コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の9件の記事

2005年10月18日 (火)

モバイルでの動画普及の可能性、その他

ITmediaの記事
ビデオiPodでダメなら、モバイル映像コンテンツの世界はない

》極論しよう。ビデオiPodでさえダメなら、モバイル映像コンテンツの
》世界はない。
》モバイルで映像を見たいというユーザーは少数派であり、多くの企業が
》期待する潜在市場は、実は砂上の楼閣だったというだけだ。

既にauの携帯電話で、短時間の動画はビジネスとして ある程度は成功して
いるようです。
ニュース番組の一部として配信されてますし、動画を積極的に利用した
サービスのEZチャンネルとして配信もされてます。
既に実績があるので需要はあります。

それもこれもauの巨大なユーザー数のバックボーンと
モバイルエンタテインメントとして優れた端末とブロードバンド環境を
バランス良く持っているauの携帯電話だからこそだと思う。
ただ、auの携帯電話でもさすがに映画の配信などは聞いたことがないので、
やはり映画などの需要は かなり少ないのかなと。

ただ、動画の需要はあるとしても、それはauの携帯電話のようなユーザー数や
端末や環境があって成り立つものであるように私には見えます。
auの携帯電話のようなもの以外のポータブルデジタルオーディオプレーヤーで
商売として成立させるのは難しいのではないだろうか?

auの携帯電話は動画や音楽以外にも漫画などの配信も行っており、特に
音楽に関しては入手方法など、ポータブルデジタルオーディオプレーヤーを
凌ぐ使い勝手をも持っています。
将来的に携帯電話は、モバイルエンタテインメントの中心機器になるのでは
ないでしょうか?

2005年10月 8日 (土)

次世代DVD、パラマウント&ワーナーが二股戦略へ。

10/8の夕刊フジによると
HD-DVD陣営の映画会社でパラマウントに続いてワーナーもブルーレイ
でもソフトを出すそうで。
これでハリウッド映画で見れないソフトはほとんど無くなるらしいです。
まぁ 再生ハードの普及の見込みを考えた場合、PS3という武器があるので
その方が利益が出やすいでしょうから賢明でしょう。
PS3がこけて普及しなかったら大変な事態になりますが。(-.-;)

2005年10月 7日 (金)

NTTも着うたフルするべし。

CNET Japanの記事
NTTドコモ、音楽分野で巻き返し 「iPod携帯」開発へ

》NTTドコモ(東京都千代田区)は、世界を席巻している
》携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の機能を備えた
》新しい携帯電話の開発に向けて検討を始めた。

》iPodの大ヒットにつながった音楽配信サービス
》「アイチューンズ・ミュージックストア(iTMS)」に対応する
》携帯端末の製品化で、米アップルコンピュータとすでに協議を
》始めたとの観測もある。

NTT…
米国などと違い生活に密着して浸透しているパソコン大国じゃないんだから、
日本は…
パソコンに取り込んで聞いてるユーザーがどれだけ居るっての(-_-;
パソコンは値段が高いし使いにくいと感じてるからネットも使える簡単操作の
携帯電話がここまで普及したんでしょうが。
うちの会社でもパソコンユーザーは多いけど、パソコンで音楽聞いてる人は
ほんの一握りだよ。
日本じゃパソコンと連携させるんじゃ駄目だってば(-_-;
世の中、一見ポータブルデジタルオーディオプレーヤーが売れてるように
見えても実際には持ってない人の方が多いんだから。
(雑誌の統計の受け売りですが。)
auが音楽ケータイとして売れてるのは、着うたフルがあればこそ。
SDメモリーカードに着うたフルを保存すれば、機種変更しても継続して
聞けるし、パソコンなんか知らなくても手軽に聞ける。
パソコン無しで使えるiPod=auの携帯電話として売れているんだと思うよ。
支払いも「まとめてau支払い(上限3万円)」で簡単で安心して払えるし。
松下のSDメモリーカード録音できるミニコンポがあれば、256メガバイト
までの大容量のSDメモリーカードに録音して聞けるしね。
(256メガバイトまでってのは携帯電話のハードの対応状況の制限のため。)
(1曲2メガバイトだとすると、128曲もSDメモリーカードに録音可能。)
(着うたフルは多くの場合は1曲2メガバイト程度です。)
だからこそ、ボーダフォンも着うたフルを始めたわけだし。
どっちみち、このままじゃ音楽ケータイとしてはNTTは物足りないまま。
パソコン無しで音楽が楽しめるように着うたフルのようなサービスを
簡単で安心な支払い方法と共にNTTでも充実させるべし。

2005年10月 6日 (木)

カメラのこと

EOS5D触ってきた。
意外に軽いだけでなく、やっぱ質感良いし あのファインダーが良い。
ただ、キスデジNと違い少し見ただけじゃ操作が分からないのがなぁ(-_-;
キスデジNで撮像素子を35mmフルサイズにしたもの出ないかな?
それと、300~800mmのレンズを10万円台前半で出して欲しい。

あとミノルタαスウィートデジタルも見てきたが、持った瞬間、正直萎えた。
簡単に言うと、オモチャのような触感と特に背面デザインだったのだ。
キスデジNも安っぽい触感ではあるが、見た目はさほど酷くは無い。
だが、正直、αスウィートデジタルは背面デザインがおもっちゃっぽく
感じたのだ。
上位機種のα7デジタルが重厚で格好良くて欲しくなるデザインなので
残念に感じる。
ミノルタには背面デザインを格好良くすることを希望する。

あと、キスデジNは触感的に安っぽいのがやはり気に入らないので、
初代キスデジの頑強そうでシットリとした触感に戻して欲しい。
マジで!

本当に、持つたびに触感さえ良ければなぁと、残念に思うんだよね。
ファインダーも良ければ最高なんだけどさ。
例えば、特殊ゴム的塗装コーティングサービスとかやって、
良質な触感を得られるようにするサービス、3万円までなら出しても
良いからやってくれないかな?→キャノン

デジタル一眼は初代キスデジが初めてだったので画角については
現状で(APS-Cサイズで)慣れてるので、撮影は望遠撮影が多いので
便利だし気にしてません。
逆に画角が35mmフルサイズになったら野鳥撮影などで不便だったり(^_^;)

2005年10月 5日 (水)

最近のau

EZナビウォークを専用システムと組み合わせてイベントに活用
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/25883.html

もともとEZナビウォークはGPSによる道案内のみならず周辺のお店や
施設検索、鉄道乗り換え検索、全国主要道路のリアルタイム情報など、
非常に便利な完成されたシステムだ。
電子コンパスが無い機種の場合、地図と建物を見て方向を確認する必要が
あるのが唯一の欠点っていったところか。
テレビ電話はお金かかるし逆に不便な場合も多い。←異性との電話とかで
お財布機能はクレジットカードの方が遥かに便利で保険機能も付いてる
ので、正直言ってお財布機能は不要な機能だ。←VISAなどの方が便利
お財布機能は普段の生活で使えないシーンが非常に多いし。
GPSを標準で載せているKDDIは非常に先見の明があったといえよう。
今頃になって他社も一部機種にだけ載せて来ているからね。
あと、着うたフルも充実してるし。
正直言ってビジネスに関する機能は3キャリアのどれも電波以外は大した
変化は無いと思う。
ネット&ファイル閲覧 メモ関係 スケジューラーとかね。
電波はauが最強 ドコモが次点 ボーダフォンが最弱って感じ。
何せ、北区や板橋 池袋が都内の活動の中心だが、ビル内だろうが地下
だろうが鉄道でのトンネル内だろうが、最近の電波強化により常に3本の
アンテナマークが立っているのだ。
以前はアンテナマークが1本しか立ってないこともあったのが常に
3本立っている。
明らかに電波を強化しに動きまくっているということなのだろう。→KDDI
使って便利で楽しい携帯電話=au
それがauブランドのKDDIが目指すところなのだろう。

2005年10月 4日 (火)

私のパソコンとゲームの歴史

過去に買ったパソコン達
1985年 富士通 FM-77AV2
1986年 松下 FS-A1(MSX2)
1988年 松下 FS-A1WX(MSX2+)
1988年 NEC PC-88VA2
1990年 EPSON PC CLUB「PC-286C」
1992年 NEC PC-9821modelS1「98MULTi」
1993年 NEC PC-9821Ap2
1998年 440BXとペンティアム2CPUの自作パソコン
2006年 富士通 FMV-BIBLO NF40T

9821Ap2はDX4ODP100を付けて延命をはかり、HDDも市販のバルクの
IDE接続に交換したりしていた。
その後は自作パソコンを作り改良し原形とどめず。
だが、2006年11月、2回連続して起きたブレーカー落ちにより自作パソコンが
完全に壊れたので、ブレーカーが落ちてもバッテリー動作に瞬時に移り
壊れることが無いノートパソコンに買い替えることにした。
幸いHDDは無事だったのでUSBに繋ぐ道具を使ってデータをノートパソコンに
移すことが出来た。
富士通のノートパソコンは簡単にCドライブのバックアップが出来るので、
色々と便利なので非常に重宝してます。
色んな場所に移動して使える点もノートパソコンは便利です。

パソコンで遊んでいたゲームは主にアニメ系(笑)
確かウイングマン他のゲームのデモを見てパソコン買うことにして
77AV2を買ったんだよね。
当時はソフトはカセットテープが半数を占めてたはず。

初めて買ったゲーム機、いきなりCD-ROMです!
1989年末~1990年初め頃、
PCエンジンコアグラフィックス&CD-ROMROM、
初めて遊んだゲーム いきなり萌えです。(^_^;)
記憶に強く残るソフト
1989年 ハドソン イースI・II
1989年 ナムコ ワンダーモモ
1991年 ナグザット 精霊戦士スプリガン
1991年 ハドソン ドラゴンスレイヤー英雄伝説
1992年 ハドソン 天外魔境II 卍MARU
1992年 ヒューマン ファージアスの邪皇帝
1992年 ハドソン 銀河お嬢様伝説ユナ
1992年 メサイヤ 改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス
1992年 ハドソン ドラゴンスレイヤー英雄伝説II

このあとドラクエのためにファミコンを買い、Fゼロとツインビーのために
スーファミを買うが、PCエンジンのCD-ROMのイースの核爆発級の
インパクトには勝てずPCエンジンがメイン。
やはりCD-ROMに対してROMカセットでは、動画や音声やBGMなど、
力不足でした。
それ以降は、PCエンジンの雰囲気を受け継いだプレイステーションへと
移行しプレイステーション2へと。

そういえば、初めて遊んだゲームが小学校4年で9歳(1978年)のとき、
近所のバッティングセンターに置いてあった白黒インベーダーだった
ように思う。
その2年後の1980年に これまた名作のパックマンが出たんだよね。
そうは言っても、1979年には そのバッティングセンターでパックマンを
遊んでいたような気もするが?
開発中のゲームをテストで設置していたのだろうか?

本当にあったガンダム!\(^^;オイ

記事だけ見ると一発ネタっぽいが…
ホンダのアシモも元々はアトムを作れと言われて始まったというのは有名な
エピソードだし、そのうちマジで誰かが巨大ロボットを作るかも?
しかし、Zガンダムの方は油圧で動くらしいが、どの程度のレベルで歩けるの
だろうか?
グーグルで「ガンダム 油圧」で探したら記事が見つかる見つかる(笑)
ユーチューブで「ガングリフォン OP」や「Mech Warrior」を検索してもかなり良い
ロボット関係の動画が見つかるのでお勧めです。

イメプロの記事
2002年 陸上自衛隊航空祭レポート
自衛隊最強の兵器


岡山県津山市にあるZガンダムのグーグルでの検索結果
二足歩行ロボットLAND WALKERのグーグルでの検索結果

巨大ではないが本当に人が乗って動かす二足歩行ロボットのLAND WALKER!
まるでロボットゲームのアーマード・コアに出てくるMTです!

CNET Japanの記事
トヨタが描く、新しい自動車のカタチニュース

一般家庭用にはトヨタが作った人が乗って動かす二足歩行ロボットのi-footの
方が良いかな?

オーバーテクノロジー関係でミサイル防衛関係の情報

オーバーテクノロジー関係でミサイル防衛関係の情報を集めてみました。
詳細はリンク先を見てください。
しかし、レールガン、
ライフル銃の射出速度が0.8~1.0km/秒に対して
レールガンは射出速度7.8km/秒。
はえ~(^_^;)

ITmediaの記事
頭の上のブラックホール?――JAXA相模原キャンパス一般公開 (3-3)
ちなみに記事中の動画のレールガンの実験では、最大10kVの
電圧をかけるところを1.5kVに抑えているとのことだ。

JanJanニュースの記事
ブッシュのミサイル防衛構想1
ブッシュのミサイル防衛構想2

「スター・ウォーズ」とスターウォーズ計画の記事
SDI計画

MetalBeeの記事
弾道ミサイル防衛システム
米空軍&ボーイング 空中発射レーザー・ミサイル迎撃機 AL-1A

グーグルで「防衛 ファンネル」を検索
ユーチューブで「防衛 ファンネル」を検索

ACに出てくるテクノロジー

ACとはアーマード・コアというゲームに出てくるロボットのこと。
そのACってオーバーテクノロジーの塊だよね?
それっぽい、将来実現しそうなor理論はあるが実現されていない実現して
欲しい技術で話を進めるのが現実かなと。
それを踏まえて色々考えてみる。

■ブースター
現在は電気ロケット類(イオン/プラズマロケット)は低推進力ですし、
アークジェット式プラズマロケットが人工衛星の姿勢制御ロケットとして
実用化されているだけですが、

TDK Techno Magazineの記事
第77回「宇宙ロケットと磁石」の巻

コンデンサの電気を消耗するという前提で考えると電気ロケット類が
一番有力かなと。
個人的にはコンデンサは常温超伝導な物質で作られた充電池のような
ものであって欲しいかなと。
推進剤はゲル化(ノリ状? 粘土状?)された水素などが脚部や脇腹に
隠されたタンク内にあるとか?
その他、燃料電池で廃棄物として水が生成されるので、それを電気分解、
または熱コレクター使って熱分解などして、酸素は呼吸用として
コックピットに供給して、水素は姿勢制御バーニアの推進剤の一部として
供給すると。
そういうのはどうかな?

■ジェネレーター
燃料電池を起動源に使いプラズマガスをコイル内を高速で通過させ
発電するMHD発電を利用とか?

■フロート脚
イオンクラフトが有力?
イオンクラフト 帯電した物体がイオン化した大気の中で宙に浮く現象。
現実的には、昔から人魂に間違われてきた自然現象の1つの雷球
球電光)も近いのかな?←雷発生時に発生しやすい
自分の考えとしては雷球とは荷電ガスの塊のプラズマがイオン化した
大気の中を進んで行く物と想像する。
まぁイオンクラフト自体は確かにアニメやゲーム SF小説/漫画が
多いですね。
ただ真空でも動作してるのが不思議なところで…
真空の中でも動作可能にする新方式のイオンクラフト?
それとも超高効率なプラズマロケットのホバリングか?
個人的願望としてはイオンクラフト系であって欲しいのだが(笑)

そういえば、元祖ガンダムでのミノフスキークラフトは いったい
どこへいった?
元祖ガンダムなんかテレビ版と映画版では耐熱方式に変化はあるが
共に大気圏突入を変形などの大がかりな仕掛け無しに実現してたし(笑)

■色んな説明できないオーバーテクノロジー
重力/慣性制御や防御スクリーン(OPパーツ)
エネルギーシールド(手持ち武器やエクステンションの盾)
あの巨体を あの高速な動作で支えきる、潰れてしまわない謎の物質で
作られた関節やフレームなど
ブレード状に固定されたプラズマなレーザーブレード
更には謎の特攻兵器やコロニーレーザー 大気で減衰してしまわない
対地衛星レーザーなど

■既存のテクノロジー
先にあげた人工衛星姿勢制御用アークジェット式プラズマロケット
試作段階だが実用レベルで既に存在するレールガンなど
(米軍が試作したレールガンが、複数並べられた1~3cmくらいの厚さの
アルミ合金板を貫通する映像をテレビで見たことがある。)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ