コンテンツ・その他

2ちゃんねる関係

« 家庭でプラネタリウム? | トップページ | キスデジN 失敗して修理 »

2005年4月15日 (金)

思わぬところでデジタル一眼のレポート

キスデジタルNを使って、
ポスターを薄暗い室内でプログラムAEでストロボ撮影したら
評価測光、ISO400、1/60秒、F4.0で普通に撮影できて、
部分測光、ISO400、1/60秒、F4.0で普通に撮影でます。
シャッター速度優先でストロボ撮影したら、
評価測光、ISO400、1/60秒
     F3.5の絞り数値が点滅=露出アンダー警告
1/30秒にして ようやくF3.5で常時点灯で適正露出の表示。
部分測光、ISO400、1/60秒
     F3.5の絞り数値が点滅=露出アンダー警告
1/25秒にして ようやくF3.5で常時点灯で適正露出の表示。

室内から明るい曇りガラスの窓をプログラムAEでストロボ撮影したら
評価測光、ISO400、1/200秒、F6.3で普通に撮影できて、
部分測光、ISO400、1/200秒、F13で普通に撮影できます。
シャッター速度優先でストロボ撮影したら、
評価測光、ISO400、1/200秒、F6.3で普通に撮影できて、
部分測光、ISO400、1/200秒、F13で普通に撮影でます。

ポスターを撮影したほうのヤツ、プログラムAEよりも
シャッター速度優先の方が若干明るく良い感じに撮れてはいるものの、
この違いは何なの?
そこでキャノンのユーザーサポートに聞いて初めて知ったけど、
全自動やプログラムAEではストロボ発光時はシャッター速度は
手ブレ防止で1/60秒より遅くはならず、色々と限定された数値の
設定の中で最適な設定で撮影する仕様で、そのため露出アンダーの
部分があっても絞り数値の点滅=露出アンダー警告の表示はしないように
なっているのだそうです。(中級機種の20Dなどでも同じ。)
シャッター速度優先ですとストロボ使用時でもシャッター速度を
自由に変えられるので、露出アンダーがあると露出アンダー警告の
表示になるそうです。

また、EOSデジタルのうち1Ds&1D(初代及びマーク2)と
初代キスデジタルはストロボ撮影時は評価測光になるため、
露出アンダー警告の表示も当然評価測光で判断してましたが、
D30/D60/10D/20D/キスデジタルNは、
ストロボ撮影時も測光モードを変更できて、
露出アンダー警告の表示も測光モードに応じた判断で
表示するそうです。
手元のキスデジタルNで確認してみましたが、
その通りのようです。

う~ん、これって、測光モードを活用したストロボ撮影をしたかったら、
上級機種である1D系ではなくて中級機種の20Dや下級機種の
キスデジタルNを使うしかないってことだよね。
思わぬところで、自分の持っているキスデジタルNに上級機種に無い
良い点を見つけた1日でした。

« 家庭でプラネタリウム? | トップページ | キスデジN 失敗して修理 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94361/57675243

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬところでデジタル一眼のレポート:

« 家庭でプラネタリウム? | トップページ | キスデジN 失敗して修理 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ