

世界同時株安などでは多くの投資信託は基準価額が通常よりも大きく
下落します。
ですが不景気というわけでもない限り多くは短期間で元の基準価額まで
回復しますので、慌てて売却すると大損する可能性もあります。
むしろ、追加投資などのチャンスとして生かす方が重要かと思います。
ただし、長期間下落した状況が続くようであれば、ある程度回復した
時点でポートフォリオを変更したり損切りを実行した方が良いでしょう。
何%程度下落してどの程度の期間続いたら損切りを実行に移すかなど、
ルールを作っておくと良いと思います。

世界分散投資の株式やリート、世界の格付けが低い債券、これら一般に
ミドルリスクと呼ばれている運用商品に投資する投資信託のレベルからは、
少なくとも週に数回は経済関係で重要なニュースやイベントや指標と
市場や基準価額をチェックした方が良いでしょう。
(ローリスクは月に数回、ハイリスクは毎日チェックした方が良いでしょう。)
チェックしていれば、ある程度経験を積めば少しは予想も出来るように
なるので、慎重な対応が必要なポートフォリオの変更や大きな投資も、
ある程度は良いタイミングで出来るようになります。
油断せず気を引き締めて上手く儲けたいものですね。

参考
上記でヤフーファイナンスの機能を利用してるとあります。
具体的にはローソク足や移動平均線で売りサインや買いサインを調べて、
投資信託の購入や売却の時期を考えてます。
これらはあくまでも参考で、他の情報と合わせて投資信託の購入や売却を
してます。
それぞれの用語の詳細は、投資信託を選ぶポイントについてのページ
見てください。

« 入り浸っている投資系掲示板 | トップページ | NYダウいきなり上昇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/10714808

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の投資信託の選別・購入・売却:

« 入り浸っている投資系掲示板 | トップページ | NYダウいきなり上昇 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ