2ちゃんねる関係

« 竹島問題、合意・調査中止 | トップページ | やはり害務省なのか? »

2006年4月23日 (日)

竹島の調査船派遣での騒動の真相を考える。

竹島周辺の海底に韓国提案の地名を付けるのを阻止しようと、
調査船派遣で今回の騒動があったわけなのだが、
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/04/22/20060422000017.html
これの2番目を読んで考えて2ちゃんねるにも同じ記事を投稿したのだが、
国際会議では満場一致が原則ってことは知らなかったな。
調査船派遣で強硬姿勢だったから多数決制かと思ってたよ。
満場一致制なら確かに日本が居る時点で阻止も可能でしょうから、
政治的に何らかのアピール目的でしょうね。
いざとなれば米国を利用して根回しも出来なくも無いだろうし。
(普段米国に譲歩してんだから思いっきり利用しろっての)
今回のは選挙対策の「政府はちゃんとやってます」なアピールと
考えるのが妥当か?
舞鶴で演習中の自衛隊が一般公開を急遽中止したと聞いたが、
万が一にも交戦になったら出動するためか?
だとすれば韓国の過剰反応は政府の予想外だったのかな?
でも調査船を持ってくるだけで過剰反応してくれたおかげで、
こういう問題があり韓国が不法占拠してる問題ある国であると
アピールできたし、今後も調査船入れるだけで紛争化できなくもない
ことが分かった。
オマケ程度で調査しようとしてたら予想以上にメリットが
あったってことかな?
ただ、谷内次官はオマケ程度の調査で政府の選挙対策のアピールの
ために交戦しそうになり、それを食い止めるために2日間で
合計10数時間交渉することになり、とんだとばっちりを食ったって
ことかね?

« 竹島問題、合意・調査中止 | トップページ | やはり害務省なのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/9719841

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島の調査船派遣での騒動の真相を考える。:

« 竹島問題、合意・調査中止 | トップページ | やはり害務省なのか? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ